美容室やエステなどサロン用ワゴン

美容室などサロンのワゴンって高いよね…

理・美容室、エステやネイルなどのサロンに必須アイテムといえば、サロンワゴン。キャスター付で可動性に優れ、使い勝手が良いサロン向けワゴンはサロンワークに欠かせない。
このワゴンがなかなか高い。

5千円以下で探すとデザインなど見た目がどうも残念な感じになってくる。 そこで見つけた! 見つけたというより、待っていました!

美容室やエステのワゴンはキッチン用とは違う!

サロン用のワゴン高いよね…。 と、思うと、別にサロン用じゃなくてもワゴンなら可…なのでは?と思ったりする。
それはひらめきじゃなく、愚考となる。 所詮、キッチン用は台所用。 どうしても、家庭臭さというか、やはり台所感が否めない。 文具系の通販会社にも安いワゴンがあるが、こちらはオフィス向けだからなのか? やはり見た目がイマイチだ。
美容室やエステなどのサロンで使うなら、やはりそれ専用が良い。

ワゴン買うなら条件がある

サロンワークで必要な備品を収納するだけじゃなく、取り出しやすさなどの使い勝手の良さがワゴンを買う時の条件だ。
ドライヤーやスプレーヤーの取り出しやすさや、収納のしやすさ、また、必要なもの全てが収まる容量も求めたい。
これらの条件を満たすワゴンは、やはりそれなりのお値段。
中には、よりデザイン性を求めて、木材やステンレス製商品を選ぶ人もいるだろう。
しかし、薬剤などの水物を多く扱うサロンでは、劣化の早さも懸念のひとつ。設備投資にお金をかけると、買い替えも躊躇しがち。
「高かったし…。」
と、買い替えを渋ってしまうことは良くある。
自分では気にならない傷や汚れも、お客様から見たら不潔と思われてしまうことさえある。
だから、購入時には大体の買い替え時期を予測しておくのが賢い。 そう考えれば、常に使用するワゴンにかけるお金も自然と導かれるだろう。

理、美容室にオススメのワゴン「RC-02ワゴン」

お手頃価格で、見た目も良くて、使い勝手も良いワゴンが欲しい。
そんなお客様の声にお応えして、誕生した「RC-02ワゴン」
ドライヤーやブラシを差し込めるホルダー、5段ある引き出しは取り外しができ、サイドパネルにできたりと、収納力だけじゃなく、サロンワークに適した仕様になっている。
カラーはブラックのみのPP素材。
キャスターの動きも良く、PP素材にありがちな安っぽさもない。
引き出しの出し入れもスムーズ。
1番感激したのは、簡単にサイドパネル化できるところ。引き出しを取り出して、そのまま天板横に差し込むだけ。 施術に必要な時だけ、引き出してサクッとはめられる。
もしも、あなたが美容室などのサロンに使えるワゴンを探しているなら、この「RC-02ワゴン」を検討してみては? この価格でこの仕様はおそらく他にはないだろう。

RC-02 ワゴン

サロン用ワゴンRC-02
クリックで詳細へ

エステやネイルサロンなら「RC-01ワゴン」

タオルウォーマーやタオルなどを収納するエステやネイルサロンなら「RC-01ワゴン」がオススメだ。
清潔感のあるホワイトカラーにガラス天板。もちろん強化ガラスだから安心。天板を囲う柵がないから、施術に必要な道具をスムーズに取り出せるし、見た目も良い。
こちらはスチールの骨組みに磨りガラス天板のセット。
シンプルなデザインだけど、スチール取っ手のカーブがなんだか可愛く感じる。

RC-01 ワゴン

エステやサロン用ワゴンrc-01

エステにオススメRC-01
クリックで詳細へ

理美容室で使うワゴンはあなどれない

じつはワゴンをご紹介したのには、訳がある。
先日、通りかかった美容室に入ってみた。
いつの間にかオープンしてた美容室。
カットだけしたくて入ったのだが、そのサロンのワゴンがちょっと気になった。
木でできた天板は劣化し、乱雑に備品が収められていた…。
そのせいでサロンの印象が正直下がりました。
技術に不満はナシ。
でも、結果次はないかも。
お客様がサロンを選ぶ基準は技術だけではない。

みなさまのサロンのワゴンは大丈夫ですか?
買い替え時かもしれませんよ!

新着記事

  1. 化粧下地 毛穴
  2. アロマテラピー検定
  3. カットコーム

お役立ち情報

  1. 美容師になるには
  2. 8月 売上
  3. フリーランス美容師 集客
  4. 美容師 手荒れ
  5. 美容師 悩み
PAGE TOP