集客 アイデア

集客アイデアが尽きた?理美容もコスパを考えるならネットを賢く利用しよう!

どこの街にも理美容室は多く、競合に勝つために集客に苦労しているサロンも多いのではないでしょうか。新規のお客様やリピーターを獲得するためには集客が必須となりますが、以前と同じ方法では集客が上手くいかず、集客のアイデアが尽きてしまいます。コスパを抑えながら賢く集客できる、ネットを活用した集客方法について説明します。

チラシでは集客できない?

チラシでは集客できない?
チラシでの集客は以前から行われている代表的な集客方法で、現在も駅前に行くとたくさんの理美容室がチラシを配って集客につなげようとしています。しかし、現在では集客方法も変わり、チラシでの集客よりもネットを使った集客に力を入れている理美容室が増えています。

その理由は、ネットでの集客に集客力のある方法が増えたことの他に、今の時代はチラシでは集客しにくいという考えがあるからです。確かにチラシで集客ができないということはないですが、チラシだけの集客では弱いことは事実です。チラシを使った集客だけではなぜ集客力が低いかを確認してみましょう。

チラシでの集客は集客できる数が限られる

インターネットでの集客はSNSで1回投稿したり、ひとつの媒体に掲載するだけで多くの人の目に触れるのに対し、チラシは受け取った人しか集客できる見込みはありません。しかも、チラシを受け取った人の全てが”美容室に行きたい”と思っているわけではないので、なんとなく受け取ってそのまま捨ててしまう人も少なくありません。

それでも、チラシは来てくれる可能性が高い地元の人には有効なので、集客のアイデアとしては悪くはないものです。また、ネットをあまり見ない年齢層をターゲットとしている美容室では、ネットよりもチラシを使った集客のほうが良いこともあります。

しかし、集客の対象となる分母が少なく、最終的に来てくれる人の数を考えると、チラシだけしか使わない集客だと効果をあまり感じられないでしょう。

印刷などのコストや人件費がかかる

チラシは1人に対して1枚を配るので、たくさんの人にチラシを見てもらいたいと思うと、数多くの部数を印刷しなければいけません。部数を節約すると集客の効果はほとんどなくなってしまうので、チラシで集客をする時にはたくさんのチラシを準備することがポイントです。

また、従業員が暇な時間にチラシを配っている美容室もありますが、それはその従業員がチラシを配っている時間はお店での業務ができなくなるということを意味します。だからと言ってチラシ配りのアルバイトを雇えば人件費がかかるので、チラシでの集客は結果に対して大きなコストがかかるということを覚えておきましょう。

インターネットを利用した集客アイデア

インターネットを利用した集客アイデア
従業員が少ない理美容室や、若いターゲットを呼び込みたい理美容室が活用しているのがインターネットを利用した集客です。一言でインターネットでの集客と言っても、その集客アイデアは豊富で、ひとつだけでなく複数の集客方法を同時に利用している理美容室もたくさんあります。

インターネットでの集客の最大のメリットは集客の対象となる人数が多く、地元の人以外を呼び込むこともできる点です。集客の結果に対してかかるコストや手間も少ないので、チラシでの集客と並行してインターネットでの集客を実践してみるのが良いでしょう。

おすすめの3つのネット集客の方法をご紹介します。

SNSや検索ポータルサイトを活用する

SNSや検索ポータルサイトは興味がある人が見てくれるといった意味で、非常に有効な集客アイデアだと言えます。

例えば、ヘアカラーをしたい人はSNSや検索ポータルサイトでヘアカラーをするために美容室を検索します。そういった意味で、キーワードや地域で検索できるSNSや美容の検索ポータルサイトは来てくれそうな人に見てもらい、これまでお店を知らなかった新規のお客様も効率的に獲得できるものなのです。

Googleマイビジネスへの登録

Googleマイビジネスは理美容室だけでなく飲食店なども多数登録しているお店の情報や、写真などを掲載できるサービスです。このサービスでは”美容室 場所”などのキーワードで検索した時に、関連するお店が画面上に赤いピンで表示されるものです。つまり、「用事のついでに近くで行ける美容室を探したい」というような人を集客できる可能性を高めます。

