ヘアアイロン

【サロン専売アイロン】おすすめ人気4選

もはや日常の必需品となっているヘアアイロンですが、サロン用にも様々な商品があるのでどれを選んだら良いのかわからなくなりませんか?どれくらいの温度なのか、髪の毛にかかるダメージはどれくらいなのか。そもそものサロン専売のヘアアイロン本体の品質と価格のバランスなどとても気になると思います。そこで今回は、サロン専売のヘアアイロンの選び方のポイントや使いこなすコツ、人気のサロン専売ヘアアイロン5選をご紹介します。

サロン専売ヘアアイロンの選び方のポイントは?

商品によって様々な特徴があるヘアアイロンですが、選び方のポイントを知っていますか?ここでは、サロン専売ヘアアイロンを選ぶ時のポイントについてご紹介します。

用途

アイロンを選ぶ時に一番最初に決めるのは、どのタイプのヘアアイロンが欲しいのかになります。ヘアアイロンには、ストレートタイプとカールタイプがあります。ヘアアイロンは髪の毛に熱を加えて髪型を成形するので、通称コテと呼ばれているカールタイプの物もヘアアイロンに含まれています。

基本的には、ストレート重視でたまに毛先だけにカールをつけたいという場合は、ストレートタイプのヘアアイロンがおすすめです。そして、髪の毛を巻くのに使用したいという方は、カールタイプのヘアアイロンがおすすめです。

もし、ストレートタイプとカールタイプ両方使用するという方には、2WAYタイプのヘアアイロンがおすすめで、ストレートとカール両方できるようになっています。

こちらの商品のメリットとしては、1台でストレートやカールも出来て色んなヘアスタイルを楽しめることです。そして1台で済むので、収納にも場所を取らないので魅力的ですが、使い勝手があまり良くなく、火傷をしやすいので注意が必要です。

2WAYタイプのヘアアイロンを購入するときは、使い勝手など様々な観点から事前チェックが必要になります。

プレート

たくさんの種類があるヘアアイロンのプレートですが、様々な特徴があります。髪に与えるダメージもそれぞれ違うので、ヘアアイロンを選ぶときはしっかりと確認してくださいね。

セラミック

色々なところで聞くセラミックですが、実は熱伝導が良く早く温まるので急いでセットしたいという方にお勧めです。髪へのダメージは少なく、マイナスイオンが発生するので髪がサラサラになります。セラミック製と書かれているヘアアイロンは、耐久性に優れているので長く使用することが出来ます。

チタン

チタンは「軽い」「強い」「錆びにくい」という特徴があります。また、セラミックと同様で、マイナスイオンが発生するので髪へのダメージは少なく、髪の滑りが良くなります。チタン製のプレートは、紹介する3つのプレートの中でも比較的に値段が高い傾向があります。

テフロン

私たちが良く使用しているフライパンの表面に加工されているテフロンですが、物がつきにくい特徴があるので摩擦が少なく、非常に髪の毛の滑りがいいのが特徴です。

しかし、テフロン加工が剥がれやすいというデメリットもあり、加工が剥がれてしまったテフロンプレートを使用してしまうと、髪の毛が受けるダメージが大きくなってしまうので注意が必要です。

基本的にヘアアイロンで使用されているプレートの種類は、この3つになります。髪へのダメージを考えると、セラミックとチタンのプレートのヘアアイロンがおすすめです。

価格

ヘアアイロンを選ぶとき、価格を見ていると1,000円程度の商品から、2万円を超え高価な商品まであったり価格に差がありますよね。実はヘアアイロンを選ぶとき、値段にも注意して選びましょう。

1,000円台で購入することができるヘアアイロンのプレートの多くが、テフロン加工の物が使用されています。テフロン加工は剥がれやすく、剥がれてしまったヘアアイロンを使用すると髪の毛に大きなダメージを受けてしまうので、頻繁に買え替えなくてはいけません。

