About introduction of hair care and beauty items and beauty industry.

サロン専売ヘアパックおすすめ5選!美容室御用達の売れ筋商品を紹介


サロン専売ヘアパックおすすめ5選!美容室御用達の売れ筋商品を紹介
ダメージヘアを補修、しなやかな髪の毛へ導いてくれるヘアパックですが、沢山種類がありどれを選べばいいか迷ってしまうかと思います。ここでは、現在サロン専売ヘアパックの売れ筋、おすすめ商品を紹介していきます。また、ヘアトリートメント、ヘアパック、ヘアマスクの違いや、効果などお客様にわかりやすく説明する方法もあわせて紹介します。

ヘアパックおすすめ5選

ドラッグストアなどで買える市販品、サロン専売品と、ヘアパックの種類は沢山ありますが、現在、美容室で選ばれている売れ筋のヘアパックを5つ紹介していきます。お客様の髪質、ダメージの内容、なりたい髪の毛に合わせておすすめしてください。

レイナカンパニー ミュナス リペアパック R 4.8kg(レフィル 800g×6)

レイナカンパニー ミュナス リペアパック R 4.8kg(レフィル 800g×6)
■メーカー名:レイナカンパニー
■容量:800g×6
■定価:30,000円
この商品の詳細を見る
 
かなり傷んだ髪の方へおすすめなのが、レイナカンパニーのミュナスリペアパックです。独自のトリートメント成分が髪の隙間に浸透、また髪の根元から毛先まで潤いを与えて、コーティング補修してくれます。

繰り返しパーマやカラーをしている方、枝毛、切れ毛などによる髪のパサつきが気になる方や、シャギーやレイヤーカットなどで毛先が細くなっている方、ヘアスタイリング剤を普段あまり使用しない方などに向いています。香りはフローラル系です。
 

サニープレイス アプルセルプレミアム 薬用ヘアパック しっとり 165ml

サニープレイス アプルセルプレミアム 薬用ヘアパック しっとり 165ml
■メーカー名:サニープレイス
■容量:165ml
■定価:1,800円
この商品の詳細を見る
 
サニープレイス アプルセルプレミアム薬用ヘアパック しっとりタイプは、傷んだ毛先をキューティクルから整えてくれる、洗い流さないタイプの商品となります。香りはフローラル系で、洗った髪の毛をタオルドライした後にスプレーしてドライヤーで乾かします。髪の毛がつるつる、サラサラになるという口コミも多く、人気商品です。

縮毛矯正をかけている方や、ストレートヘアの方に向いています。また注意点としては、こちらの商品は床に落ちると滑りやすいので、使う際には気をつけるようにしましょう。500ml、1lサイズもあります。
 

ラインハルト ALGスーパーマッドヘアパックM 210g

ラインハルト ALGスーパーマッドヘアパックM 210g
■メーカー名:ラインハルト
■容量:210g
■定価:2,000円
この商品の詳細を見る
 
傷んだ髪の毛をしっかり補修したい、美しい輝きとハリのある髪に戻りたい、そのような方におすすめなのが、ラインハルト ALGスーパーマッドヘアパックです。ミネラルが豊富で、保湿力に優れた「海洋成分」が髪の毛を集中ケアしてくれます。

髪のパサつき、ゴワゴワ感が気になる方、髪の毛が広がりやすい方、サラサラ系よりしっとり系の仕上がりが好みの方に向いています。
 

ナプラ ナピュア フラッシュメントヘアパック モイスチャー 50g

ナプラ ナピュア フラッシュメントヘアパック モイスチャー 50g
■メーカー名:ナプラ
■容量:50g
■定価:800円
この商品の詳細を見る
 
ナプラ ナピュア フラッシュメントモイスチャートリートメントは、効果の持続性が高いという口コミが多いのが特徴的です。髪の内側をしっかり補修、毛の外側を保護してくれます。髪の内側を強化する10種のアミノ酸、キューティクルのリフトアップを抑えるジェミニアミノ酸で、髪の内部と外側を補修してくれる効果が期待できます。

一週間に一度くらいの使用がおすすめで、時間がない方、シンプルで簡単なケアがいい、という方に向いています。クリーム形状で、洗い流すタイプ、フルーティーなグレープフルーツの香りです。
 

ラインハルト アブリーゼナチュラルオーガニックヘアパック AC 220g

ラインハルト アブリーゼナチュラルオーガニックヘアパック AC 220g
■メーカー名:ラインハルト
■容量:220g
■定価:1,800円
この商品の詳細を見る
 
ラインハルト アブリーゼナチュラルオーガニックヘアパックは、日本人の髪にこだわって作られた商品です。日本人は欧米人と比べると、パサつきやすい、ゴワつきがある、乾燥しやすいという髪質で、キューティクルもデリケートな傾向にあります。

メーカーが長年培ってきた経験をもとに開発、日本人のダメージヘア用に進化したヘアパックです。オーガニック成分、エイジングケア成分(オーガニックアルガンオイル、ガリカバラ花エキス)が追加されました。ハリやコシを実感したい方におすすめです。フローラルの香りで、自然、ナチュラル志向の方に向いています。