Googleマイビジネスは掲載料も無料なので、集客にあまりコストをかけられない理美容室にも向いています。

クーポンサイトを使う

掲載料をかけない集客アイデアとしては、グルーポンなどのクーポンサイトを使うことも挙げられます。ただし、グルーポンでは掲載料がかからない代わりに通常の料金から半額以下の金額で販売しなければいけないという決まりがあり、さらに売上の半額を手数料としてグルーポンに引かれてしまいます。

つまり、通常よりかなり安い単価でサービスを提供しなければいけないので、リピーター獲得率が高いお店でなければ売上減少につながる恐れもあります。

グルーポンには特定のメニューしか載せられなかったり安さ重視で理美容室を探している人も多いなどのデメリットもあります。しかし、一度に数百枚のクーポンが売れる可能性もあるので、賢く使って次回の提案ができればリピーターを増やすことができるでしょう。

リピーターを離さないコツ

リピーターを離さないコツ
集客の効果があって新規のお客様が来てくれたとしても、リピーターが増えなければ意味がありません。つまり、集客では集客時と来店している時の両方でお店の魅力を伝えなければいけないということになります。リピーターを離さずにリピート率を上げる3つの方法を参考にしてみてください。

季節やイベントごとのキャンペーン

季節やイベントごとにキャンペーンを行って割引率を上げたり、検索ポータルサイトなどを活用したネットでの集客では、新規限定だけではなくリピーターにも使えるクーポンを売りにするとリピート率も上がります。

また、検索ポータルサイトではいつも同じ割引内容では目をひきません。できれば定期的にクーポン内容を見直し、見ている側を新鮮な気持ちにさせられたら良いですね。

サービスで他店との差別化を

リピート率が低い美容室では、せっかく集客ができたとしても接客や技術が満足のいくレベルでないことが多くあります。集客の成功率を高めるためには従業員の教育を徹底して、色々な施術内容に対応できる美容師を育てたり、顧客満足度を高める丁寧な接客を心掛ける必要があります。

美容室ではそのような美容師を確保することが課題であり、他店とのサービス面での差別化を図ることが必須となります。

清潔感のある素敵な店舗作りをする

実際に来店したお客様に素敵なお店だという印象を与えるためには、店内のインテリアにもこだわらなければいけません。従業員でアイデアを出し合ってどういう雰囲気の店舗作りを目指すのか、そのコンセプトを決めましょう。集客で利用する店内の写真も行ってみたいと思わせる雰囲気のものを使い、清潔感のある素敵なお店の写真を載せましょう。

InstagramやFacebookでの定期的な店舗情報の発信をする

現在の集客アイデアとして有効なのが、InstagramやFacebookなどを活用したネット集客です。InstagramやFacebookは無料で使うことができますし、興味を持ってくれた人が友達に登録してくれれば、定期的に店舗の情報を発信するだけで、その人たちに見てもらうことができるといったメリットがあります。

その時にお店のことを忘れていた古いリピーターの人にも「また行ってみたい」と思わせることができ、新規獲得だけでなくリピーターの集客にもつなげられるでしょう。

これまでの集客方法に限界を感じたらネットを活用した集客を

チラシでの集客はこれまでの定番でしたが、今の主流はコスパも良く集客率も高いネットを活用した集客です。

一言でネットでの集客と言っても、色々な方法があるので同時にたくさんの集客方法を試してみることをおすすめします。集客のアイデアが尽きた時こそ積極的にネットを活用して、その集客率の高さを実感してみてください。

新着記事

  1. 国家 試験 ウィッグ
  2. 美容室 ワゴン
  3. カラー 資格

お役立ち情報

  1. 髪 乾燥
  2. 管理美容師
  3. 美容室 リピーター
  4. サロン line
  5. 美容室 リピーター
PAGE TOP