ブリーチ剤

ブリーチ剤で髪が痛むのは強力な薬剤のせい?メリットデメリットと髪に優しいケアブリーチについて

ブリーチをすると髪が通常のカラーよりも傷むため、できるだけブリーチは避けたいという人も多いですよね。実際に、本当はブリーチでなければ出せないカラーにしたいのにブリーチが必要と知って諦めたり、仕方ないと思って髪を傷める覚悟でブリーチを選択する人もいます。ブリーチのメリットやデメリット、施術後のケアについてご説明します。

ブリーチすると「髪の痛みが激しくなる」と言われる理由

ブリーチすると「髪の痛みが激しくなる」と言われる理由
ブリーチをすると髪が傷むというのはよく言われていることでもあり、カラーリングをする人にとっては常識でもありますよね。しかし、ブリーチをすると髪が傷むことは理解していても、ブリーチだとなぜ髪の傷みが激しくなるかを理解していない人が多いのも現状です。

もちろん、ヘアカラーでも髪は傷みますが、ブリーチではメラニン色素を分解して壊してしまうために傷みが激しくなってしまうのです。

ブリーチ=メラニン色素を分解する

“メラニン色素を分解する”と聞くと、悪影響がありそうな気がしますよね。ブリーチではよく”色素を抜く”という表現が使われることがありますが、実際にはただ色を抜くだけでなく髪を漂白剤で白くするようなイメージのほうが近いと言えるかもしれません。

漂白剤で白くすると聞くと、ブリーチがどれだけ頭皮や髪の毛に負荷を与えるものなのかが想像しやすいですよね。ブリーチをしたときには頭皮の痛みもかなり強くなります。また、ブリーチをしてから色を入れたり、場合によっては2回のブリーチが必要となる場合もあります。

したがって、ブリーチを希望するときには髪の傷みがひどくなるのも納得して施術を受けざるを得ないと言えます。

ブリーチのデメリット

ブリーチのデメリットはブリーチをすることによって頭皮に大きなダメージを与えてしまうとともに、パーマや縮毛矯正がかけられなくなること、傷みが原因で髪の毛が千切れてしまうこと、通常のカラーよりも色落ちが早いことなどです。したがって、ブリーチをするときにはこれらのリスクを受け入れなければいけません。

特に、ブリーチをした後の切れ毛の原因は髪の毛がブリーチの薬剤によって溶けてしまうことなので、その悪影響の大きさがどのくらいのものなのかもよくわかりますよね。ブリーチをした後にはヘアケア商品を使って色落ち防止をしたり、定期的に毛先や傷んだ部分のカットをすることが大切だと言えます。

髪が伸びたらまたブリーチ?

ブリーチは髪の色を明るくするものなので、髪が伸びてくると地毛の黒髪が目立ってくるのが嫌ですよね。だからこそ、髪が伸びたらまた全体をブリーチする人もいますが、これは頭皮や髪の毛のために良い解決方法だと言えません。

髪が伸びたからまたブリーチをするという場合には、伸びたところだけをブリーチするリタッチがダメージを最小限に抑えてくれるという意味でもおすすめです。

また、短期間にブリーチを繰り返すとドライヤーをしただけでも切れ毛が大量発生してしまう可能性があります。場合によっては一定の期間を空けて2回ブリーチをしなければいけないこともありますが、その時は最低限でも1週間以上空けたほうが良いでしょう。

ブリーチ以外でも受けるダメージ

美容室で受ける施術で最もダメージが強いものとしてブリーチを思い浮かべる人も多いかもしれませんが、美容室では通常のカラーやパーマ、縮毛矯正などおしゃれのためにダメージが強くなる施術も多数あります。

そのような施術を受けると髪の傷みや抜け毛、頭皮の荒れ、切れ毛や枝毛の原因になるので、特に長期的に続ける場合には注意が必要です。

美容室ではそのようなダメージを軽減するためにヘッドスパやトリートメントなどのメニューも用意されているので、髪が傷みそうな施術をする場合にはそれらのメニューも追加することをおすすめします。それに加えて自宅でのセルフケアも重要なので、施術時には自分の髪質や施術内容に合ったセルフケアの方法をプロの美容師からアドバイスしてください。