ヘアパックの効果


ヘアパック、ヘアマスクと、トリートメントの違いって何?と思われるかもしれませんが、どれも名称が違うだけで、本来の目的、役割はほぼ同じものとなります。それは、傷んだ髪の毛を補修すること、髪の内部に栄養を与え、浸透させることです。

トリートメントよりもヘアパックのほうが、その効果が高いとされていますので、美容師さんや美容意識の高い方は、髪全体にトリートメント、傷みが激しければヘアパックをさらに使うという方もいます。

ヘアパックの効果は、

  • ダメージヘアの補修
  • うるおいを与え、しっとりとした髪に導く
  • ゴワつき、パサつき、広がりなどそれぞれの悩みに対応

といったことになります。

また、ヘアパックでNGなことは、

  • 頭皮につける
  • すすぎ残し

となります。

ヘアパックは髪の毛のためのものであり、地肌につける必要はありませんし、むしろ毛穴汚れ、つまりの原因ともなります。また、お湯で流してしまうと効果が薄れると思って少しぬめりを残しておくという人もいますが、それも間違いですので、しっかり洗い流すようにしましょう。

ホームケア方法

ホームケア方法
それでは、ヘアパックでホームケアをする方法を説明していきましょう。自己流で行っていた方法が間違っていた、ということも案外あることですので、お客様にもしっかり説明してあげてください。

タオルドライはしっかりと

シャンプーの後にしっかりと髪の毛の水分をタオルでふき取るようにします。余分な水分が残っていますと、せっかくヘアパックをしても水分と一緒に流れ落ちてしまいますので注意が必要です。特に髪の毛の長い方は、タオルでぎゅっと髪の毛を絞って、水滴が落ちてこないようにしましょう。

ヘアパックを髪にもみ込む

ヘアパックを髪の毛にもみ込むようにつけていきます。傷みの激しい毛先から先につけるようにします。髪の毛全体にヘアパックをつけましたら、最後に目の粗いくしなどで梳かして全体的になじませてあげるといいでしょう。またヘアパックは髪の毛のためのものですから、地肌に塗り込む必要はありません。

蒸しタオルで蒸す

頭(髪の毛)全体を蒸しタオルで包み込みます。蒸しタオルと言いますと、用意が面倒に感じるかもしれませんが、お湯で絞ったタオルをレンジで(500wで20~30秒程度)チンするだけで簡単に作れます。レンジによって熱くなりすぎる場合もありますのでヤケドしないように注意してください。

最初は様子を見て短い時間の加熱で試すようにするといいでしょう。また、熱めのお湯で絞ったタオルでも構いません。

放置時間は用法厳守

ヘアパックをして蒸しタオルで頭を包みしばらく放置します。放置する時間は、それぞれのヘアパックの決められた時間を守ってください。効果を高めようと長時間放置するといったことはしないように注意してください。また待つのが面倒とすぐに洗い流してしまうこともないようにしましょう。

すすぎはじゅうぶんに行う

放置時間を過ぎましたら、お湯でヘアパックを流します。この際、すすぎは丁寧にしっかり行うようにしましょう。ヘアパックの効果が薄れるからと、あまりすすぎをせずぬめりを残しておくという方もいますが、それは間違った使い方です。

髪の毛に余計な汚れが残りますし、毛穴汚れ、詰まりの原因、におい、雑菌の繁殖となりやすいですので注意しましょう。

濡れたまま放置は厳禁!

ヘアパックを流しましたら、コンディショナーをして終了ですが、その後の髪の毛を濡れたまま、自然乾燥など放置するのは厳禁です。しっかりタオルドライをしてドライヤーで乾かすようにしましょう。

髪の毛が濡れたままで寝てしまいますと、キューティクルが傷みやすく、におい、雑菌の繁殖といった原因にもなりますし、寝癖もつきやすくなります。せっかくヘアパックでケアしても、濡れ髪のまま寝てしまいますと効果が薄れてしまいますので気をつけてください。

また、髪の毛、頭皮のにおいというのは、自分ではわからなくても周りは気になっていることもありますから、エチケットとしても気をつけたいところです。

ヘアパックは週に2~3回がおすすめ、トリートメントとの併用で美髪を維持

おすすめのヘアパック、ヘアパックのホームケア方法など紹介しました。

ヘアパックとトリートメントの違いは、実はよくわからないという人は多いかと思います。お客様に簡単に説明する時は、トリートメントのさらにグレードアップ、豪華版がヘアパックとお伝えするとわかりやすいのではないでしょうか。

またヘアパックはどれぐらいの頻度ですればいいのかという質問もよく聞きます。通常はトリートメントの使用で、ヘアパックは週に2~3回ぐらいがおすすめです。傷みが気になっていない人は週に1回、傷みが激しい、気になるという人は週に3回など、髪の状態に合わせておすすめするといいでしょう。

ヘアパックは正しい使い方で使っていただきたいものです。すすぎ残し、濡れたままの髪の毛で寝るといった習慣については、注意を促して正しいアドバイスをしてあげるのもプロの役目ではないでしょうか。

カラーやパーマ、日焼けなど、髪の毛は自分たちが思う以上に、日々ダメージを受けています。トリートメントとヘアパックの併用で髪をいたわり、美髪を維持していくようにしましょう。

 
▼最新版「無料カタログ」の請求はコチラ▼
http://www.bitsuhan.com/shop/pages/CatalogClaim.aspx