About introduction of hair care and beauty items and beauty industry.

サロン専売スタイリング剤種類別おすすめ11選!


サロン専売スタイリング剤種類別おすすめ11選!
スタイリング剤は市販でもたくさんの種類の商品が販売されていますが、サロン専売のスタイリング剤は品質が良く思い通りのヘアスタイルに仕上げてくれますよね。そのようなスタイリング剤はお客様の髪質やなりたい髪型によって使うべきものが異なります。お客様の理想の髪型を作るためにおすすめなスタイリング剤を種類別にご紹介します。

スタイリング剤種類別おすすめ11選

スタイリング剤にはいくつかの種類があり、その代表的なものがムース、ワックス、ジェル、スプレー/ミスト、クリームです。

これらのスタイリング剤はお客様のなりたい髪型や髪が硬いなど髪質によって、合うものと合わないものがあるのでそういったことも踏まえて上手く使い分けなければいけません。また、お客様におすすめする際にも適した髪質・髪型、使い方に合わせてアドバイスするとお客様は自分に合ったスタイリング剤がわかり、正しい使い方ができるようになります。

美通販で購入できる種類ごとにおすすめのサロン専売の11のスタイリング剤と、種類ごとの使い方をご説明します。

ムース

ムース
ヘアムースは泡状のスタイリング剤で、パーマがかかった髪にも合った整髪剤です。ムースの硬さはソフトとハードの2種類があり、パーマがかかったヘアスタイルにはウエーブをコントロールするのに向いています。

ムースを使うことによって髪を軟らかい印象にすることができ、ナチュラルなヘアスタイルを作ることができます。また、パーマだけでなくショートヘアにもロングヘアにも使うことができます。ただし、自分の髪型や髪質に合ったムースを使うことが重要なポイントとなります。

ショートヘアにはしっかりとしたムースを使わなければ崩れてしまったり髪が潰れてしまいがちなので、ふわっとしたものではなくハードタイプのムースを使って一日中崩れないようなヘアスタイルにするのに向いています。逆に、髪が短くて跳ねてしまうなどまとまらない時にも、ヘアムースをすればショートヘアが綺麗に見えます。

さらに、ムースはストレートにも使うことができ、ストレートにするためには自然な硬さのムースを選ぶことをおすすめします。ムースは比較的水分が多くて保湿力やトリートメント効果があるといった特徴もあるので、ストレートの髪には自然な硬さのムースが合わせやすいでしょう。

ムースの使い方はまずよく振ってピンポン玉2つ分くらいの量を手に取り、髪全体に付けていきます。そして、手櫛やコームで動きを出します。

濡れ髪に見せたい時にはウェットタイプのムースを乾いた髪に使い、逆にパーマなど動きを出したい時には少し濡れた状態の髪に付けて整えていきます。
 

デミ ウェーボ ジュカーラ キャラメイクホイップ 6 115g

デミ ウェーボ ジュカーラ キャラメイクホイップ 6 115g
■メーカー名:デミ
■容量:115g
■定価:1,200円
この商品の詳細を見る
缶のデザインが女性好みで、ムースが出るところがホイップクリームを絞り出すような可愛らしい形になっているヘアムースです。ウェット感が強くふんわりとしたパーマを作るのにピッタリで、弾力と潤いのあるヘアスタイルに仕上がります。
 

ミルボン ニゼル ハイ クラッチフィズ 200g

ミルボン ニゼル ハイ クラッチフィズ 200g
■メーカー名:ミルボン
■容量:200g
■定価:1,600円
この商品の詳細を見る
ニゼルドレシアコレクションフォームシリーズの商品で、乾いた髪が綺麗なウエーブに戻ります。髪のメリハリがしっかりと効くところも人気の秘密です。

ワックス

ワックス
ヘアワックスは主にメンズのヘアスタイルをキープするためによく使われるスタイリング剤で、短くて太い髪もしっかりとスタイリングしたい時に適しています。もちろん、男性だけでなく女性にも人気があるスタイリング剤のひとつです。

ワックスはしっかりとくせ毛を抑えてくれるので、寝癖が付いてしまったり中途半端な髪の長さで癖が出やすい人にとっては欠かせないアイテムのひとつですよね。ミディアムヘアでウエットな髪に仕上げたい場合はバームがおすすめで、バームはオイルが固まったものなので手の温度で温めて溶かし、毛先から根元へと付けていきます。

また、髪の量が少なくてふんわりとさせながら全体のボリュームを出したい時には、ワックスをしっかりと髪にもみ込んで手櫛で整えるとボリュームが出るだけでなく軽い印象になります。