早い人だと購入して1ヶ月程度でテフロン加工が剥がれてしまう方もいます。毎月ヘアアイロンを購入するとなると、いくら商品代金が安くても負担になりますよね。そうならないためにもヘアアイロンを選ぶときは、4,000円~8,000円程度の商品を選ぶのがお勧めです。

使い勝手

どんなに高いヘアアイロンを購入しても、使い勝手が悪いと火傷をしてしまったりします。ほぼ毎日使用するものなので、自分が使いやすいヘアアイロンを選びましょう。特に重さ・サイズ・コードの長さについてを重点的に見ておくといいと思います。

10分以上持っていても疲れないか、持ち運びするのかなどを自分が使用しているイメージをして、使いやすいヘアアイロンを選びましょう。

うまくヘアアイロンを使いこなすコツは?

うまくヘアアイロンを使いこなすコツは?
実際にヘアアイロンを購入したけれど、うまく使えないという方もいらっしゃいますよね。実はヘアアイロンを使いこなすコツは、とても簡単なんです。これを読めば、明日からヘアアイロンをうまく使いこなせるコツをご紹介します。

回数を分ける

一回のアイロンにどれくらいの髪の毛を挟んでいますか? もし一回のアイロンに沢山の髪の毛を挟んでいるという方は、挟む髪の量を減らして、少量ずつアイロンをかけていきましょう。できれば、髪をブロッキングしてアイロンをかけるのが理想的です。

最低でも髪の毛を4ブロックに分けてアイロンをかけると、全体の仕上がりがとても綺麗になります。簡単な髪の毛のブロッキングの仕方は、髪を左右半分に分け、それぞれを上下に分けるだけです。分けた髪の毛はピンで止めて、首に近い方から順にアイロンをかけていきましょう。

スタイリング剤で保護する

アイロンをかけるときにスタイリング剤は使用していますか? スタイリング剤を使用すると、その日のセットの持ちが変わってくるだけではなく、髪の毛をアイロンの熱ダメージから守ってくれる働きもあります。

コテで巻くときに使用するカールウォーターや、ストレートアイロンを当てるときに使用するストレート用ウォーターをアイロンを使用する前に髪に吹きかけてから、アイロンを使用してみてください。

根元から丁寧に

髪の毛にアイロンをかけるときは、根元から丁寧に熱を加えていきましょう。そうすることによって綺麗な仕上がりになります。熱を加える時間が長すぎてしまうと、髪が傷んでしまうので一箇所につき大体2〜3秒程あててあげるようにすると、しっかりとクセをつけることができるので、セットが崩れにくくなります。

アフターケアをしっかりする

ヘアアイロンを使用することによって、髪の毛には大きなダメージを受けます。そのため、アフターケアはしっかりと行いましょう。アフターケアを行わず放置してしまうと、どんどん髪の毛が傷んでいきヘアアイロンがかかりにくくなってしまいます。

そうならないためにも、シャンプー後のドライヤーを帰る前には洗い流さないトリートメントをしたり、髪の毛を労ってあげてください。

もし、アフターケアをしているのに枝毛が増えてきてしまったり、髪の毛の変化を感じたらヘアアイロンが原因かもしれません。その場合は、アイロンをあてる時間を今までよりも短くしてみたり、まとめ髪にしてアイロンを使用しないなど工夫してみましょう。

サロン専売ヘアアイロンおすすめ人気4選

ここまで、ヘアアイロンの選び方のポイントや使いこなすコツについてご紹介しました。実際にヘアアイロンを選ぼうと思っても沢山の種類があるので、悩んでしまうと思います。今回は、人気のサロン専売ヘアアイロンをご紹介するので、ご参考にしていただければと思います。

クレイツ イオンアイロン グレイスストレート


こちらのヘアアイロンは、上質なストレートを作ることができるようになっています。ヘアアイロンの見た目が可愛く、使うたびに気分が上がりますよね。それだけではなく、クレイツイオンRゴールド加工プレートが髪にツヤを与えてくれます。

