About introduction of hair care and beauty items and beauty industry.

理・美容室を賢く経営するには在庫管理がカギだった…


あなたのサロンは在庫管理してますか?
数字だけでなく、実際に棚卸しを毎日、もしくは定期的に行っているなら、経営に前向に取り組んでいると言える。

でも在庫管理って面倒。
ウチは小規模サロンだし、そんな暇ない…と、お考えなら、
在庫についてちょっと考え直すといいかも。

そう、視点を変えると見えてくる。何かいいことがあるかもしれない…。

理・美容室の経営術って?

理・美容室の経営スタイルは様々だ。

集客1本、力を入れるサロン

店販で売り上げを上げるサロン

ひとりひとりのお客様の単価が高いサロン…

そう、一概にこれといる経営術などない。
すべてはオーナーの考え方次第だ。

もし、あなたが理・美容室のオーナーで、これといった経営戦略がないのなら在庫管理を徹底することをオススメする。
在庫が必要以上にあれば資金を圧迫する可能性もある。

例えば、店販見込んで商品を過剰に仕入れてはいないか?
なんか今月は資金繰りがキビしいな…なんて時は、材料やら製品やらを買い込んだ時ではないか?

また、仕入れたは良いが売り上げに貢献することなく眠っているモノ。そう、デッドストックだ。英語で言えば聞こえは良いが、ようは亡くなったも同然の商品。
『在庫商品買い取ります!』なんてサイトもある。たとえそんなサイトで在庫処理しても得することはない。

だから、在庫管理が必要なんです!

何がどれくらい必要かわかると、ムダな経費を削減できる。
よく出る材料や商品がわかると、流行やお客様の求めるものがわかる。
仕入れたモノは資金と同じ。勘定がしっかりできると経営状態が自然とわかってくる。そこから工夫するようになる。我がサロンの弱みもわかる。

必要なモノを必要なだけ仕入れることが大切!

カラー剤ひとつにしても、使う色や必要な色番があるはず。そうでないモノまで他と同じようにストックしておく必要はない。
ディーラーやメーカーとのつき合いも大切だけど、もっとも大切なのは経費だ!

仕入れは賢く、複数の仕入れ先を確保するのもひとつ!

理・美容室の材料はどう仕入れるか?賢いサロン経営をするなら…

大規模なサロンなら、大量仕入れの一括管理。
しかし、個人オーナーの美容室や理容室ではそうはいかない。

仕入れは…

ディーラー?

メーカー?

でもそれって高くはないですか?
店販促されて、必要以上に商品を仕入れたりしてませんか?

そう、大量仕入れなら値引きもあるが、少量では難しい…。
だったら賢く、臨機応変に『美通販』のような美容材料通販サイトを利用したい。
仕入れは安くが基本。
店販用はここ、材料はここ…と分けてもいい。

心配なのは必要な材料を切らした時。
通販サイトはそれがコワい。だから、在庫管理をして、何がどれくらい必要か把握し、必要なモノは必要数ストックしておく。

急にこれが無い!

という時も『美通販』なら、午前11時までの注文なら23区に限っては、その日の夜19:00までに届く。
これに送料無料パスポートを組み合わせ、何回注文しても送料タダが実現する。

余剰在庫があるなら、通販サイトを賢く利用した経費術もアリかもしれない。

必要なものを必要なだけ…。ムダを省くことこそが経営の基本ではなかろうか?




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です