また、ブリーチ後のシャンプーやケア方法にも髪が傷む原因が潜んでいるので要注意です。

痛むのになぜブリーチするのか、ブリーチのメリット

痛むのになぜブリーチするのか、ブリーチのメリット

ブリーチは髪が傷むと言われているのに、それでもブリーチをする人が多いのはなぜなのでしょうか。

その理由は、ブリーチにもメリットがあるからです。ブリーチをすると通常のカラーでは表現するのが難しい色味や透け感などの細かいところを理想通りにするためには、通常のカラーではなくブリーチでしか実現できないのです。

メリットだけでなくデメリットもハッキリ伝える

お客様とのカウンセリングを行った際には、ブリーチのメリットだけでなくデメリットもしっかりと伝える人があります。なぜなら、メリットだけを伝えると髪が傷んで「ブリーチをしなければ良かった」とお客様が後悔する可能性があるからです。

お客様の希望する仕上がりにするためにもブリーチをするとどのくらいのダメージがあるかをカウンセリングで伝えるとともに、過去にパーマや縮毛矯正をしてそれが残っていないかも確認しなければいけません。

綺麗に脱色できるブリーチ剤の選び方

綺麗に脱色できるブリーチ剤の選び方

そもそもブリーチ剤を使って染めたいという人は、元々入っている地毛の黒の色素のため自分が染めたい色にはならないのでブリーチ剤の使用を検討します。ブリーチをすることで”脱色して色素を抜いてから色を入れる”ということになります。

ただ染めるのではなく一度脱色してから色を入れることのメリットは、髪にメラニンを残したまま染めるよりも綺麗に色が入りやすくなることにあります。つまり、綺麗に色を入れるためにはまずブリーチ剤を使って綺麗に脱色をすることが重要であると言えるのです。

髪の毛を染める時の土台にもなるブリーチ剤の選び方のポイントを押さえましょう。

クリームとパウダーではどちらの方が良いのか

ブリーチ剤にはクリームタイプやパウダータイプなど、いくつかの種類がありますよね。ブリーチ剤は通常のカラー剤よりも髪を傷めやすいものなので、どのタイプを選ぶか気を遣う必要があるでしょう。

実はブリーチ剤の定番でもあるクリームタイプのものは、染めた時のムラができやすいといったデメリットもあります。それに対し、パウダータイプは髪を明るくするのに向いているので美容院などでもよく使われているブリーチ剤です。

パウダータイプのブリーチ剤にはクリームタイプに含まれていない”過硫酸塩”が含まれているために髪が明るくなりやすい一方で、頭皮に対する刺激も強くなっています。明るくするのには向いていても初心者が染めるとムラになりやすいため、パウダータイプのブリーチ剤でカラーリングをしたい場合は美容院でプロに染めてもらうのが良いでしょう。

クリームタイプの方が初心者にも扱いやすいですが、比較的脱色力は弱いので何度も染めることで頭皮や髪の毛を傷める恐れがあります。したがって、お客様に提案するならパウダータイプのブリーチ剤のほうがよりおすすめです。

2剤の割合と置き時間によっても差が出る?

ブリーチ剤を使う時には1剤のパウダーに2剤のオキシを混ぜることになります。通常は1剤の量を1とすれば2剤はその3倍にあたる3、つまり1剤:2剤=1:3の割合で混ぜていくのが定番です。

しかし、この1剤に対して2剤の割合を変えると色の抜け具合はどうなるのでしょうか。

結論から言うと、2剤の量を1剤の3倍よりも少なくする方が脱色力は強くなって少しだけ明るくなります。したがって、1:1と1:5を比較した場合、2剤の少ない1:1のほうが1トーンほど明るくなるのです。

また、置き時間によっても差は出てきます。放置時間は長いほうが髪は明るくなり、色味にも明らかな違いが出てきます。もちろん、放置時間を長くすることで髪へのダメージも強くなって髪は傷みやすくなってしまいます。だからこそ、ブリーチ剤の選び方や放置時間には注意を払い、髪の傷みを最小限に抑えることが大切です。