そして、プレートの幅が20mmとスリムになっているので、顔まわりや襟足といった細かい部分のスタイリングをスムーズに行うことができます。

メーカー クレイツ
消費電力 20~25W
電 圧 AC100V~単層240V
定 価 8,500円
プレート クレイツイオンRゴールド加工プレート
総重量 約320g

美通販でこの商品の詳細を見る

トリコインダストリーズ アイビル コード付 セラミックダイヤルヒートアイロン DH-32 32mm


こちらのヘアアイロンは、プロが使っているカーリングアイロンになっています。100〜190℃までの温度設定をダイヤル式で設定することが可能です。自分の髪質や作りたいヘアスタイルに応じて、アイロンの温度を替えて使用してください。

セラミックコーティングなので髪の通りもよく、マイナスイオンが発生されるので髪へのダメージも軽減されます。均一な熱伝導でムラなく綺麗にセットすることができます。

メーカー トリコインダストリーズ
サイズ 32mm
消費電力 約65W
電 圧 AC100V(50/60Hz)
サロン価格 5,000円
プレート セラミック加工(セラミックは微量のマイナスイオンを発生)
重 量 約390g

美通販でこの商品の詳細を見る

トリコインダストリーズ アイビル コード付 セラミックダイヤルヒートアイロン DH-25 25mm


こちらのヘアアイロンは、1つ前に紹介したヘアアイロンのサイズが小さいタイプになります。細めのコテとなっているので、ショートヘアでも簡単に巻くことができるようになっています。

温度調節は25段階でのダイヤル式で温度調節が可能となっているので、軟毛や硬毛、髪の毛のダメーによっても温度を調節することができるようになっています。コードの長さは3mで重量は343gなので、自宅で使っていても使い勝手が良い商品となっています。

メーカー トリコインダストリーズ
サイズ 25mm
消費電力 約65W
電 圧 AC100V(50/60Hz)
サロン価格 5,000円
プレート セラミック加工(セラミックは微量のマイナスイオンを発生)
重 量 約343g

美通販でこの商品の詳細を見る

クレイツ イオンカールアイロン 32mm


こちらのヘアアイロンは、うるおい・ツヤ感のあるカールが一瞬で作ることができるようになっています。イオンセラミックと遠赤外線で、髪の毛が受けるダメージを軽減されてくれます。コートの長さは3mで総重量は354gと、太めのコテなのに軽いのが特徴です。温度は150〜190℃で5段階で温度調節が可能となっています。

メーカー クレイツ
サイズ 32mm
消費電力 45~230W
電 圧 AC100V
定 価 8,500円
プレート イオンセラミック加工
重 量 354g(コード含)

美通販でこの商品の詳細を見る

毎日の髪の補修は忘れずに

ヘアアイロンを毎日使用すると、髪の毛が傷んできてしまいます。そのため、髪の補修は毎日忘れずにしてくださいね。枝毛やゴワつき、パサつきなどいった原因になってしまいます。

ドライヤーの前には必ず洗い流さないトリートメントを塗布したり、たまにはヘアアイロンを使用しないまとめ髪などもしたりして、髪の毛が受けるダメージを軽減させていきましょう。

今回ご紹介ヘアアイロンは、美通販で購入することができます。あなたに合う使いやすいヘアアイロンを見つけてみてください。

最新版「無料カタログ」の請求は
コチラから

新着記事

  1. ボディーソープ 石鹸
    ボディソープと固形石鹸、それぞれの違いを理解して使っている方はとても少ないのではないでしょうか。一見…
  2. シザー
    美容師や理容師の命とも言えるシザー。カットのテクニックを存分に発揮できる新しいシザーをお探しですか。…
  3. シザー ブランド
    美容師・理容師にとって、シザーは最も大切な道具です。もはや命と言っても過言ではなく、シザー次第でカッ…
  4. ブリーチ剤
    ブリーチをすると髪が通常のカラーよりも傷むため、できるだけブリーチは避けたいという人も多いですよね。…
  5. ヘアバーム
    ヘアケア商品にはたくさんの種類と商品数があるので、どれを普段使いしたら良いのか迷ってしまいますよね。…
PAGE TOP