ワックスは固形のものだけでなくスプレーワックスもあり、スプレーワックスは前髪などに部分使いするのが良いでしょう。一種類だけでなく髪の部分によって使い分けをするとともに、アイロンを使ったり髪をねじったりするなどの工夫をすれば思い通りのヘアスタイルを作りやすくなります。

ロングの場合も全体に付けるのではなく、毛先に付けるなど部分使いをするのが上手な使い方だと言えます。そういった意味でもワックスはロングヘアよりも、ショートヘアからミディアムまでの短い髪に合うスタイリング剤だと言えます。
 

kokobuy ザ・プロダクト ヘアワックス 42g

kokobuy ザ・プロダクト ヘアワックス 42g
■メーカー名:kokobuy
■容量:42g
■定価:1,980円
この商品の詳細を見る
自然由来のワックスで、髪に優しいだけでなくリップやネイル、肌までの全身に使えるところが嬉しい、ひとつは持っていたいワックスです。サイズも小さいので、外出先でヘアスタイルが崩れた時にもすぐに直せて大活躍です。
 

デミ ウェーボ デザインキューブ ホールドワックス 10 7 80g

デミ ウェーボ デザインキューブ ホールドワックス 10 7 80g
■メーカー名:デミ
■容量:80g
■定価:1,400円
▼口コミ:

メンズの髪をスタイリングする時にとても◎です!!

この商品の詳細を見る
セット力が高く、グリーンフローラルの香りが爽やかなワックスです。大きな毛束も長時間キープできるほどの効果があり、ヘアセットをして出かけるような時にも使えそうですね。

ジェル

ジェル
ジェルは水と樹脂でできていて、世代を問わずに色々なヘアスタイルに使えるスタイリング剤のひとつです。ただし、ジェルにも不向きがあって、ネイルなどのイメージによって”ジェル”と聞くと女性のイメージが強いかもしれませんが、実はロングヘアよりも短髪のメンズの方が使い勝手が良いスタイリング剤なのです。

その理由は、短いヘアをキープするのに適しているジェルの特徴にあります。ジェルは髪を立てたい男性にも使いやすいスタイリング剤で、短髪の仕上がりの幅を広げてくれるのが嬉しいですよね。

例えば、ジェルにはパーマを始めとしたウエーブのキープ、しっかりと固めたタイトな髪型、ボリュームを細かく調節するなどの役割があります。また、髪に付ける量は自分の髪質やなりたい髪型、髪のボリュームによって調整して使うことができる便利なスタイリング剤でもあります。

そのジェルの使い方は髪が跳ねてしまっている人の場合には髪を水やお湯などを使って濡らし、タオルで拭いたあとドライヤーで乾かします。そして、ジェルをトップからフロント、バックの順に付けていき、最後にまたドライヤーを使ってしっかりと固めていきます。

ある程度髪の量があれば、男性に多い薄毛の悩みもジェルでしっかりと固めることで目立たなくなる効果もあります。

最近流行しているのがジェルを単体で使うのではなく、ワックスと混ぜて自分好みのスタイリング剤を作ることです。これを作ることによって、ワックスとジェルの良いとこ取りができ、思い通りのヘアスタイルになるので男性はぜひ試してみてください。
 

ビューティーエクスペリエンス ロレッタ ハードゼリー 300g

ビューティーエクスペリエンス ロレッタ ハードゼリー 300g
■メーカー名:ビューティーエクスペリエンス
■容量:300g
■定価:2,000円
▼口コミ:

僕のお客様のメンズではこれが1番ヒットしてます!!!
ツヤ感もでて無造作なんてセクシーすぎっ(笑)
スタイルのキープ力は史上最強だと思います。
たっぷり入ってるからお得だし、学生さんも御用達って感じです(^v^)
初めは少しつけすぎたりしちゃって重くなってしまうかもしれませんが、慣れると扱いやすいですよ?

この商品の詳細を見る
髪をしっかりと固めてくれる商品で、女性向きのジェルです。ローズの香りが頭皮の臭いを消し、髪はしっかりとセットされるのに天然素材なので安心して使うことができます。量も多く、長くキープできるのでヘアスタイルにこだわりがある人におすすめです。
 

ミルボン ニゼル ドレシアコレクション ジェリー H 90g

ミルボン ニゼル ドレシアコレクション ジェリー H 90g
■メーカー名:ミルボン
■容量:90g
■定価:1,800円
この商品の詳細を見る
パッケージがクールで、キープ力が抜群の商品です。高いキープ力がありながらも”スタイリング剤を付けている感”は強くなく、髪に動きも出せる扱いやすさが魅力です。

スプレー/ミスト

スプレー/ミスト
ヘアスプレーやヘアミストは日常的に使うならナチュラルなふわっとしたヘアスタイルを作るのに合っていて、スタイリング剤を使っているのが目立たない自然な雰囲気に仕上げたい人に向いているスタイリング剤です。

