ヘッドスパに必要な資格とは?美容師免許なしでもOKって本当?

ヘッドスパは、大きく分けて髪を濡らすタイプと、ドライヘッドスパの2種類があります。美容師免許が必要な種類と不要なタイプがあるので、何をしたいかで資格を取得するかどうか判断しておきましょう。少なくとも資格を持っておいたほうが、あなたのヘッドスパへの評価が変わります。迷っているのなら、資格を取得しに動いたほうが無難ですよ。

ヘッドスパ施術に美容師免許は必要?


ヘッドスパの施術をするためには、少なくとも美容師免許を持っておいたほうが安心です。
ただし、厳密にいうと全ての人が、美容師免許を持っておかないといけないわけではありません。
それを知るためには、美容師法を見ておくとわかりやすいですよ。

美容師は「美容を業とする者」をいい、美容師法に基づき厚生労働大臣の免許を得なければならない。美容師の免許を持たないものは美容を業として行うことはできない。なお、業とは反復継続の意思をもって行うことで、有料・無料は問わない。
美容とは「パーマネントウェーブ、結髪、化粧等の方法により、容姿を美しくすること」とされており、染毛やまつ毛エクステンションも美容行為に含まれる。なお、美容師がカッティングを行うことは差し支えない。
出典:厚生労働省『美容師法の概要

美容師免許が必要なのは、美容業務に携わっている人だけです。
つまりヘッドスパに美容師免許が必要なのかどうか判断するためには、そのヘッドスパが美容業務かどうか確認しておく必要があります。

美容師免許の必要性

上記でも紹介したように、美容師免許が必要なのは、美容業務をした時だけです。
ヘッドスパの中には、美容業務でないものが存在しています。

  • 髪を濡らすヘッドスパ⇒美容業務⇒美容師免許は必要
  • ドライヘッドスパ⇒リラクゼーション⇒美容師免許は不要

ヘッドスパには大きく分けて2種類あり、髪を濡らすかどうかで判断されます。
髪を濡らすヘッドスパは、美容師の仕事でもあるシャンプーと同じ扱いになるため、美容師免許がないといけません。

しかし濡らさないヘッドスパに関しては、美容師免許がなくても仕事ができてしまいます。
その理由について、以下で詳しく紹介しますね。

ドライヘッドスパ

美容師免許が必要ないヘッドスパとは、ドライヘッドスパです。

ドライヘッドスパとは、名前のとおり髪を濡らさずに行うヘッドスパ。マッサージのように、お客様を気持ちよくさせるために行う施術となります。
この気持ちよくというのがポイントです。
リラクゼーションが目的になっているので、美容業務ではないと、国は判断しています。

国家資格がなくてもいい施術とはいえ、誰でもできる仕事でもありません。
技術力がないとお客様は気持ちよくならないため、民間が独自で作った資格が用意されており、それを取得している人が担当となると、お客様は満足しやすいでしょう。

民間資格の必要性

国家資格とは、その資格なしでお客様に施術をしてしまった場合は違法となり、場合によっては逮捕されるケースもあるほど大事な資格です。
しかし民間資格の場合、持っていない状態で施術をしても、特に問題はありません。

ただし、必要な知識や技術力がないと、お客様からの不満は大きくなるでしょう。
それを補うために、民間資格が用意されているわけです。
民間資格を取得するためには、必要な知識やテクニックなどを、講習などから学べてしまいます。

資格を取得した場合、お店にその資格証を見えるところに飾っておくだけで、お客様の信頼度が上がるでしょう。

また、資格取得者が別のお店に就職する時に、資格を見せるだけで、お店側の人たちを期待できます。
仕事上必要のない民間資格であっても、使い方によれば、役立つのは間違いありません。
特にヘッドスパは、国家資格が必要ない施術。差別化のためにも、取得しておくと今後の営業で差が生まれますよ。

ヘッドスパの民間資格と費用


ヘッドスパでお客様から満足してもらうためには、それなりの技術力がないといけません。

もちろん美容室で働きながら、先輩美容師を見て覚える方法もアリだとは思いますが、効率的によくないと思う人も多いでしょう。
そこでヘッドスパの民間資格を取得するのがおすすめです。
講座を開いてくれているので、知識が学べるだけでなく、実技まで用意されたものまで幅広く用意されています。
おすすめのヘッドスパの民間資格をまとめてみたので、費用などの詳しい内容を知りたい人は参考にしてみてください。

ヘッドマイスター認定講座

ヘッドマイスター認定講座の詳細
講習期間 7日間(技術講習・技術練習・理論講習・試験)
受講料 388,300円(税込)※教材費・ヘッドマイスター資格認定料込

出典:一般社団法人ドライヘッドスパ協会より

ヘッドマイスター認定講座は、お客様を眠らせるほど、気持ちよくさせるためのヘッドスパが習得できます。
少ない人数でしっかり教えてもらえる仕組みになっているので、ヘッドスパに苦手意識がある人でも安心です。

価格が高いと感じるかもしれませんが、卒業した後でも無料の補講が用意されています。
本格的にヘッドスパを習得したい人こそ、ヘッドマイスター認定講座を活用してしまいましょう。

ヘッドマッサージ資格

ヘッドマッサージ資格:1級講座 ヘッドマッサージ資格:2級講座 ヘッドマッサージ資格:3級講座
講習期間 60分 1日 1日
受講料 59,800円(税込)
※試験料11,000円(税込)
59,800円(税込)
※試験料11,000円(税込)
59,800円(税込)
※試験料11,000円(税込)

