About introduction of hair care and beauty items and beauty industry.

【サロン専売トリートメント】おすすめ人気5選


あなたのサロンでは、どんなトリートメントを提供していますか?シャンプーのときに使用するトリートメントはもちろん、お客様へ販売する商品も。「市販のトリートメントでは満足できない」とお客様から相談されることも多いのではないでしょうか。
“サロン専売”と聞くと、なんだか敷居が高く感じてしまい、欲しいとは思いつつもなかなか購入にまでいたらないこともあります。だけれど、美容院ではプロ目線できちんと説明をすれば、購入してくださる方が増えるのも事実です。お客様に合うトリートメントを提案すれば、きっとその方も毎日のヘアケアが楽しくなるはず。
そこで今回は、サロン専売トリートメントが髪を美しく保つメカニズムを説明し、最後におすすめの人気商品をご紹介します!

サロン専売トリートメントと市販トリートメントの違いとは?

サロン専売トリートメントと市販トリートメントの違いを改めて確認していきましょう。

ドラッグストアなどで購入できて、お手頃価格な市販トリートメント。市販トリートメントにはシリコンが多く含まれており、髪を上から保護する役割があります。トリートメントをすると指通りがよくなり、サラサラになりますよね。これは表面がコーティングされたことによるもので、髪の内部が補修されたわけではありません。

一方、サロン専売トリートメントはサロン(理美容院)の専売品で、市販トリートメントと比べると高価なものが多いのが特徴です。しかしその効果は抜群で、髪の内側まで栄養を補給し、さらには表面までコーティングしてくれます。

市販トリートメントにもセラミドやアミノ酸などの保湿成分が入っているものもありますが、注目すべきなのは「どの程度配合されているか」です。日々研究が重ねられ、髪に有効とされる新しい成分はこれまでも、これからも開発されます。市販トリートメントに配合されて販売されるより前に、サロン専売トリートメントに配合されるため、成分量だけでなく技術的な差も生まれてくるのです。

サロン専売トリートメントの選び方のポイントは?

2つのトリートメントの違いについてご説明しましたが、髪を健やかに保つことに特化しているのは断然、「サロン専売トリートメント」です。

しかし、いくら高性能なトリートメントであっても、一人ひとりの髪質に合っているトリートメントでなければ悩みが改善しないことも。艶のある髪を手に入れるためには、今の髪質や悩みに合ったトリートメントを選ぶことが重要です。

ということでここからは「ダメージヘア用」「カラー用」「敏感肌用」「育毛用」に分けてご紹介します。

ダメージヘアトリートメント

ダメージヘアは、枝毛や切れ毛でパサついた印象に。そんな髪には“保湿”が大切です。

髪の水分量を保つためには、保湿力がヒアルロン酸の2倍にもなるリピジュア、アルガンオイルやホホバオイルなどの天然オイルが入っているトリートメントが有効。髪の内部に潤いを届け、まとまりのある髪を作りましょう。

カラートリートメント

ヘアカラーやパーマなどで傷んだ髪はキューティクルが剥がれた状態です。キューティクルを補修するには、アロエエキスやCMADKが配合されたトリートメントがおすすめ。とくに反応性ケラチンタンパク質の「CMADK」は髪の毛の修復に効果的で、美容業界で一躍ブームを巻き起こした成分です。

デリケートな頭皮・髪をいたわるトリートメント

頭皮も顔や体と同じ皮膚。敏感肌の方は、少しの刺激やすすぎ残しでフケやかゆみなどの頭皮トラブルに悩まされます。そんなデリケートな頭皮や髪をもつ方は、低刺激なトリートメントを使用しましょう。天然成分が配合されているもの、防腐剤や着色料などの添加物が入っていないものがおすすめです。

育毛系トリートメント

薄毛や抜け毛にお悩みの方に話題の、育毛シャンプー。育毛シャンプーによって髪がアルカリ性になったら、髪の傷みを防止するためにトリートメントで中和させる必要があります。つまり育毛系の同じシリーズのシャンプーと使うことで、より効果が発揮されるのです。

毛穴詰まりは薄毛を加速させるため、頭皮にべったり塗ることは避けましょう。トリートメントを使った後はしっかり洗い流して、すぐに乾かすのがポイントです。

サロン専売おすすめ人気トリートメント5選

ここからは、サロン専売トリートメントのおすすめ人気商品を厳選して5つ発表します。お気に入りの商品を見つけて、艶のある髪をゲットしちゃいましょう!

