About introduction of hair care and beauty items and beauty industry.

【サロン専売ヘアカラー剤】おすすめ人気5選


ヘアカラー剤
美容室専売品のヘアカラーや白髪染めは種類が多すぎて、何を選ばべいいか迷っていませんか?

ヘアカラー剤・白髪染めの選び方ひとつで美容室の集客が変わると言われています。そこで今回は、お客様に確実に満足してもらえてリピーターに繋がる人気のサロン専売ヘアカラー剤ランキングベスト5をご紹介します。人気の白髪染めも合わせて紹介しますので、美容室での材料選びの参考にしてください。

サロン専売ヘアカラー剤と市販のヘアカラー剤の違いは?

まず、ランキングの前にサロン用ヘアカラーと市販のヘアカラー剤の違いについてみていきましょう。

最も大きな違いは、両者に使われている薬剤が異なります。髪の毛を染める仕組みはセルフでも美容室でも変わりはありませんが、染めた後の髪の毛が受けるダメージが違うのです。

例えば、市販のヘアカラー剤に良くある泡タイプは初心者も簡単に染められるので人気があります。泡タイプは液垂れをせずに、見えない後頭部などにも泡が届きやすく、髪が長い人や不器用な人でも簡単に濡れるのがメリットです。

しかし、泡タイプの界面活性剤が使われているため、髪や頭皮へのダメージが強いのです。

泡タイプのカラー剤の中には界面活性剤が使用されているので、薬が泡立つような仕組みになっています。長期的に使っていると、ヘアカラー剤の中に入っているアルカリ剤が髪の芯まで浸透してしまうため、大きなダメージを受けてしまうのです。

美容室専売品のヘアカラーはそういった理由から泡タイプのヘアカラー剤は使われていません。そして、サロン専売品のヘアカラー剤は髪の毛の補修してくれるトリートメント成分が多く含まれているため、髪の手触りが良くなります。

一方で、セルフカラーのカラー剤は付属でトリートメントが付いていますが、そのほとんどが一時的にツルツルになるシリコン剤です。

美容室専売品のヘアカラー剤のほうが、髪へのダメージを軽減できると言えますね。

美容室のカラー剤にはどんな種類があるの?

美容室のカラー剤にはおしゃれ染めのヘアカラー、白髪染めがありますが、様々なメーカーからカラー剤が出ています。美容室のカラー剤メーカーシェアのダントツ1位はミルボン、そしてナプラ、ホーユー、タカラベルモントと続きます。

ミルボンは「オルディーブ」や「ファルグラン」などの有名な製品を出しており、多くの美容室でミルボンの製品が使われています。

カラー剤や白髪染めを選ぶ基準は、人気や流行も大切ですが、美容室に来るお客様の傾向も考慮に入れましょう。

2018年の傾向としては、各メーカーは透明感や透け感を重視したカラー剤を続々と販売しています。ウエラかルベルを始めとしたメーカーが抜け感のあるカラー剤を出しているので、チェックしみてください。

サロン用ヘアカラーの使い方

美容室でカラーリングすると、前髪に明るい色入れたりメッシュが見えるようにカラーをしたりデザインを自在にアレンジできます。毛先だけ赤い色やピンクを付けてアクセントを入れることも可能です。

カラーリングの後に色をさらに鮮やかにするためにマニキュアやカラートリートメントを使って色味を長持ちさせる使い方もあります。

サロンでのカラーリングや白髪染めは傷まない施術が大切なので、髪のダメージに合わせて薬剤を使い分けることも大切です。例えば、カラーをした後に髪の毛に残ったカラー剤を除去するトリートメントを使用するとダメージ予防に効果的です。

特別なトリートメントをするかしないかで2週間後のカラー剤の退色やダメージが変わってきます。

効果的なカラー剤の使い方としては、根本1センチ部分を暗めに染めておき、伸びてきた時にカラーした髪の毛と地毛の色の差をなくす方法もあります。

業務用のヘアカラーの使用上の注意点

業務用のヘアカラーを使って丁寧に染め上げてもカラーリングの色味は約1ヶ月で落ちていきます。白髪染めの場合は約2ヶ月ほどで落ちて根本の白髪の部分が目立ってくるので、定期的なリタッチが必要になります。

そのため、カラーをしたお客様はキレイな色をキープするために、1ヶ月半のペースで通ってもらうように説明するようにしましょう。

業務用のヘアカラーをする手順は?

