美容室のシャンプー台

美容室のシャンプー台選びの基本とは?特徴を知って目的に合わせた購入を!

美容室に必要なシャンプー台は、今では種類が複数存在しており、選び方ひとつでお客様の満足度が変わる場合があります。また美容室で働く美容師にとっても、使い心地が気になるところでしょう。高額でもあるシャンプー台は、慎重に選んでおくべきです。そこで選び方だけでなく、特徴について調べてみたので参考にしてみてください。

美容室のシャンプー台の種類

美容室のシャンプー台の種類

よくお客様から「シャンプー気持ちよかった」と言ってもらえるのは、美容師の腕がいいのに加えて、シャンプー台も深い関係があります。お客様の体を支えているのは、紛れもなくシャンプー台だからです。しかしシャンプー台にも種類があり、シャンプーのやり方によって相性が違います。

サイドシャンプーとバッグシャンプーは主流だけに、聞いた経験があるでしょう。今のお客様の要望に応えるために、フルフラットというシャンプー台も、今では注目されています。このようにシャンプー台ひとつをとっても3種類用意されているので、用途に合わせて使い分けたほうがいいでしょう。

シャンプー台の種類にわけて、それぞれ特徴や目的などの情報をまとめてみました。

  特徴 目的
サイドシャンプー お客様の横で髪を洗う 汚れをしっかり落とす
バックシャンプー お客様の後ろから洗う シャンプーなどに集中しやすい
フルフラット 長時間のヘッドスパ向き 気持ちよくマッサージできる

これを参考にシャンプー台を選べば、失敗が少なくなります。

もっと詳しくシャンプー台の特徴について、次の内容を見てみましょう。

サイドシャンプーの特徴

サイドシャンプーというのは、「美容師がシャンプーをする位置が横」になるタイプのシャンプー台です。昔からあるシャンプー台であり、主にしっかり汚れを落とすのが目的に作られています。

壁とシャンプーボールがくっ付いており、一般的なシャワーと同じ仕組みのため、水圧が強めに出るのも特徴のひとつです。他のシャンプー台と比べて力が入りやすいので、ゴシゴシ洗ってもらいたいお客様にとっては、相性のいいシャンプー台といえるでしょう。

ただし美容師の腰や、お客様の首に負担がかかってしまいます。汚れを素早く洗い流すのをメインに作っているため、このデメリットを踏まえて使うようにしないといけません。

バックシャンプーの特徴

サイドシャンプーに比べて、美容師やお客様の負担を抑えられているのが、バックシャンプーの特徴です。シャンプーに集中できるので、現在のシャンプー台では主流になっているでしょう。

シャンプーボールと壁との距離ができており、お客様の後ろから髪が洗えます。またサイドシャンプーに比べて、お客様と美容師との距離も遠いため、お互いがリラックスしてシャンプーができるのもメリットです。ただしシャワーの水圧が弱いため、どうしても汚れが落ちにくいとも言えるでしょう。

主にマッサージをメインで使う人に向いたシャンプー台です。

フルフラットの特徴

バックシャンプーよりも、よりマッサージを重視したシャンプー台がフルフラットタイプです。

お客様が完全に横になれるように、座面がフルフラットになります。そのためお客様の姿勢が楽になり、さらに首の負担も最小限に抑えられるでしょう。ところが機材が特殊な造りをしているため、導入するのにコストがかかります。

もちろんバックシャンプー同様に、汚れが落ちにくいというデメリットもあることから、ヘッドスパ専用機として使っている美容室も多いでしょう。マッサージに特化させた使い方をしたいのなら、フルフラットのシャンプーを使うのはおすすめです。

シャンプー台は「首が痛い」?選び方の基本と重視すべきポイント

シャンプー台は「首が痛い」?選び方の基本と重視すべきポイント

余程のことがない限り、シャンプー台は一度設置すれば、買い替えはありません。だからこそ、選ぶ時は悩んでしまう人が多いでしょう。そこで選び方の基本について紹介するので、参考にしてみてください。

シャンプー台によっては、「首が痛い」という声もあります。それを回避するための注意点についても、次で確認してみてください。

美容室のシャンプー台選びの基本やコツ

美容室のシャンプー台選びでは、上記で紹介した特徴を理解したうえで、探すようにしましょう。特に美容室が目指すべきコンセプトに合わせると、ほとんど失敗はありません。

サイドシャンプー
メリット デメリット
  • 力が入りやすくて洗いやすい
  • 水圧で汚れが落ちやすい
  • シャンプー時間を短くできる
  • お客様の首の負担が大きい
  • 美容師の腰にも負担がかかる
  • お客様との顔の距離が近い
バックシャンプー
メリット デメリット
  • 美容師の腰の負担が少ない
  • お客様の首の負担が少ない
  • 両手が自由に扱える
  • 水圧が弱くて汚れが落ちにくい
  • 首の下が洗いにくい
  • シャンプー時間が長くなる
フルフラット
メリット デメリット
  • 横になっても首が痛くない
  • マッサージに集中できる
  • 少し値段が高いものが多い
  • 汚れが落ちにくい

