About introduction of hair care and beauty items and beauty industry.

管理美容師資格は必ず取るべき?申し込み方法や必要書類一覧


管理美容師の資格はそれぞれの美容院で働いている従業員の中で、1人以上は資格取得をしている人がいなければいけないという決まりがあるほど重要なものです。もちろん、将来は独立したいという美容師も管理美容師の資格取得は必須です。管理美容師とはどんな資格か、資格取得のために押さえておきたい基礎知識をご説明します。

管理美容師資格は全員必須?

管理美容師資格は全員必須?
管理美容師の資格は、理美容室で働く全てのスタッフが取得しなければいけない資格ではありません。

現在では2名以上の従業員が常に働いている理美容室の場合、衛生上の視点によって1人以上の従業員が管理美容師の資格を持っていなければいけないとされています。

つまり、将来は開業したい人でも1人で営業をする場合には管理美容師の資格は必要がなく、従業員を雇って常時2名以上の体制を取る場合には管理美容師の資格が必要だということになります。

なぜ複数名が働く場合には管理美容師の資格が必要になるかというと、理美容室の器具や設備等の衛生に気を配るだけでなく、従業員の健康状態の管理までを行わなければいけないからです。

管理美容師としての仕事の範囲は幅広く、従業員の衛生教育までを担当します。だからこそ、美容師としての通常業務を行いながら管理美容師としての役割を担う従業員が1人は必要だということになるのです。

しかし、管理美容師の資格を持った従業員が必要だとされながらも、現在では管理美容師の資格は廃止の方向での動きがあります。それでも、まだ法案が通っていない状況であり、今後のことが未定のため就職に有利な管理美容師の資格は取得しておいた方が無難だと言えます。

受講資格

管理美容師の資格は受験によって得るものではなく、講習を受講することによって資格を取得することができます。ただし、新人美容師はこの受講資格には該当しないため、注意が必要です。

管理美容師の資格を取得しておきたいと思ったら” 管理美容師資格認定講習会”に参加する必要があります。

管理美容師になるためには

美容師の免許を受けた後3年以上美容の業務に従事し、かつ、厚生労働大臣の定める基準に従い都道府県知事が指定した講習会の課程を修了した者でなければならない

引用元 管理理容師・管理美容師の概要|公益財団法人理容師美容師試験研修センター

と規定で定められているので、まずは3年以上理美容室でスタッフとして経験を積む必要があります。

管理美容師資格認定講習会への申し込み方法

管理美容師資格認定講習会への申し込み方法
公益財団法人 理容師美容師試験研修センターによって行われる” 管理美容師資格認定講習会”の受講手続きは、まずエントリーをすることからスタートします。

エントリーは開催する各年度の管理理容師・管理美容師資格認定講習会開催案内から、講習会の都道府県、理容・美容、開催回などの希望を選択し、WEBまたは郵送のどちらでエントリーするかを選びます。

WEBの場合にはまずメールアドレスを入力して仮エントリーし、返信されてきたメールに必要事項を入力して本エントリーを完了させます。仮エントリーから本エントリーまでには時間制限があるので、エントリーは余裕がある時に行ってキャンセル扱いにならないように注意してください。

また、郵送の場合にはエントリー用紙を全て印刷し、必要事項を全て記入して郵送します。郵送では記入漏れに注意し、エントリー期間までに届くように日にちの余裕を見て送付するようにしましょう。

エントリー期間が終了したら、申込書類一式が届きます。管理美容師は講習会という形で行われるので、参加人数が多かった場合は抽選になります。そして、抽選に漏れてしまった場合には残念ながら今回は受講見送りになってしまいます。今回の講習会に参加できる場合には、できるだけ早く申し込みの手続きを行ってください。

講習会の日時や場所は都道府県ごとに異なる

3日間かけて行われる管理美容師資格認定講習会の日程や場所は各都道府県によって異なります。したがって、管理美容師資格認定講習会を受講しようと思っている方は、それぞれの日程や受講場所を確認するようにしてください。