スプレーやミストを使うことによって手ざわりの良い綺麗な髪に仕上げることもできますし、ヘアスタイルを作った仕上げのトリートメントとして使うのもおすすめです。ヘアミストにはさまざまな使い方があり、髪への良い香りをつけたり化粧水のように保湿をするような効果があります。

ヘアミストを使う時には髪の毛が乾いた状態でなければいけません。なぜなら、濡れた状態で使うことによって濡れてから乾くまでに臭いが発生してしまう可能性があるからです。

スプレーやヘアミストの使い方は髪の毛を櫛でとかした後に、部分的に使うのではなく髪の毛全体にかかるように何回かプッシュして振りかけていきます。そして、髪の毛が軟らかくなってスプレーやミストの効果が全体的に行き渡ってツヤが出てきたらドライヤーの弱い風で乾かし、髪の毛をブローしていきます。

軟らかい仕上がりにしていくタイプのスプレーやミストでは髪の毛がサラサラになります。したがって、強力に髪をセットするタイプでないミストはパーマがかかった髪の毛よりもストレートの髪の毛の方が向いています。髪の毛を軟らかくするタイプとしっかりするタイプがあるので、シーンによって使い分けをしたいですね。

スプレーやミストを使用する際には夜はドライヤーの熱で髪を傷めないため、朝は寝癖などの癖を落ち着けるのにも役立ちます。
 

ロレアル エルネットピュール 207g

ロレアル エルネットピュール 207g
■メーカー名:ロレアル
■容量:207g
■定価:1,200円
▼口コミ:

絶妙なホールド力でアップスタイルが非常に作りやすいです。
軟毛のかたや、量の少ない方にはとても使いやすいスプレーですよ♪

この商品の詳細を見る
無香料で誰にでも使いやすく、髪の毛が軟らかい人に向いています。夜や朝だけでなく、アップスタイルでも使えるので日中のヘアに使うのもおすすめです。
 

シュワルツコフ シルエットハードミスト 200ml

シュワルツコフ シルエットハードミスト 200ml
■メーカー名:シュワルツコフ
■容量:200ml
■定価:1,400円
この商品の詳細を見る
髪に潤いを与えながらも強いセット力を持ったミストです。軟らかい仕上がりでなく強力にセットするので、昼のヘアセット向きです。

クリーム

クリーム
ヘアクリームはクリーム状になっているスタイリング剤です。

クリームは保湿力に優れていて、髪の毛がしっとりとして落ち着きます。そのようなクリームの種類は幅広く、中にはUVカット効果があって紫外線から髪の毛を守ってくれるものや、髪の毛だけでなく全身に使うことができるものまでがあります。

クリームを使うタイミングはタオルを使ってドライをした後がベストです。ストレートヘアの場合はあまり注意をする必要がありませんが、問題なのはパーマをかけた人がクリームを使う場合です。

クリームはしっとりとしていて寝癖などの強い髪の毛の癖も落ち着けてしまう効果があるため、せっかくかけたパーマが取れかけてしまう恐れがあります。だからと言って、パーマをかけている人がクリームを使ってはいけないという訳ではありません。

パーマをかけている人はパーマのカールを落とさないように注意しながら、髪の全体ではなく毛先や髪の内側などのポイントにクリームを付けていきます。そして、少しずつ全体になじませたらドライヤーを使ってパーマが崩れないように注意しながら風を当てていきます。ドライヤーを使う時には櫛は使わずに手櫛で整えていくのがポイントです。

クリームを使うことによって髪がまとまり、綺麗な髪型をキープしやすくなります。
 

ミルボン ジェミールフラン メルティバター 100g

ミルボン ジェミールフラン メルティバター 100g
■メーカー名:ミルボン
■容量:100g
■定価:2,000円
▼口コミ:

香りも良くベタ付かない。
硬い毛質の方やハイダメージで硬くなってしまった髪も柔らかく仕上げます。

この商品の詳細を見る
成分として配合されているモイストモリンガバターは一度ドライヤーの熱で溶け、時間が経つと冷えて固まります。熱で広がった効果が髪の毛全体をまとめ、サラサラの髪へと導いてくれます。
 

ルベル セットキュアヘアクリーム 90g

ルベル セットキュアヘアクリーム 90g
■メーカー名:ルベル
■容量:90g
■定価:800円
この商品の詳細を見る
ベタつきが気になるクリームでもベタつかず、高いトリートメント効果で髪の毛を保湿します。フローラルの香りが女子力を高める効果抜群です。