ブリーチ剤(美容専売品)おすすめ3選

ブリーチ剤(美容専売品)おすすめ3選

ブリーチ剤を使うと髪が傷みやすいですが、ブリーチ剤を使わないで出せる髪の色には限界があるため、希望の色にするためにブリーチ剤を使って染めたいというお客様もたくさんいらっしゃいます。施術の際にはお客様の希望の色になるかということを考えなければいけませんが、それだけでなくダメージも少なくなるような工夫をしていかなければいけません。

美通販から購入できるおすすめの3つのブリーチ剤をご紹介します。

ロレアル プラチニアムプラス

ロレアル プラチニアムプラス 500g
髪を傷めるイメージが変わること間違いなしの独自のトリセリドコンプレックスを配合したペーストタイプのブリーチ剤です。髪への馴染みが良いのでムラなく仕上がるのも魅力で、ブリーチ剤を使ったとは思えないくらいの手触りの良い髪の仕上がりにきっとお客様も満足してくれるはずです。

メーカー ロレアル
サイズ 500g
サロン価格 3,500円

美通販でこの商品の詳細を見る

シュワルツコフ ファイバープレックス パウダーブリーチ サシェ

シュワルツコフ ファイバープレックス パウダーブリーチ サシェ 30g×6
小分けになっていて使いやすい、パウダー状のブリーチ剤です。こちらの商品ではパウダーとオキシが1:2の割合になっています。カラーリングをした後の傷みやすい髪も、毛髪保護成分のジカルボン酸がしっかりと配合されているため、枝毛や切れ毛を94%削減するほどの高い効果があります。

メーカー シュワルツコフ
ブランド ファイバープレックス
サイズ 30g×6
サロン価格 1,800円

美通販でこの商品の詳細を見る

アレス アレスカラー ホワイトブリーチ

アレス アレスカラー ホワイトブリーチ 500g
口コミでキレイに抜けたという声があるように、脱色力は高いのに低刺激なところが人気のパウダーブリーチです。短時間でしっかりと脱色できるところも大きな魅力のひとつです。

メーカー アレス
ブランド
サイズ 30g、500g
定 価 4,000円

美通販でこの商品の詳細を見る

髪に優しいブリーチ?『ケアブリーチ』とは

髪に優しいブリーチ?『ケアブリーチ』とは

ブリーチ剤にはいくつかの種類があり、その中で髪のダメージを軽減するのに適しているのがケアブリーチと呼ばれているブリーチ剤です。

ブリーチ剤は通常のカラー剤よりも髪へのダメージを重く与えるので、ブリーチ剤の使用を敬遠しているお客様も多いですよね。特に、同じ色をキープしたいと思って何度も繰り返し染めているという人は、染める度に髪が傷んでいきます。

しかし、髪に優しいケアブリーチを使えばブリーチ剤による1回のダメージや髪に与える負担を減らすことができるので、通常のブリーチ剤を使った時よりも明るく健康な状態の髪を長く保つことができるのです。

通常のブリーチとケアブリーチの違い

通常とブリーチとケアブリーチの違いは一言で言うと成分の違いです。ケアブリーチにはジカルボン酸という成分が含まれていて、この成分には髪の結合を補修するという働きがあります。ケアブリーチはブリーチと比較してどの程度ダメージを軽減できるのかというと、約94%のダメージが軽減できるという結果が出ています。

94%と聞くと「ダメージはほとんどないのでは?」と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、やはりブリーチ剤であることには変わりがないので、ケアブリーチでも髪の傷みや頭皮への負担は通常のカラー剤と比較すると大きいと言えます。それを踏まえると通常のブリーチ剤の髪への負担がどれほど大きいものなのかがわかりますよね。

ブリーチ剤は使わないで施術をして欲しいと言うお客様は、そういったブリーチ剤が与える髪への負担を心配されています。だからこそ、ブリーチ剤を使う時にはそのリスクを伝えることも非常に重要です。お客様の希望を聞いて、ブリーチが必要な場合は、さりげなく髪や頭皮への負担を大幅に軽減してくれるケアブリーチを提案してみるのも良いかもしれません。

シュワルツコフ ファイバープレックス ボンドシーラー

シュワルツコフ ファイバープレックス ボンドシーラー 470g
こちらの商品はブリーチ剤に混ぜて使うことによって94%の負担を軽減してくれます。使い方は通常のカラーと併せてトリートメント代わりに使うだけなので簡単です。No.1とNo.2を一緒に使ってブリーチでの傷みを軽減します。通常のカラーの場合ではNo.1を1剤と2剤を合わせた量に5%ほど混ぜ、白髪染めの場合はNo.1の量を3%に減らして使います。