サイドシャンプー

サイドシャンプーというのは、汚れが早く落ちる特徴があります。つまり回転重視の、「低価格帯美容室」と相性がいいでしょう。

バックシャンプー

バックシャンプーは、お客様の首の負担が少なく、リラックスしやすいシャンプー台です。そのためヘッドスパをよくする個人美容室でも、よく使われています。じっくりシャンプーがしたいのなら、バックシャンプーを選ぶべきでしょう。

フルフラット

フルフラット型のシャンプー台は、ヘッドスパメインで使うシャンプー台です。ヘッドスパブースを作っているのなら、フルフラット型を選ぶと間違いありません。

シャンプー台を選ぶ際の注意点

シャンプー台によって、お客様の負担が違うのは当たり前です。しかし負担と感じる部分は、お客様によっても違うので、美容室のコンセプトやターゲットによってシャンプー台選びをしましょう。

  • リラックスメインで利用する人が多い → バックシャンプー
  • 施術を早く終わらせてほしい人が多い → サイドシャンプー

自己満足でシャンプー台を選んでしまうと、失客の原因にもなってしまいます。気分で選ばないように注意しましょう。

またシャンプー台によっては、「首が痛い」とお客様から言われるケースもあります。これはシャンプー台の高さが関係しているので、意識しておいてください。

基本的にお客様の首が反っていると、首が痛く感じてしまいます。バックシャンプーよりサイドシャンプーが首の負担がかかると言われているのは、これが原因です。高さ調整が簡単なシャンプー台を選ぶと、首の痛みを抑えられるでしょう。

シャンプー台の料金と設置費用

シャンプー台の料金と設置費用

シャンプー台の購入を検討しているなら、相場が知りたい人も多いでしょう。基本的にバックシャンプーやサイドシャンプーは、ほぼ同じくらいの料金で販売されています。つまり料金で種類を決める必要はありません。

シャンプー台の相場としては、バーバラ シャンプーユニット&Sボールスタンドセットを例にして見てみましょう。

バーバラ シャンプーユニット&Sボールスタンドセット
バーバラ シャンプーユニット&Sボールスタンドセット ダークブラウン【送料込み】

シャンプー
ユニット
サイズ:幅660×奥行960~1350×座面高さ750~850mm
消費電力:50W
重量:約49kg
耐荷重:約120kg
シート:PUレザー
シャンプーボール
スタンド
サイズ:幅61×奥行58×高さ86cm
重量:約37kg
※床下給排水溝が必要
カラー ダークブラウン、ライトブラウン、プレミアムブラウン
定 価 416,000円
商品番号 103673

美通販でこの商品の詳細を見る

約25万円(美通販価格)で購入できますが、シャンプー台の価格帯としては比較的安いほうです。高いシャンプー台になってくると、80万円以上するものもあります。主に上記で紹介したフルフラットタイプの、ヘッドスパ用のシャンプー台です。

シャンプー台の相場についてまとめると、25万円~80万円と思っておいていいでしょう。さらに、そこから工事費が発生する場合があります。工事費用の相場としては、10万円~30万円です。

  シャンプー台の費用
シャンプー台単体 25万円~80万円
工事費用 10万円~30万円
合計 35万円~110万円

まとめると、シャンプー台にかかる費用は、35万円~110万円になります。比較的高額になるケースがあるので、シャンプー台を購入する場合は、慎重に選んだほうがいいでしょう。

美容室のシャンプー台選びは用途によって選び方を変えたほうが損をしない

美容室でシャンプー台というのは、必ず用意しておかないといけません。

お客様が横になるため、使い心地を重視するのもいいでしょう。また薬剤を洗い流す役割もあるので、美容師にとっても使いやすいものを選ぶのが基本です。これらのバランスを考えるのに加えて、美容室全体のコンセプトに合わせて選ぶと、失敗が抑えられます。

費用としても高額になる買い物となるので、スタッフも含めて話し合い、慎重に選ぶようにしましょう。
 

美通販.comで
あなたも仕入れ価格でお買い物

美通販.comは美容機器から美容用品、サロンで扱う商品はもちろん、食品から便利品までなんでも揃う通販サイト。お客様の多くは美容関係者さまですが、クリニックやトリマー、マッサージやネイルなど講習を受け、ディプロマ等があれば会員になれます。ぜひお問い合わせください。サロン登録でも、個人登録でもOK!!
ヘアケア商品や化粧品などサロン専売品が卸値で買えるのでとってもお得。会員登録は【こちら】もしくは下↓の画像から。
会員登録詳細はこちらから

メガネ

メガネセキ美容室オーナー、ライター、元美容師

投稿者の過去記事

美容師として8年以上勤務。薬剤で手荒れがひどくなり、美容師を辞めて現在はWebライター。
地元で美容室を経営しつつ、Webの知識で集客も行っています。

新着記事

  1. 白髪 カラー
  2. 髪の乾かし方の基本
  3. 業務用ドライヤー

最新版カタログ

美通販最新版カタログ

お役立ち情報

  1. 美容学生 就職活動
  2. フリーランス美容師
  3. 美容室 クレーム
  4. 卒業式 美容院
  5. ホワイトデー

アーカイブ

PAGE TOP