落ちにくいスタイリング剤を落とすクレンジングジェル

スタイリング剤は髪の毛をセットするのに欠かせないアイテムですが、キープ力が優れているということはそれだけシャンプーだけでは落ちにくいということも意味していますよね。そのようなスタイリング剤は付けたまま放置しておくと髪の毛を傷めることになるなどのデメリットがあります。

だからと言ってスタイリング剤を使わないということが正解だという訳ではなく、スタイリング剤を正しい方法で落として上手に使っていくことが重要だと言うことになります。シャンプーだけでは落としにくいスタイリング剤を使った場合には、スタイリング剤を落とす専用のクレンジングジェルを使う必要があります。

スタイリング剤を落とすのになぜクレンジングジェルが有効かと言うと、クレンジング専用のジェルを使うとスタイリング剤が髪の毛の表面にまで浮かんでくるため、シャンプーだけでは落ち切らないスタイリング剤も落としやすくなるからです。

だからこそ、しっかりとスタイリング剤を使って髪の毛をキープした日にはシャンプーだけで全て落としきれたと思わず、必ず専用のクレンジングで落とさなければいけません。
 

ウルトラマジック スーパーとったゲル 165g

ウルトラマジック スーパーとったゲル 165g
■メーカー名:ウルトラマジック
■容量:165g
■定価:1,300円
この商品の詳細を見る
シャンプーだけでは落とせないスタイリング剤を使った時に使用するのに最適なクレンジングジェルです。この商品の使い方はとても簡単で、濡らした髪に付けて2~3分クシでとかして全体にジェルを行き渡らせ、その後は通常通りシャンプーするだけで頑固なスタイリング剤を落とすことができます。

スタイリング剤が残ったまま寝るのはNG?

スタイリング剤が残ったまま寝ると髪に付いた摩擦力によって髪が絡まりやすくなり、髪の傷みが早くなってしまいます。そして、毛穴を塞いでしまう恐れがあることから頭皮にも悪影響を与え、髪の毛が抜けやすくなって薄毛の原因を作ってしまう可能性もあります。

髪の毛に自然ではない余計なものを付けたまま寝るというのは絶対にやってはいけないことで、必ず寝る前にはクレンジングとシャンプーでしっかりとスタイリング剤を落とす必要があります。

特に注意が必要なのは、キープ力が強いワックスなのでワックスを使った時には寝汗と混じって毛穴を塞いでしまう危険性があったり、枕を汚す可能性もあるのでシャンプーだけで寝ることはしてはいけません。日常的にワックスを使う人はシャンプーだけで寝てしまう悪習慣を積み重ねてしまうのは要注意です。

スタイリング剤が頑固な寝癖の原因に

スタイリング剤を付けたまま寝ると単に髪の毛や頭皮に悪影響を与えるだけでなく、スタイリング剤のキープ力が頑固な寝癖の原因になってしまう可能性があります。

そして、その寝癖をさらにスタイリング剤で落ち着かせることはスタイリング剤をますます頭皮や髪の毛に留まらせる原因となってしまい、頭皮環境にとっては良いことはひとつもありません。

ワックスを始めとしたスタイリング剤は普段より寝癖を悪化させることになるので、日常的に寝癖に悩んでいる人は手を抜かずにクレンジングを使って頭皮を気遣っていく必要があります。

スタイリング剤が残ると薄毛が進行するって本当?

スタイリング剤が残っていると薄毛がどんどん進行してしまいます。最近若くても頭皮が薄い人が増えていますが、これはスタイリング剤を使ったり髪の毛を染めたりした結果であるとも言えます。

もちろん、スタイリング剤は社会人として寝癖の付いたままお客様先を訪問する訳にもいかないので、臨機応変にスタイリング剤を使っていく必要があります。

しかし、将来の自分の頭皮や髪の毛のことを考えたり、少しでも長く地毛を残したいなら少し手間をかけてでもスタイリング剤をその日のうちに綺麗に落として翌日には髪の毛が綺麗なゼロからのスタートしてスタイリング剤を使うことが重要だと言えます。

自宅でもサロン仕様!お客様に上質なスタイルを作るならサロン専売スタイリング剤がおすすめ

スタイリング剤をサロン専売として美容室で販売しているサロンは多く、どのくらい良いものであるかは実際に施術でお客様に使ってもらって実感してもらいます。また、施術で使わないものであったとしても、お客様の髪質に合っていて必要であればお客様におすすめします。

スタイリング剤は市販のものもありますが、サロン専売のものは特に上質でお客様にとっては美容室でしか手に入らないものです。ぜひお客様におすすめすることによって、自宅でもサロン仕様のスタイルを作ってもらえるような提案をしてみてはいかがでしょうか。

 
▼最新版「無料カタログ」の請求はコチラ▼
http://www.bitsuhan.com/shop/pages/CatalogClaim.aspx