カラーだけでなくストレート縮毛にも使えるのが嬉しいですよね。

メーカー シュワルツコフ
ブランド ファイバープレックス
サイズ 470g
サロン価格 9,000円

美通販でこの商品の詳細を見る

ブリーチ後のヘアケア

ブリーチ後のヘアケア

ブリーチをした後にはヘアケアが必要になりますが、ブリーチをした当日に美容室でできるケアには限界があります。したがって、色落ちがしやすく髪への負担が大きいブリーチをした後に髪を綺麗に保つためには、自宅でのヘアケアを怠らないことが大事だと言えます。

ブリーチ後に自宅でできる、3つのヘアケア方法をご紹介します。

シャンプー

ブリーチ後のシャンプーとして選ぶべきなのは、カラーリングをしたダメージヘア専用のシャンプーを使うのが無難です。また、ブリーチを含めたカラー後に使うシャンプーとしてよく使われているのが”カラーシャンプー”と呼ばれるシャンプーです。

このシャンプーと普通のシャンプーの違いは、カラーシャンプーには色素が含まれているといった点です。つまり、カラーシャンプーによって色を足すことによって、ブリーチ後に色落ちしやすくなった髪の色をキープしやすくなるといったメリットがあるのです。

カラーシャンプーの色の選び方は、綺麗な金髪をキープできるものを選ぶなど髪色に合ったシャンプーを選ぶことがポイントです。


ホームケア用トリートメント

お客様が自宅でも美容室のクオリティの栄養を髪に浸透させ続けるためには、美容室がダメージ補修用のサロン専売のホームケア用トリートメントを商品として用意し、それをお客様に提案することが大切です。

サロン専売のトリートメントを購入して頂く場合には、ドラッグストアなどで販売しているトリートメントとの違いを具体的に説明し、アドバイスしていくべきです。また、ただトリートメントを自宅でも行ってもらうだけでなく、トリートメントの使い方などもプロ目線で教えるようにしましょう。

美容室としてはこのようなホームケア用のトリートメントを商品として多数用意し、ブリーチ後のお客様にもピッタリな商品を勧められるようにしておきましょう。

アウトバストリートメント

アウトバストリートメントとは”洗い流さないトリートメント”のことで、最近ではお風呂上がりや出掛ける前などに幅広く使われています。アウトバストリートメントをすることによって熱による髪の傷みを防ぐこともできますし、出掛ける時に髪に香りをプラスすることができるというメリットがあります。

手軽でちょっとしたトリートメント効果があり、洗い流さなくても良いアウトバストリートメントは便利で、最近ではインバストリートメントとあわせて使うことが主流となっています。

インバストリートメントは使っているけれどアウトバストリートメントはあまり使わないという方でも、髪の傷みを軽減してくれるアウトバストリートメントを使って、ブリーチをしても綺麗な髪を目指してみてはいかがでしょうか。

リピーターを増やすなら髪に優しくて脱色力の高いブリーチ剤を

ブリーチを活用しながら髪への負担を減らすためには、やはりどのブリーチ剤を選ぶかと言うことが重要になってきます。

リピーターを増やすなら、”この美容院でブリーチしたら髪が傷んだからもうブリーチはしたくない”と思われないように、髪や頭皮への負担を小さくしながら綺麗に脱色できるブリーチ剤をおすすめすることが大切です。それによってブリーチに抵抗がなくなり、気軽におしゃれを楽しむお客様やリピーターも増えるはずです。

最新版「無料カタログ」の請求は
コチラから

サロンチャート編集部

サロンチャート編集部

投稿者の過去記事

美容業界に関わる全ての方へ、最新事情やお役立ち情報を中心にご紹介してまいります。
美に敏感な一般の方々に向けた理美容に関する情報も発信していきます。

新着記事

  1. 練習用ウィッグ
  2. メイクサロン
  3. シザーケース

お役立ち情報

  1. 9月 売上
  2. 美容師になるには
  3. 8月 売上
  4. フリーランス美容師 集客
  5. 美容師 手荒れ
PAGE TOP