美容師 副業

美容師も副業が当たり前?おすすめの職種とメリット・デメリット

美容師を辞めていく原因のひとつに「給料面の低さ」があります。実際問題、美容師の平均年収は約300万円と社会的に低いのも事実。そのため、最近では美容師が副業を始めるケースが多いです。
そこで今回は、美容師の副業でおすすめの職種とメリット、デメリットをシェアしていきたいと思います。

美容師は副業禁止。それでも副業が人気の理由

美容師は副業禁止。それでも副業が人気の理由

美容師の副業に関しては禁止の美容室がまだまだ多いです。副業禁止の理由として2つ挙げられると思います。

  1. 「副業=本業を疎かにしている」というふうに思われる
  2. 「本業に時間が取られ副業をする時間がない」

この2つの理由と一緒に、美容師の給料や副業禁止の美容室で副業をしてバレた際に起こるリスクについて解説をします。

美容師の副業は給料が低いことが理由?

先ほども紹介しましたが、美容師の平均年収は300万前後です。一般的な会社員が400万~500万と言われているので、平均よりも低い数字になっています。さらに会社員だったらパソコンなどが仕事で支給されるのは当たり前ですが、美容師のハサミなど仕事道具は自腹を切らなければなりません

給料も低いうえに出費が高いので、下積み時代の美容師が月に使えるお金は微々たるものです。しかも、スタイリストになっても売上を上げないと給料アップが見込めません。この点から考えて、少しでも副業で稼いで生活にゆとりを持たせようとする美容師が増加しているのかもしれません。

美容師の副業は本業をおろそかにしている?

美容師は手に職をつける専門職というジャンルです。美容師が技術向上するためには毎日の練習が非常に大事になってきます。なぜかというと、その練習で培ってきた技術を日々のサロンワークに活かして仕事をするからです。

こういった「日々練習!」のような背景もあり、一部の美容師からは練習をせずに副業をすると「副業=本業をおろそかにしている」と思われてしまうんです。さらに、スタイリストが営業終了後に練習していてアシスタントが副業で帰るとなると、軋轢(あつれき)が生まれかねません。

私自身も副業する際には最低限、スタイリストになってからだと思います。

もし、副業をするならオーナーに確認をとり「本業での結果」「スタイリスト以上である」の2つが必要になってくるでしょう。ただ単に「美容師の給料が少ないから副業する!」では、美容室からOKが出るのは難しいと思います。

美容師が副業をできないのは時間がないから?

美容師が副業する上で問題になってくるのが「時間の確保」です。

美容師はサロンワークに加え、自分自身や後輩の練習も見るのが一般的。そのため、どうしても朝から夜まで美容室に拘束されてしまいます。さらに休みの日には、講習会などに行くことも多いのでなかなか時間の確保ができません。つまり、多くの美容師は副業をしたくても時間の確保ができないのが現状です。

最悪、睡眠時間を削って副業をしないといけなくなります。睡眠時間を削れば本業のパフォーマンスも落ち、影響が出るので本末転倒です。副業をするのであれば時間の確保がしやすい美容室に就職しましょう。

例を挙げると以下のような美容室が理想的です。

  • 全員スタイリストの美容室で後輩のレッスンを見なくて良い
  • フリーランス美容師のみのシェアサロン
  • 完全週休二日制の美容室

この他にも「副業自体が美容室の売上に直結している」なども良いと思います。

美容師の副業がバレるとどうなる?

副業禁止の美容室で副業をした場合に気になるのが、バレたときだと思います。みなさんの「美容師 副業 バレる」などで検索した経験があるのではないでしょうか?

大前提で美容師が副業禁止の美容室で副業をするのはおすすめしません。

副業をしたい場合は、オーナーに一度確認を取ってからしたほうがいいでしょう。副業禁止の美容室で副業がバレたらクビになる可能性が高いです。

さらにクビにならずとも今までのように他のスタッフと接しづらくなるので、結果的にやめてしまうケースもあります。そんなリスクはあるけど、それでも収入的に厳しいので副業がしたい人も多いはず。

美容師で副業をした際にバレるパターンは大きく分けて以下の2つだと思います。

  • 偶然、働いているのが見つかってしまう
  • 美容室以外の収入があるので住民税などが変わってバレる

これをクリアしない限り、副業禁止の美容室で副業することは難しいです。この2つについての対処法を簡単に説明します。

副業で見つからないようにする方法

美容師で副業が見つからないようにするために守って欲しいのはこの3つ。

  • 友人に副業していることを言わない
  • 生活圏から離れた場所で副業をする
  • 接客業はやめる

よく、友人に副業をしていることを言う美容師がいます。人に話せば何かしらの形でバレるリスクが上がってしまうのでやめましょう。

あと、職場や自宅付近での副業も当たり前ですがダメです。お客様から発見されてしまう場合があります。

最後に副業で接客業をするのは危険です。ついつい、普段の美容師という接客業のスキルを活かして飲食などを副業に選ぶ美容師が多いです。対面式の接客業は、やりやすいかもしれませんが副業がバレるリスクが高すぎます。

