About introduction of hair care and beauty items and beauty industry.

美容院、また来て欲しいお客様に美容師ができることは?


そのお客様が美容院を変えた理由とは…

サロン経営で大切なのは固定客を増やすこと。
新規顧客を増やすより、必ず来店してくれる固定客を増やすのが安定経営の要だ。

しかし、それが難しい…。

新規のお客様が定着しない。
2,3回の来店でお客様の足が遠のく。
思い当たるなら要注意。

安売りするな!美容院…集客の道は開けるのか」でも述べたが、安さだけで引き付けたお客様は他店に流れやすい。他にもっと安い店があればそちらに行く。

格安クーポンで来られたお客様を固定客にするのはハードルが高いことを覚えておきたい。
カットやカラー料金は値下げせず、スパやトリートメントマッサージなど、付加価値をサービスする方が無難かもしれない。

再び来店して頂いたお客様は、大切な固定客予備軍だ。
精一杯、対応したつもりでも、3回目がない…なぜだろう?

単純明解、気に入らない…というだけだ。

では何が気に入らなかったのか?

様々な理由がある中で、半数以上を占めるのが接客への不満だ。
意外と思うかもしれないが、技術より接客態度を重視するお客様が多い。

2回目行って、美容師の対応が気に入らなければ店を変える…。
そう、選べるほどある美容院。
お客様に選んでもらえないと、商売は繁盛しないのだ。

リピーターを増やすために、美容師さんがすべきこと

まずは信頼。これしかない。
しかも、初対面の1〜2時間で信頼関係を築くのだ。

人として基本的なことが出来ない人はダメ。
これは接客以前の問題だけど、身だしなみ、挨拶、言葉遣い。これらが出来てなければ先には進まない。

美容院における美容師とお客様との信頼とは何か?

お客様の要望
なりたい髪型・希望
心地いい時間
ベネフィット
美容師の対応
要望をしっかりと聞く
普段のスタイリング方法を聞く
施術の説明・料金の確認
お客様との会話
次回の提案とホームスタイリングのアドバイス

当たり前と思われるこの対応ができてないと、お客様は定着しない。
特に気をつけたいのは、ベネフィット。
お客様に満足感を得てもらうためにできることは何か?

そのお客様が求めていることを探るのだ。

お客様の要望は美容師への仕事の指示。
ここを聞き違えたり、わかる、わかると言った感じで真摯な対応に欠けるとアウト。

そして、お客様との会話だが、
メインはお客様。主役は美容師ではなくお客様だ。
自分の話はお客様に聞かれてないならしない方がいいくらい。

そっとして欲しい…というお客様もいるくらいだから、相手の様子を伺った対応をしたい。

最後に、覚えておいて欲しいのは、お客様は良く見ている…ということだ。

美容師たちの働きぶり、他の客への対応、美容師同士の会話や態度…

お客様が1人でもいれば、店内での振る舞いに気をつけたい。
また、特定のお客様と親しげにしたり、大声で笑うなど盛り上がるのもNG。

結局、美容師に必要なものって…

それはプロ意識。

馴れ合ったり、気が緩めば技術も接客力も落ちる。
自分の仕事は何かわかっていれば大丈夫。

そして、スタッフの日頃の態度や心構えも大切。

お客様は過剰なサービスを求めているわけではない。

担当美容師の技術や施術の間に垣間見せる気遣いと感謝の気持ち。

サロンで固定客を増やすには…と、考えていたら

真摯でいる

答えは色々あるかもしれないけど、最後はこの言葉しかないような気がした…。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です