講習会は全ての都道府県で行われているので、受けられないということはありません。

申し込みに必要な書類一覧

申し込みに必要な書類は受講申し込み用紙、払込取扱票用紙、業務従事証明書用紙、受講者写真票用紙となり、これを受講申込書返信用封筒を使って簡易書留で返送します。

書類は全部で6種類届くので、管理理容師・管理美容師資格認定講習会受講のご案内を参考にして残りの5種類を準備します。

受講申込書用紙には同封の払込取扱票用紙を使った振替払込請求書兼受領証(原本)、理容師又は美容師免許証のコピー(等倍~B5縮小可)1枚、必要事項を記入し捺印した業務従事証明書の3種類を糊付します。

業務従事証明書では1つの理美容室で3年働かなくても、これまでの合計で3年以上働いていれば受験資格を満たしています。ただし、3年以上働いたという証明が必要となるので、必要な枚数のコピーは忘れないようにしてください。

受講者写真票用紙にはパスポートサイズと同じ縦4.5cm、横3.5cmの6ヶ月以内に撮影した本人の写真を貼り付けます。写真は必ず正面で、背景のないものにしてください。

受講票は受講日の1週間前までに送付されてきます。

受講料

管理美容師資格認定講習会の受講料は16,000円です。講習会は3日間かけて行われるので、1日あたり5,000円ちょっとということになります。

管理美容師資格認定講習会は試験ではないので合格するまで何度でも挑戦しなければいけないというようなこともなく、金額としては無難なところだと言えるでしょう。ただし、3日間の受講で内容を詰め込まれてその資格を理美容室で活かすとなると、少し難しいと感じる人もいるかもしれません。

管理美容師資格認定講習会ってどんな内容なの?

管理美容師資格認定講習会ってどんな内容なの?
管理美容師資格認定講習会ではどんなことが学べるのかというと、講習衛生学を9時間以上、理容所(美容所)の衛生管理を18時間以上学びます。衛生に関する資格であるため、講師は理美容の関係者ではなく医師や獣医師、薬剤師、歯科医といった医療関係者になります。

このような知識は確かに医療関係者の専門であるかもしれませんが、実際に理美容室で管理美容師として活躍している有資格者からの話が聞けないという点に疑問を感じる受講者もいるのではないでしょうか。

管理美容師は理美容室に1人いれば良いので、店舗でも理美容室の衛生に関わることは3日間しか講習を受けていない自分が頼られることになってしまうのは不安ですよね。

実際の受講者の声をTwitterから集めてみました。

受講者の声


出典 Twitter

普段の理美容室の業務では学べない内容となっているので、勉強になるというプロも多くいます。理美容室の環境や従業員の健康を守るためには管理美容師は安心できる存在ですし、やはり廃止しないで欲しい方も少なくないかもしれませんね。


出典 Twitter

日程が3日間のために美容師が足りないお店にとっては大変です。基本的に管理美容師の資格は理美容師全員が取得するものではないので、仕事のための資格なのに上司に休みを申請しにくいというデメリットもあります。


出典 Twitter

講習会に参加するともらえる修了証をもらった瞬間が一番達成感があって嬉しい瞬間ですよね。キャリアアップにもつながるので、”良かった”という声も多く見られました。

管理美容師の資格は将来独立したい美容師には必須!

管理美容師の資格は現在理美容室で働いている人にも、これから独立したい人にもとてもおすすめの資格です。

将来独立する場合には今他のお店で働いているうちに資格を取得することでそのイメージが湧きますし、最初は1人でお店を開業する予定でも経営が成功すると従業員を雇ってもっとお店を大きくしたいと思うようになるでしょう。

そのようなときにも管理美容師の資格は取得しておいて損はない資格なので、ぜひ早めの受講を検討してみてください。

最新版「無料カタログ」の請求は
コチラから