サロン用ドライヤー

サロン用ドライヤー人気5選!選び方のポイントもご紹介

サロン用ドライヤーと聞くと業務用でプロが使う専用のものと感じますが、実は家庭でもとっても便利にサロン用ドライヤーを使いこなせるのです。家庭用にはないサロン用のものならではの特殊な効果をお伝えしていくので、当記事を参考にサロン用ドライヤーを活用して日々のドライヤータイムをより快適なものに変えてみてはいかがでしょうか。

サロン用ドライヤーと市販のドライヤーとの違い

サロン用ドライヤーと市販のドライヤーとの違い

サロン用のドライヤーと市販のドライヤーは性能が大きく異なります。端的に言えば、サロン用ドライヤーはプロ仕様なので市販のドライヤーと比べると性能がいいということになるのですが、具体的にどのような違いが挙げられるのかをこれから5つまとめていきます。

耐久性

サロン用ドライヤーは1日に何十人もの髪を乾かさなければならないので、家庭用のドライヤーと比べて消耗も早くなります。とはいえ、すぐに壊れてしまっては仕事にならないのでモーター、ヒーター、スイッチなど全ての構造が家庭用のドライヤーと比べると丈夫に作られているのが一般的です。

風力

サロンで髪を乾かしてもらうと家庭で乾かす時よりも早く仕上がりますよね。それはサロンの人の技術でもありますが、風力の出力が家庭用のものと比べると大きく設定されているのです。

大体家庭用のドライヤーの出力が1,000~1,200wだとすると、サロン用のドライヤーは1,200~1,500wくらいに設定されていることが多いです。それだけサロン用のドライヤーはパワフルなので、当然髪も素早く乾くということになります。

重量とコードの長さ

サロン用のドライヤーの1番の特徴はコードの長さと言ってもいいかもしれません。サロンでドライヤーを使用する時はサロン台の左右へと回り込んだ動きをすることになるので、短いコードのものだと動きに制限が出てしまう為、使いにくくなってしまうからです。

自宅で髪を乾かす時に、もう少しコードが長い方が使いやすいのにと歯がゆい思いをしたことはないでしょうか。そんなじれったい気持ちもサロン用のドライヤーならストレスフリーへと変えてくれます。

ただ、風力や耐久性など機能が優れている分、家庭用のものと比べると作りが頑丈で重たいものが多くなっています。近年ではサロン用でも軽めのタイプのものも出ているので可能なら直接手に取って比べてみるといいかもしれません。

保証期間

保証期間はサロン用のドライヤーは短く設定されていることが多いです。なぜかというと、サロンで酷使されることが多く、耐久性に優れているとはいえ、家庭でお風呂上りなどに使うのと比べると早く壊れてしまうからです。

サロン用のドライヤーは保証期間が半年で決められているものが多いですが、中には家庭用のものと同様に1年保証されているものもあります。よく見て長い期間保証がついているものを選んだほうが安心できます。

コンパクト性

ドライヤーといえば2つ折りに折りたたんでコンパクトに保管しておけるものを想像する人が多いかもしれません。しかし、それは家庭用のドライヤーに限ったことであって、サロン用のドライヤーは折りたたむ機能がついていないものの方が多いのです。

家庭用のドライヤーは折りたたんで棚などに収納しておけるように作られていますが、サロン用のものはあくまでサロン内での使用を想定して作られているので省スペースに作る必要がないため、折りたためないのです。

このように、サロン用と家庭用ではどちらのタイプにもそれぞれメリット、デメリットがあるということになります。ただ、商品によって異なるところもあるので、使いたいドライヤーのイメージにより近いタイプのものを選ぶようにしていくのがおすすめです。

サロン用ドライヤー人気5選

家庭用ドライヤーとサロン用ドライヤーの違いが分かったところで、おすすめのサロン用ドライヤー5選を紹介していきたいと思います。それぞれ家庭用の一般的なドライヤーと比べてどのような違いがあるのかを紹介していくので是非ドライヤー選びの参考にしてみてくださいね。

テスコム Nobby(ノビー) NB-1903 1200W

テスコム Nobby(ノビー) NB-1903 1200W ホワイト
高性能フィルターを搭載しているので、ヒーターの中にほこりや髪の毛が入り込みにくくなっているので故障しにくくなっています。従来の製品が60%侵入をカットしているとしたら、こちらの商品のブロック率は85%と大幅にカットできていることが分かります。

また、フィルターも丈夫に作られているので、万一ほこりや髪の毛が絡んでも丸洗いすることが可能です。そして、ドライヤーのグリップが曲面に作られているのでストレスなく握りやすくなっているのも嬉しいポイントですよ。

メーカー テスコム
ブランド Nobby(ノビー)
重 量 約500g(コード含680g)
カラー ホワイト、ブラック
定 価 8,600円

美通販でこの商品の詳細を見る

米正 エバーメイト プロイオンドライヤー 1200W

米正 エバーメイト プロイオンドライヤー 1200W ホワイト
竹炭の遠赤外線と500万個のマイナスイオンで、ただ乾かすだけでなくサラサラに仕上げることができます。ノズルが通常のものだけでなく、細口タイプのものもついているので、ピンポイントに乾かすことができますよ。また、静音設計になっているので夜でも心配せずに使えます。

サロン用ドライヤーにしては軽量になっているので、負担も少なくなっています。

メーカー 米正
ブランド エバーメイト
重 量 約420g(コード含625g)
カラー ホワイト、マットブラック
定 価 6,800円

美通販でこの商品の詳細を見る

パナソニック プロドライヤー EH-PD50-K(1200W)

