2022年のトレンドメイクは?春夏パリコレや10代の予測から検証

2022年春夏はどんなトレンドメイクが主流になるのか!密かにワクワクしている女性もいる事でしょう。「長いマスク生活でメイクのレパートリーも増えない…」と嘆いている方もいるのではないですか?いつの間にかメイクに消極的になってしまった女性もいるでしょう。そんな中、今春のトレンドメイクは常識の殻を破ったようなチャレンジメイクになりそうです!ファッションやメイクの宝庫であるランウェイや、SNSなどを背景にまとめてみました。

近年のトレンドメイクは「ナチュラル」から「派手め」に移行


近年のトレンドメイクは自然なナチュラル志向から派手志向に変化しています。その背景に、明るめで派手なメイクを施したK-POPブームがあげられるでしょう。お隣の韓国では「オルチャンメイク」などと呼ばれるようなフンワリとしたピンクメイクが流行りました。日本人もそれに魅了され、メイクカラーレパートリーが増えたのです。

「Y2Kファッション」の再熱も2022年のメイクトレンドのポイント

2000年代に流行した「Y2Kファッション」それに伴い、キラキラのメイクも流行しましたね。そんな過去の流行メイクが2022年のメイクとして再熱しそうです!2022年は、さらに派手目なメイクスタイルで一層クリエイティブに仕上げたスタイルで、パワーアップです。巣ごもり生活で楽しめなかったファッションやメイクを今春こそは爆発させたいですね。

2022年は「派手」+「Y2K」のグリッターメイクに注目


2022年は派手さとY2K が融合した煌びやかなグリッターメイクで楽しみましょう。トレンドの主役でもあるアイメイクは、すでにグリッターメイクに相応しいキラキラ感満載のメイクグッズが揃っています。輝かしいアイシャドウ、マスカラ、アイラインなどいつもとは違うカラーをセレクトしてみてはいかがでしょうか。昨年はマスク生活でリップメイクに疎遠だった方も多いですね。今年はアイメイクと同じようにグリッター風の唇にも注目です。マスクを外した瞬間に見せるグリッターリップメイクはとってもセクシーです。

グリッターメイクで目元を華やかに

今年は華やかに、煌びやかに見せるアイメイクが主流になりそうです。グリッターや、ラインストーンなどを使ったキラキラメイクでとにかく派手に仕上げます。目元だけでなく頬や髪などを彩るフェイスジュエリーやヘアグリッターなどでフェイス周りをキラキラにする事も忘れずに!

グリッターメイクはリップにも取り入れやすい

グリッターメイクはリップにも取り入れやすいと言えるでしょう。唇にグリッターを加える事で、存在感あるリップメイクが完成します。唇のキラキラ感は、若さや希望などを主張するため、コロナに負けない前向きなメイクに近づける事ができますね。

10代女性の予測から見る2022トレンドメイク


InstagramやTwitterなど、様々なSNSを介して伝わるファッションやメイク。その中で最も影響を受けているのが10代女性です。しかも、モデルやタレントなど芸能人からの発信だけではありません。最近は一般女性がTikTokなどで配信する最新メイクに注目が集まっています。そんな10代はどのようなトレンドメイクに関心を持っているのでしょうか。

10代が注目するのは「囲み目メイク」

10代が注目するのは、お馴染みの「囲み目メイクです。囲み目メイクといえば、パリコレなどのモデルがかっこよくきめているイメージがありますね。見る側からすれば、プロ仕様のインパクト高いアイメイクだと言えるでしょう。一方で囲みメイクを「古くさいメイク」「よほど上手く仕上げないとタヌキ顔になってしまう」として苦手意識を持つ若者も少なくありません。そんな囲み目メイクの魅力やメリットを知り、チャレンジする事がメイクの楽しさを得るチャンスです。

囲み目メイクの魅力・メリット

囲み目メイクの魅力やメリットは次のようなものです。

  • 目を大きく見せる事ができる
  • インパクトのあるメイクに仕上がる
  • ミステリアスな冒険メイクができる
  • 一重、奥二重のイメージを変えることができる

このように自分をガラリと変えたい思いがある人にとっては絶好のアイメイク法と言えるでしょう。

囲み目メイクの基本的なやり方・ポイント

 
囲み目メイクは「一重や奥二重には難しいイメージ」「失敗しそう」などのイメージを持っている方もいるでしょう。いっけん難しそうですが、簡単な囲み目メイクのやり方もあるのです。他にも、韓国風・モード風など様々な囲み目メイクがあるため、T P Oに合わせてチャレンジしてみましょう。

初心者必見!囲み目メイク

「囲み目メイクは難しい」と思っている方も多い中、初心者でも簡単にできる囲み目メイク法をご紹介します。

  1. アイライナーやアイシャドウが滲んだり寄れたりしないように、目周りのスキンケアはしっかり馴染ませる
  2. まぶた全体のくすみをファンデーションやコンシーラーで整えておく
  3. ペンシルアイライナーで目の上下粘膜ギリギリに優しいタッチで入れる
  4. ペンシルアイライナーが難しい方は、ブラウンやグレー系のアイシャドウをチップの先を使って描くと良い

