About introduction of hair care and beauty items and beauty industry.

夏の美容院や理髪店、汗で悩むお客様を極上のサービスでもてなしたい


季節を問わずお客様は美容院にいらしてくださる。
冬の寒い時期はまだいいかもしれない…、問題は夏。

夏はちょっと動いただけでも汗をかく。
動かなくったって汗が流れ出る時だってあるくらいだ。

その汗に悩むお客様は意外と多く、汗を気にして夏に美容院や理髪店に行くのを躊躇する…という話を耳にした。

汗… が問題でお客様が遠のくなんてあってはならない!

そこで汗したたる灼熱の夏。お客様をもてなすための極上サービスを考えてみた!

汗だくで美容院や理髪店にたどり着いたお客様にできること

暑い日差しから逃れたばかりのお客様。
店舗に足を踏み入れてすぐお席にお通しする…。

お客様をお待たせせずにお席にご案内するのは基本だけど、暑い中、汗の引かないうちにクロスなどを巻いてしまっていいのだろうか?

イメージしてみる…。
「いらっしゃいませ、○○様。お待ちしておりました。」
とご挨拶。

笑顔で冷たいおしぼりを手渡す。
スタイリングチェアにご案内するまえに、待合い席にご案内。
冷たい飲み物を差し上げる。

そばに人がいるとおしぼりで汗を拭うのが恥ずかしい人もいるかもしれない。
お客様がお飲物をいただく時間も考慮して、ちょっとおひとりにしてさしあげる。

それからスタイリングチェアにご案内。

どうだろう?
冷房はちょっと強めに。
待合い席の前に扇風機などのファンを設置しとくのもいい。

クロスをまとうまでに少しでも汗がひき、体温が落ち着いていただければ嬉しい。

汗かきで夏にさらに汗が気になるお客様がサロンへいらしたら

美容院や理髪店には様々なお客様がいらっしゃる。

その中には身体的なことや精神的な悩みを持つ方もいる。
汗もそのひとつかもしれない。

そのようなお客様にはケースバイケースの対応が必要な場合もあるだろう。

先の冷たいおしぼりやお飲物、冷房の温度設定に加えて、さらにできることはないだろうか?

たとえばスタイリングチェア。
皮や合皮素材のものが多い。

汗をかくお客様の中にはイスに汗のあとが残るのを気にする方もいる。
お客様がショートパンツや背中が開いているお召し物の時には、大判のバスタオルを背もたれや座面に敷いてさしあげるのもひとつ。
色も黒など汗のあとが目立たないものを選んであげたい。

汗が引かないお客様には、保冷剤などを包んだおしぼりを差し上げてもいい。

接近度の高い美容師さんや理容師さんだから気をつけたい!

美容業はどうしてもお客様との距離が近くなる。 

そう、接近度が高い!

相手が異性だったり、同性だとしても緊張してしまうお客様もいらっしゃる。
そんなお客様にどれだけリラックスして頂き、心地よく過ごしてもらえるかを考えれば、それが他店との差となり集客に結びついたり、リピーターやクチコミ客の確保にも繋がるのではないだろうか 。

夏だから… 美容院や理髪店で取り入れたいメニュー

汗かく夏に美容院や理髪店で喜ばれるクール系のサービス。

夏限定でクールヘッドスパなど取り入れてはいかが?
短時間で終わり、価格も低めがおすすめ!

簡単ヘッドスパならフルーテイラー スカルプセラム

ヘッドスパならレイナカンパニー フルーテイラー スカルプセラム
夏のリフレッシュ頭皮ケアに最適

ヘッドマッサージならコレ!
サンコール ミントベル アイスクール スパーク

クールなヘッドマッサージにはサンコール ミントベル アイスクール スパーク
炭酸泡で頭皮を爽快リフレッシュ

すっきりシャンプーで冷涼感
アリミノ ミントシャンプー フローズンリフレッシュ

クールにすっきりアリミノ ミントシャンプー フローズンリフレッシュ
皮脂や汚れもすっきりクールなシャンプーならコレ

また、施術とは別のサービスマッサージやおしぼりにも一工夫したい。

夏だけじゃない…真のサービスでお客様を獲得!

ここまで読んで、そこまで出来ない… だけどお客様をもっと獲得したいな…と思うサロン様には是非試して欲しい。
夏の汗だけじゃない、いつだってお客様のお気持ちを察したサービスをする。
シンプルで地道で骨も折れそうだけど… 。
真のサービス。自分たちでなく相手を思うこと。
特別なことをせずとも、ただそれだけでお客様を獲得することができるかもしれない…。

極上サービスとは相手を思いやること!

お客様あっての商売。
相手がいて、自分がいる。
その人を思いやることは、その人の心に触れること。
極上サービスとはお客様を真に思いやることではないだろうか… と、思った次第です。

最後に、メイ牛山さまの心に残るお言葉をご紹介したいと思います。

でもね、商売が繁盛する基本はひとつよ。

お客様にサービスすることね。
何か物を上げるとか、割引するとか
じゃあなくて、お客様は何を
欲しがっているんだろう、
どんなサービスをして欲しいんだろうって
いつも考えるのね。

お客様の為を思ってやっていれば
自然と繁盛するものよ。

私はお客様はみんな好きね。
好きな人がいるでしょ。そうすると
どうしたら私が好かれるのかしら
とか、あの方は何が欲しいのかしら
っていっつも考えているわ。
いまでもサロンに居る時は
お客様にお声がけするわね。

その人の為、好きな人の為って思うと
仕事は楽しくなるのよ。
そうすると繁盛するわね。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です