アイブロウリストになるには

アイブロウリストになるには?眉カットも美容師免許が必要

眉を綺麗に整えるアイブロウリストは、現在ではまだ数が少ないかもしれません。流行の形がある眉は一般的に自分で整える人が多いですが、実は自分で整えるのは意外と難しくそういった意味でアイブロウリストはこれから必要とされる職業です。
アイブロウリストになるにはどうすれば良いのかということについてご説明します。

アイブロウリストってどんな人?

アイブロウリストってどんな人?

アイブロウリストは自分でケアするとボサボサになってしまいがちな眉を綺麗にする仕事をしている人のことを指します。

最近では眉に気を遣う人が増えている一方で、眉を上手に整えることができない人も多くいます。つまり、アイブロウリストはそのような人たちの悩みを解消するサービスを提供する人だということになります。

アイブロウリストの仕事とは

アイブロウリストの具体的な仕事は眉を整える専門家ですが、アイブロウリストになるためには眉を整える技術が高いだけでは施術を行ってはいけないとされています。アイブロウリストの仕事を行うには国家資格である美容師免許が必要です。

最近は専門のサロンも増えていて、アイブロウリストとしてそのような眉専門のサロンで活躍する人も多くいます。もちろん、美容室でも眉カットというメニューはあります。

しかし、同じ眉カットでも眉専門のサロンの方が理想の形に近付けてくれる専門職の人が多く失敗が少ないため、美容室で眉を整えるのではなく眉専門のサロンの利用者が急増しています。

そのような眉専門サロンには、メンズ専門のサロンもあります。したがって、お客様の希望通りの眉に仕上げるのがアイブロウリストの仕事と言えます。

給与や待遇面

アイブロウリストになりたいと思う人が気になることのひとつに、アイブロウリストの給与や待遇面が挙げられます。アイブロウリストの給与はサロンにもよりますが、未経験でも22万円以上と美容師よりも少し高い給与形態になっています。

また、シフト制で賞与年2回など会社員のような待遇の眉専門サロンもあります。ただし、休日はシフト制なので会社員より少なめである可能性もあります。

アイブロウリストにはどんな資格が必要?

アイブロウリストにはどんな資格が必要?

アイブロウリストになるには、まず美容師免許を取得することが必須とされています。なぜなら、アイブロウの資格は民間資格しかない現状があり、お客様にメイクをしたり眉のカットなどの施術を行う場合には、国家資格を持っていなければいけないということが定められています。

したがって、施術内容は眉をメインとしているイメージは薄いかもしれませんが、国家資格である美容師免許を取得しなければアイブロウリストにはなれないということになります。

逆に、アイブロウリストになるにはアイブロウの資格は民間資格なので必須ではありませんが、就職する時にアピールできる強みとなるので取得しておいたほうが良い資格のひとつだと言えます。

必要になる専門知識

アイブロウの資格は必須ではないと言っても、プロのアイブロウリストとして施術をする上で未経験のまま施術をする訳にはいきません。

眉のカットや眉を整えること自体は一般人が自分でも行いますが、アイブロウリストになるには場合によっては眉を脱毛したりお客様の希望通りの形にしなければいけないので、骨格など眉を整えるための勉強は最低限でもしておかなければいけないのです。

アイブロウリストは美容師と同じように専門職でもあるので、必要になる専門知識は学んで知識と技術を身に着けてから、一人前のアイブロウリストとしてお客様に施術ができるようにならなくてはいけません。

どこで学ぶ?