韓国風囲み目メイク

アイラインでぐるりと囲むというイメージの囲み目メイク。「オルチャンメイク風」にアレンジすれば、普段メイクにも使えますし、目元に柔らかさが出ます。

  1. まぶた全体に明るめのベージュ系アイシャドウをのせる
  2. 二重部分には、1でつけたカラーよりも濃いめカラーをのせ、最後に指で境目をぼかす
    ※グラデーションをつける
  3. ライトブラウンのペンシルアイライナーをまつ毛とまつ毛の間を埋めるようにひく
  4. 2㎜程度目尻をキュッとはねるようにアイライナーを描く
  5. 下まぶたも同じように瞳から目尻側に向けて描く
  6. マスカラは使わず、ビューラーだけでまつげをカールさせる
    ※圧迫感のない囲み目メイクにするため

春夏コレクションランウェイから見る2022トレンドメイク


2022春夏コレクションのランウェイは言うまでもなく、世界のファッションを象徴する絶好の場といえます。そんなランウェイはファッションだけでなく、トレンドメイクの発祥の場としても大注目と言えるでしょう。今年のランウェイの傾向から、斬新で煌びやかなアイメイクが主流になる事が予想されます。また、リップメイクも復活の兆しを見せています。これまでは、マスク生活でアイメイク中心が主流でしたが、今年は口元のオシャレにもワクワクしそうです。

春夏コレクションはナチュラルよりばっちりメイク

これまでは、巣ごもり生活などもあり、ナチュラルメイクが主流になっていました。今年は大胆なアイメイクや、リップでコーディネートする大胆メイクにチェンジする女性も多くなりそうですよ。

春夏コレクションで見る2022トレンドアイメイク

春夏コレクションでは、2022年を象徴するようなアイメイクが続々と披露されていました。ここで、いくつかのトレンドアイメイクをご紹介いたします。

大胆なグラフィックアイライン!

アイラインは一本だけ…という常識を覆したのが大胆なグラフィックアイライン!ブルー、パープルなどの2本〜3本のカラーラインを主体にアート感覚なラインを描きます。
2022年は大胆で派手にいこう!というファッションやメイクの意気込みが現れていますね。

春らしいパステルメイク!

毎年、パステルカラーのアイカラーが定番になります。今年も紛れもなくあらゆるパステルカラーが流行るでしょう。その中で最も注目されるカラーは、「ベリーペリ」というラベンダー系カラーです。青みが強めに出るタイプなので、肌も綺麗に見せる事ができるでしょう。

セクシーなジューシーアイメイク

濡れたような艶感を醸し出すジューシーアイメイク。色気や上品さを主張するアイメイクとして釘付けになる女性もいる事でしょう。十分に目元の保湿をする事でジューシーアイメイクが更に美しく仕上がります。

春夏コレクションで見る2022トレンドリップメイク


ランウェイで話題になったリップメイクをいくつかご紹介いたします。マスク生活が落ちついたらぜひチャレンジしてみたいものばかり!普段のメイクにも取り入れてみてはいかがでしょうか。

ツートンリップ

敢えて2つのカラーを使用する事でメリハリのある唇を演出します。ランウェイではダークカラーで輪郭をえがき、その中心にはビビットカラーをのせたリップメイクが披露されました。

ブルーリップ

囲み目メイクと合わせたブルーリップに注目です。スポーティなファッションに合わせたブルーリップがなんとも未来的な印象を与えてくれます。

スパンコールリップ

大粒スパンコールをリップに散りばめたメイクスタイルです。スパンコールの華やかさが希望に満ちた若者の心理を反映しているようです。

2022年のトレンドメイクを先取りしよう

時代の流れとともに変化するトレンドメイク!今春は控えめなメイクから派手メイクへと大胆に移行する事間違いなしです。これも、コロナで沈んだ気持ちを再燃させようとする気持ちの現れなのかもしれませんね。今春は、グリッターやパステルなどの質感やカラーを多彩に使って楽しく過ごしたいものです。

 

美通販.comで
あなたも仕入れ価格でお買い物

会員登録のご案内
美通販.comは美容機器から美容用品、サロンで扱う商品はもちろん、食品から便利品までなんでも揃う通販サイト。お客様の多くは美容関係者さまですが、クリニックやトリマー、マッサージやネイルなど講習を受け、ディプロマ等があれば会員になれます。ぜひお問い合わせください。サロン登録でも、個人登録でもOK!!
ヘアケア商品や化粧品などサロン専売品が卸値で買えるのでとってもお得。

【美通販】会員登録詳細へGO!

ユミ元ビューティーアドバイザー

投稿者の過去記事

国産化粧品の美容部員を10年勤めました。
百貨店から化粧品専門店まで、様々な店舗勤務を経験しています。現在は、専業主婦をしながら在宅WEBライターとして美容系記事を中心に執筆活動をさせていただいています。美容に関する新鮮な情報を発信できたらと思います。

新着記事

最新版カタログ

美通販最新版カタログ

お役立ち情報

  1. 美容師になるには
  2. 美容師 名刺
  3. 美容師 離職率
  4. 防災チェック
  5. 美容室 消耗品
〇個買うともう1個もらえるキャンペーン

人気のサロン向き雑誌202種

夏アイテムSale!

アーカイブ

PAGE TOP