一般的な市販のヘアカラーに使用するアルカリカラーとは、1剤と呼ばれる染料と2剤と呼ばれる過酸化水素水を混ぜることで髪に反応して染まる仕組みです。

美容室のヘアカラーや白髪染めの場合は、過酸化水素水の濃度を髪に合わせて、配合は変えることができるので、髪のダメージに合わせて調整します。

サロン専売ヘアカラー剤のおすすめ人気5選

いよいよ、バリエーション豊かな美容室のカラー剤をご紹介します。業務用ヘアカラー剤は多くの種類がありますので、人気の商品、トレンドをチェックして選んでみましょう。

1.レイナカンパニー ミュナス HBナチュラルカラー 5NB

レイナカンパニー ミュナス HBナチュラルカラー 5NB
オーガニック白髪染め【ミュナス HBナチュラルカラー】は天然ハーブのトリートメント成分がたっぷり配合されています。保湿・保護効果に優れた3種のハーブエキスが配合されていて頭皮と髪に優しく、カラーと白髪染めを両方楽しめます。

■メーカー名
レイナカンパニー

■商品概要
髪に潤いを与え頭皮に優しいハーブカラー

■容量
80g

■定価
780円

この商品の詳細を見る

2.ナプラ HBケアテクト グレイファッション C-6NB

ナプラ HBケアテクト グレイファッション C-6NB
【ナプラ HBケアテクト グレイファッション】は鮮やかなカラーと白髪染めを両方兼ね備えたカラー剤です。ヒアルロン酸や大豆タンパクPPTなど潤い成分配合により、仕上がりは艶かで若々しいイメージに導いてくれます。

■メーカー名
ナプラ

■商品概要
刺激とにおいを抑えたカラー

■容量
80g

■定価
600円

この商品の詳細を見る

3.ホーユー カレンシアカラー ナチュラルグレー

ホーユー カレンシアカラー ナチュラルグレー
従来のよりも髪への潤い効果をアップしており自然な色調で染め上がりになるのがポイント。人気ブランドなのでお客様にも安心してもらえるのもメリットです。

■メーカー名
ホーユー

■商品概要
仕上り時の感触が従来の商品よりもしっとり

■容量
80g

■定価
700円

この商品の詳細を見る

4.ウエラ イルミナカラーOCEAN-10

ウエラ イルミナカラー OCEAN-10
硬く単調に見えがちな日本人の髪をやわらかな淡い発色に染め上げると人気のイルミナカラー。おしゃれなヘアカラーとしてもおしゃれな白髪染めとしても使える人気のヘアカラー剤です。自然な光が溢れるカラー展開と髪と頭皮に負担を抑えるので人気です。

■メーカー名
ウエラ

■商品概要
髪の負担に配慮した自然な光が溢れるカラー

■容量
80g

■定価
800円

この商品の詳細を見る

5.ホーユー プロステップ ファッションカラー CDLV10

ホーユー プロステップ ファッションカラー CDLV10
【ホーユー プロステップ ファッションカラー】は高品質の発色が魅力のファッションヘアカラーです。どんなファッションにも対応する発色の良い色展開と草花の潤い成分による肌への優しさが人気のポイント。

■メーカー名
ホーユー

■商品概要
色持ち、潤いに加え、多彩な色調を楽しめるファッションライン

■容量
80g

■定価
520円

この商品の詳細を見る

人気のヘアカラー剤でリピーター獲得を!

今回は、美容室専売品の人気のヘアカラー剤をご紹介しました。人気のヘアカラーを取り入れることはお客様のリピーター獲得や定着に繋がるので、要チェックです!

また、ヘアカラーを長持ちさせるため、ムラシャン(紫シャンプー)やシルバーシャンプーも合わせてご紹介したり、ヘアカラー専用のトリートメントもぜひ紹介してあげましょう。

美容室専売品の「美通販」では、メーカー別やアイテム別に人気の商品が勢揃いしていますのでぜひ参考にしてみてください。
 
▼最新版2018年秋冬号の「無料カタログ」請求はコチラ▼
http://www.bitsuhan.com/shop/g/g00115610/
 




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です