【ミルボン インフェノムヘアトリートメント】


ミルボンは高い人気を誇る国内ブランドで、おしゃれでかわいいルックスが特徴です。そんなミルボンから発売されている「インフェノムヘアトリートメント」は、フルーティフローラルの香りが女性に大好評。自宅でのヘアケアも、これを使えば美容院帰りのような髪質に。配合されたセラミドポリマーとカチオン化18-MEAにより髪の内部を補修し、うるおいをキープします。しっとりとした髪質を求める方におすすめのトリートメントです。ダメージヘアも、乾燥でパサついた髪もつるんとした髪に変えてくれます。

メーカー名
ミルボン
容量
250g
定価
¥3,200

この商品の詳細を見る

【レイナカンパニー ミュナス リペアパック R 】


環境や髪にやさしいヘアケア商品を開発する、レイナカンパニー。美容業界の方なら知らない人はいないレイナカンパニーのトリートメントでおすすめなのが、集中補修ヘアパック「ミュナス リペアパック R」。ヘアカラーやパーマ、乾燥などによって傷んだ髪の毛を補修します。浸透力が高く、傷みの原因までトリートメント成分を届けてくれるのがポイントです。塗布した後にスチームなどで加温させるとより効果が発揮され、しっとり感がアップします。自宅でも蒸しタオルを使って温めることができるので、大切な日の前の特別なヘアケアとして取り入れてみてくださいね。

メーカー名
レイナカンパニー
容量
4.8kg(レフィル 800g×6)
定価
¥30,000

この商品の詳細を見る

【ルベル イオ クリーム メルトリペア】

 

ルベルからはさまざまな種類のシャンプーやトリートメントが販売されていますが、今回ご紹介するのは「イオ クリーム メルトリペア」です。多くの美容家たちにも愛されているトリートメントで、ナチュラルなローズグリーンの香りに癒されます。ルベルのヘアケア商品の中でも特に“ダメージ補修”に特化したトリートメントで、パサついた髪がしっとりまとまり、癖まで落ち着くと好評です。保湿成分としてハチミツが配合されており、CMCカクテルによりうるおいをぎゅっと閉じ込めます。ベタつくことなく使用できるので、暑い夏の日に浸かっても心地いい。うるおうのにサラッとした髪になるトリートメントです。

メーカー名
ルベル
容量
200ml
定価
¥1,600

この商品の詳細を見る

【資生堂 ザ・ヘアケア アデノバイタルスカルプトリートメント】


資生堂は「TSUBAKI」や「マシェリ」などの市販トリートメントを販売している化粧品ブランドですが、サロン専売トリートメントも展開していることを知っていますか?
老舗ブランド・資生堂のおすすめトリートメントは、スカルプケアに特化した「ザ・ヘアケア アデノバイタルスカルプトリートメント」。薄毛や抜け毛に効果的で、頭皮をやわらかくし、血行を促進させます。ボリュームダウンした細くやわらかい毛に、ハリやコシを与えるトリートメントです。同じシリーズのシャンプー・エッセンスとあわせて使うと、さらに育毛効果が発揮されます。軽い仕上がりの男女ともに使用できるトリートメントです。

メーカー名
資生堂
容量
130g×2
定価
¥3,500

この商品の詳細を見る

【ラインハルト サローネスーパーブラウントリートメント】


北アルプスの山麓に工場を構える、ラインハルト。自然環境の中で、美しい天然水や自然素材を使った商品を開発しています。
そんなラインハルトの「サローネスーパーブラウントリートメント」は、細くなった髪やヘアカラーで傷んだ髪におすすめです。ダメージ補修してまとまりを出しつつも、髪のボリュームをアップさせてくれます。天然由来の成分が髪全体をふんわりと仕上げ、敏感肌の方でも安心してお使いいただけるトリートメントです。

メーカー名
ラインハルト
容量
250g
定価
¥2,500

この商品の詳細を見る

髪質に合うトリートメントを使うのが美髪への道

高評価のトリートメントであっても、髪質によっては合わないことも……。お客様の髪質や頭皮の状態を見極めながら選ぶのがポイントです。ダメージヘアの方へは、しっとりまとまった髪を目指すため、保湿に特化したトリートメントを。トップにボリュームがない方へは、ブタつかずふんわり仕上がるオーガニック系トリートメントや、スカルプケアに特化したトリートメントを選びましょう。

美髪は“合うトリートメント”があってこそ生まれるもの。毎日のヘアケアが楽しくなるような、お客様の悩みに合うトリートメントを見つけてくださいね。