美容師と異なってアイブロウについてどこで学んだら良いかがわからないという人も少なくないかもしれません。

アイブロウリストになるには、スクールで学ぶのが近道です。アイブロウのスクールは複数あり、その中でコースを選んで受講することになります。自分の眉だけを整えるのであれば基礎のコースで十分かもしれませんが、アイブロウリストになるにはプロになりたい人向けの応用までをしっかりと学べるコースを受講するべきです。

どのスクールを選ぶかは資料を請求してみて、比較した上で自分に合ったスクールを選んで知識や技術力を高めていくのが良いでしょう。

資格を得た後の就職先

資格を得た後の就職先

資格を得た後はその資格を活かせるような就職先を探すことになりますが、アイブロウリストとしての求人では就職先としていくつかのキャリアを考えることができます。

例えば、眉毛専門サロンを選べば自分のやりたいと思っていたアイブロウの仕事を専門としてキャリアアップしていくことができるでしょう。また、美容室で美容師免許も活かしながらアイブロウの技術も磨きたいという場合には、美容室に就職するのもひとつの方法です。

さらに、自宅開業を検討している人もいるかもしれませんが、これはある程度のキャリアをサロンで積んでから検討するべきだと言えます。

眉毛専門サロンへの就職

眉毛専門サロンへの就職は、アイブロウのスクールに通学して講座を修了したり、アイブロウの民間資格を取得した人であれば比較的簡単にできるでしょう。

眉毛専門サロンではアイブロウの知識が深かったり、技術がある人の方が優遇される傾向があります。それでも、実務経験がなければ不安に思う人も少なくないでしょう。そういった点では、眉毛専門サロンへ就職した後でもしっかりと研修や教育をしてもらうことができるので、安心できます。

眉毛に携わる仕事に専門的に関わっていきたいという人は、まずは眉毛専門サロンへ就職して経験を積むことで知識や技術をさらに向上させていくことをおすすめします。

美容室への就職

アイブロウリストとしての仕事だけでなく、せっかく取得した美容師免許も活かしていきたいと考えている人におすすめなのが美容室への就職です。

今後のキャリアでアイブロウリストを目指すべきか、それとも美容師としてヘアの仕事をメインに行いながら眉カットの仕事もしていくべきか、まだ悩んでいる人は美容室で働きながら決めていくべきかもしれません。

美容室に就職してしまうとアイブロウリストとしての仕事は極端に減ってしまうかもしれませんが、眉毛を整えたいお客様が来店された際にはアイブロウの知識があるということで美容室が率先して任せてくれる可能性も高いです。

美容室で働いてみて、やっぱり眉専門の仕事がしたいと思ったら、眉毛専門店への転職を検討しても遅くはありません。

自宅サロンを開業

専門職の資格を取得した人の中には、自分のお店を持ったり自宅サロンを開業するという夢をもっている人も少なくないのではないでしょうか。

自宅サロンを開業することを検討している人もいて、アイブロウのスクールの中にはそのサポートまでを行ってくれるところもあります。しかし、アイブロウのスクールではプロとして一人でやっていくには学んだ期間が短すぎるとも言えます。

したがって、もう少しプロとしての実績が長い人の下で学んでから自宅サロンを開業したほうが良いと言えます。

将来的には自宅サロンを開業するという目標があると、仕事に対してのやる気もさらに大きくなります。最初のうちはしっかりと就職したサロンで学び、将来はスクールのサポートを受けながら自宅開業を目指すのもおすすめです。

アイブロウリストの可能性を広げるためにも資格取得を!

アイブロウリストになるには、一番重要なのは美容師免許を取得していることです。しかし、それだけではアイブロウリストとして活躍するためには知識としても弱い部分があります。将来の夢がアイブロウリストであるなら、やはり眉毛専門のスクールで学ぶべきです。

もちろん、美容師の資格を既に取得していることで美容室で働くというキャリアを選ぶことも可能なので、美容業界全般に興味がある人は将来の可能性をできるだけ広げておきましょう。

美通販の会員登録の説明

カタログ内にもお得な情報満載!
会員登録詳細へGO!

サロンチャート編集部

サロンチャート編集部

投稿者の過去記事

美容業界に関わる全ての方へ、そしてそれだけでなく美に敏感な一般の方々に向けたお役立ち情報も発信していきます。

新着記事

  1. 2月 売上
  2. 美容師 また来てほしい客
  3. カットウィッグ

お役立ち情報

  1. 美容室 助成金
  2. 移動美容室 許可
  3. 髪 乾燥
  4. 管理美容師
  5. 美容室 リピーター
PAGE TOP