出典:一般社団法人日本ヘッドセラピスト認定協会より

ヘッドマッサージ資格は、科学的根拠に基づいて施術をするので、効果が実感しやすいヘッドスパといえるでしょう。

その割に短時間で習得できるように、うまく講習が作られています。
しかし3級まで区切ってくれているので、内容そのものに不満を感じれば、上級者向けの講習を受けるだけでOKです。

こちらも卒業後に、講習会が用意されています。
技術力に自信がない人は、補講を受けてヘッドスパの施術のレベルを上げてしまいましょう。

ヘッドスパニスト養成講座

ヘッドスパニスト養成講座の詳細
講習期間 4日間 ※4日以上に分けることも可能
受講料 ※テキスト代・教材費を含む
  • 一括払い 435,600円(税込)
  • 分割払い 480,000円(税込)
  • 試験料:11,000円(税込)

出典:一般社団法人日本ヘッドセラピスト認定協会より

美容師や理容師の免許を持っている人は、ヘッドスパニスト養成講座を利用してみましょう。

シャンプーの時にも、お客様を気持ちよくさせる方法を教えてくれます。
さらに個人レッスンとなっているので、みっちり技術力を磨けるところもポイントです。

卒業後も動画を見て復習できるなど、仕事が忙しい理美容師も安心。ヘッドスパを主力にしていきたい人は、十分試す価値がありますよ。

ヘッドスパ検定

ヘッドスパ検定:1級 ヘッドスパ検定:2級 ヘッドスパ検定:3級

対象 ヘッドスパ検定2級資格取得者かつ認定スパリスト会員 理容師美容師国家資格取得者 理美容専門学校生(認定校にて実施)
受講料
  • 学科、試験費:15,000円(税込)
  • 実技、試験費:35,000円(税込)
  • 教材費:2,700円(税込)
  • 受講料、試験費:50,000円(税込)
  • 教材費:3,300円(税込)

出典:一般社団法人 日本ヘッドスパ協会より

ヘッドスパ検定は、専門学生を対象とした資格です。
基礎をしっかり学べるので、しっかりヘッドスパの知識や技術を学びたい人は活用してみましょう。

とはいえ、1級になると、営業でも活用できる実践的な技術が身に付きます。
現役の美容師であっても習得して損はありません。
認定書も発行してくれるので、美容師として箔をつけたい人にもおすすめです。

ヘッドスパの開業・経営は美容師免許なしでもできる?

ヘッドスパの需要が上がってきている今こそ、ヘッドスパ専門店を開業したい人も少なくないでしょう。
しかし美容師免許を持っていないと、開業できないのではないかと、躊躇する人もいるはずです。

結論から言ってしまうと、美容師免許がなくても開業できるジャンルがあります。
それはドライヘッドスパ。水を使わず、リラクゼーションを目的としたヘッドスパです。

ドライヘッドスパ 開業届のみ
髪を濡らすヘッドスパ 美容所に関する開業手続き、美容師免許など

このように美容師免許だけでなく、開業届けだけで経営が始められるので、ヘッドスパに自信がある人は試す価値はありますよ。
逆に水を使ったヘッドスパなら、美容師免許どころか、美容所としての届け出が必要になるので気を付けましょう。

ヘッドスパを視野に美容師免許を取るなら

美容師免許があると、種類に関係なくヘッドスパが気軽に活用できてしまいます。

中にはヘッドスパのために、美容師免許を取りたいと考えている人も少なくないでしょう。
美容師免許を取得するためには、必ず美容師の専門学校に通わないといけません。

時間とお金が必要になるため、社会人や主婦などの時間がない人は、学校選びを慎重に行ってください。

  • 実践も学びながら資格取得したいなら通信課程
  • 仕事や家事をこなしながら資格取得したいなら夜間過程
  • 1発で資格を取得したいなら昼間過程 など

このように選び方は様々ですが、学校選びでかなり生活が変わります。
あなたに合った専門学校選びをしてみてください。

ヘッドスパをしたいなら資格を取得しても損はなし!

ヘッドスパを仕事として活用する時は、資格を取得しなくて問題ない場合があります。
ただし、髪を濡らすヘッドスパなら美容師免許は必須です。
技術力を磨きたいのなら、民間の資格を取得しておきましょう。

お客様のほとんどが、ヘッドスパはリラクゼーションとして活用したいので、少なくとも技術力が高いに越したことはありません。
そのために資格を取得しておきましょう。
美容室を変わる時にも資格は役立つので、時間が空いているのなら試してみてくださいね。
 

美通販.comで
あなたも仕入れ価格でお買い物

会員登録のご案内
美通販.comは美容機器から美容用品、サロンで扱う商品はもちろん、食品から便利品までなんでも揃う通販サイト。お客様の多くは美容関係者さまですが、クリニックやトリマー、マッサージやネイルなど講習を受け、ディプロマ等があれば会員になれます。ぜひお問い合わせください。サロン登録でも、個人登録でもOK!!
ヘアケア商品や化粧品などサロン専売品が卸値で買えるのでとってもお得。

【美通販】会員登録詳細へGO!

メガネセキ美容室オーナー、ライター、元美容師

投稿者の過去記事

美容師として8年以上勤務。薬剤で手荒れがひどくなり、美容師を辞めて現在はWebライター。
地元で美容室を経営しつつ、Webの知識で集客も行っています。

新着記事

  1. メンズ 髪色
  2. 美容師になるには

最新版カタログ

美通販最新版カタログ

お役立ち情報

  1. 美容師になるには
  2. 美容師 名刺
  3. 美容師 離職率
  4. 防災チェック
  5. 美容室 消耗品
〇個買うともう1個もらえるキャンペーン

人気のサロン向き雑誌202種

夏アイテムSale!

アーカイブ

PAGE TOP