パナソニック プロドライヤー EH-PD50-K(1200W)
パナソニックから発売されているサロン用ドライヤーです。「乾爆風」と謳い、highモードでは1.1m3/分のパワーで乾かすことができます。従来品と比べて軽量化も実現しているのでストレスなく使用していくこともできます。ロック機能もついた冷風スイッチへの切り替えでスピーディーにヘアセットをしていくことができますよ。

メーカー パナソニック
ブランド EH
重 量 約460g(コード含650g)
サロン価格 7,700円円

美通販でこの商品の詳細を見る

ルーヴルドー 復元ドライヤー

ルーヴルドー 復元ドライヤー
熱に頼らない振動気化方式のドライヤーです。そのため、低温でも髪を乾かしていけるので、熱によるダメージで髪を傷めてしまう心配がありません。

キューティクルを引き締めて、潤いとまとまりを与える「マイナス電子」と温熱効果をもたらす「育毛光線」が搭載されており、乾かしながら艶のある髪へと復元していくことを叶えてくれる新感覚のドライヤーです。熱で髪の水分が飛ばずに、水分量をキープしながら乾かしていけるので、しっとりとまとまりのある髪に仕上がります。

メーカー LOUVREDO
重 量 715g
定 価 15,700円

美通販でこの商品の詳細を見る

GMJ アイエアー ケアライズドライヤー(750W)

GMJ アイエアー ケアライズドライヤー(750W)
吹き出し口に蜂の巣状になっている独自開発の特殊セラミックスを内蔵しているので、最高水準の遠赤外線の発生を叶えることができました。さらにセラミック焼き付け塗装を施した発熱コイル効果でダブルの遠赤外線が発生するように工夫されているドライヤーです。

独自の技術により、風の中の遠赤外線放射率が98%とかなりの高水準で遠赤外線効果が期待できるので、髪の内部までしっかりと潤いをキープすることができます。髪の水分を奪うことなく、適度な水分を保ったまま乾かしていけるので髪の熱によるダメージも発生しにくく、サラサラの美しい髪に仕上げることができます。

遠赤外線は、ダメージ抑制効果だけでなく、頭皮の細胞を活性化させる効果も期待が持てるので、血行が良くなって新陳代謝もアップします。遠赤外線には抗菌作用もあるので、頭皮のトラブルを持つ人にもおすすめできるドライヤーですよ。

メーカー GMJ
重 量 約485g(コード含665g)
定 価 18,000円

美通販でこの商品の詳細を見る

サロン用ドライヤーの選び方

サロン用ドライヤーの選び方
サロン用ドライヤーの金額もピンキリですが、家庭用のドライヤーと比べるとお値段が張るものが多いです。一度ドライヤーを買うと不具合が出るまではなかなか買い替えるものではないので、慎重に選んでいきたいところですよね。

先ほど、実際のサロン用ドライヤーのおすすめ品を紹介致しましたが、ドライヤーによって特色が異なってくるので、どの機能を重視するかがポイントとなってきます。髪を傷めにくいことを重視するのか、コードが長くて扱いやすいことを重視するのかなどで選ぶドライヤーが変わってくるのでまずは望むドライヤーの機能を明確にしておきましょう。

あとは、金額的な問題ですが、サロン用のドライヤーの購入しやすい価格帯のものとなると大体5千円から1万円程度が目安となります。

サロン用ドライヤーは、サロンでも注文できますし、ネット通販でも注文することができます。ただ、可能であれば直接手に取って重さや性能などを確かめてから購入すると安心ですよ。

サロン用ドライヤーはプロしか買えないの?

サロン用ドライヤーはプロでなくても購入することができます。楽天やAmazonなどの有名ネットショップでも取り扱われているので、気になるドライヤーを見つけたら注文してみましょう。

  • 耐久力
  • 風力
  • コードの長さ
  • 付属機能

などサロン品質のドライヤーならではの優れたポイントがあるので、ただ髪を乾かすだけでなくプラスαの要素を求める方は是非サロン用ドライヤーを選んでみてくださいね。

サロン用ドライヤーならではの機能を求めよう!

サロン用ドライヤーは、普段家庭でドライヤーを使っていて「もっと〇〇だったらいいのに」と思うポイントもカバーしてくれるプラスαの要素をもっています。遠赤外線効果や振動気化方式など珍しい効果を備えながらも、そこまで高価ではなく家庭用としても購入できる価格帯で購入することができるのでおすすめです。

サロン用ドライヤーと聞くと、家庭使いには向いていないように感じるかと思いますが、そんなことは全くなく、むしろこれまで感じていたストレスを晴らしてくれるので、こだわりの強い人ほどサロン用ドライヤーは適しているのです。

家庭用ドライヤーには備わっていない機能を求めるならサロン用ドライヤーも視野にドライヤー選びをしてみてはいかがでしょうか。

最新版「無料カタログ」の請求は
コチラから

サロンチャート編集部

サロンチャート編集部

投稿者の過去記事

美容業界に関わる全ての方へ、最新事情やお役立ち情報を中心にご紹介してまいります。
美に敏感な一般の方々に向けた理美容に関する情報も発信していきます。

新着記事

  1. 化粧下地 毛穴
  2. アロマテラピー検定
  3. カットコーム

お役立ち情報

  1. 美容師になるには
  2. 8月 売上
  3. フリーランス美容師 集客
  4. 美容師 手荒れ
  5. 美容師 悩み
PAGE TOP