さらに、その副業を自宅付近でやっていたら確実にバレます。生活圏以外に移動して副業するのが難しい場合は、工場など人と接する機会が少ない業種が理想的です。

美容師の副業が税金でバレる場合の対処法

美容師の副業が住民税などの変化でバレてしまう場合の対処法です。

副業をすると収入が上がるので住民税なども変化してしまいます。その結果、勤めている美容室の経理から指摘されてバレる可能性が高いです。

特別微収と言って通常、住民税は会社で給料から天引きされます。会社があなたの代わりに住民税を払っているということです。つまり、住民税の変動をバレないようにするためには副業分だけ自分自身で収めればOK

副業の所得は確定申告で市町村に納める普通微収に変えましょう。詳しくは各都道府県の税務署に確認をしてみるのをおすすめします。

美容師におすすめの副業とメリット・デメリット

美容師におすすめの副業とメリット・デメリット

気になる美容師におすすめの副業とメリット・デメリットを紹介したいと思います。

私自身、美容師をやりながら様々な副業をしてきました。現在は美容師をしながら副業でウェブライターとして活動しています。今回の記事を書くにあたって、ネットで美容師の副業に関してリサーチもしてみたのですが、目を疑うような副業が多かったです。

実際に、私の体験談も踏まえて紹介していきますので参考にしてみてください。

美容師におすすめの副業①
ウーバーイーツ(デリバリー)

美容師の副業でおすすめしたいのがUber Eats(ウーバーイーツ)です。私は福岡在住なんですが、福岡にウーバーイーツが導入されてすぐに始めました。当時と比較すると時給が下がりましたが、1,000円前後くらい稼げると思います。それでもウーバーイーツは非常におすすめです。

メリットとデメリットを紹介します。

ウーバーイーツのメリット
  • 朝でも夜でも時間関係なくできる
  • 自分の気分次第でやめてもいい
  • 運動になる

ウーバーイーツは朝でも夜でも、稼働時間内であればいつ始めてもいいです。「少し疲れたな」と思ったら、辞めてもOKなので自由度が非常に高いと言えます。さらに、運動にもなるので気晴らしにもなり意外と楽しいです。

ウーバーイーツのデメリット
  • 自転車を購入しないといけない
  • 身バレしやすい
  • 流行りの副業である

ウーバーイーツをするならロードバイクのような自転車があったほうがいいです。もちろん、普通の自転車でもいいんですが体力的にキツくなります。

あと、生活圏内でのウーバーイーツになるのでバレやすいです。ウーバーイーツをするなら、副業がOKの美容室か、人の少ない夜に稼働しないといけません。

最後に、ウーバーイーツのようなデリバリーサービスは一貫性のもので終わる可能性があります。この先、ずっとウーバーイーツをやると考えると難しいです。

ウーバーイーツは、とりあえずサクッと稼ぎたい人におすすめの副業といえます。

美容師におすすめの副業②
ヘアセット専門美容室

ヘアセット専門店と聞いて「美容師なのに別の美容室で働くの?」と思われた人も多いのではないでしょうか? 実はヘアセット専門の美容室での副業がかなりおすすめなんです。

ヘアセット専門店のメリット
  • 美容師のスキルが使える
  • スキルの向上になる
  • お客様になってくれる可能性がある

ヘアセット専門店で美容師が副業をするなら仕事が休みの日になると思います。休みの日と考えたら週に1回程度の副業ですね。

ヘアセット専門店での副業だと、普段の美容師としての活動の延長線上でできます。そこを考えると、全くの素人ではないのでやり易いかもしれません。

さらにご存知かもしれませんが、ヘアセット専門店の美容師のスキルは非常に高く、勉強にもなります。ヘアセットを担当したお客さんと関係性を築けば、お客様として美容室に来店もしてもらえる可能性も高いです。

副業で収入を得ながら集客もできるので、一石二鳥と言えます。

ヘアセット専門美容室のデメリット
  • 週に1回の副業が限度
  • ヘアセットの練習をしないといけない

ヘアセット専門店で副業する場合は、メインの美容室が休みの日になると思います。そのため、週に1、2回が限界です。

あと、美容師としてのヘアセットの技術が低い人は、練習もしなければなりません。とらえ方を変えれば、ヘアセットがうまくなるチャンスです。しかし、人によっては「副業でも美容師の技術練習はしたくない」と思われる方もいるかもしれません。

美容師におすすめの副業③
YouTuber

みんなが知っているYouTubeですが、かなりおすすめです。ただし、YouTuberになって広告収入で稼ぐという意味ではありません

YouTuberのメリット
  • 美容室への集客になる
  • 美容室から副業として認めてもらいやすい
  • 情報の発信力がつく

YouTuberとして髪に関する情報を発信すると、お客様として来店してもらえます。来店してもらうことで売上がアップするので結果的に給料が上がるんです。今まで紹介した副業と違い、本業である美容師の給料を上げるための副業という位置付けになります。

さらに美容室のオーナーからしても、美容室自体の売上が上がるメリットがあるので承認をもらいやすいです。

YouTuberとして情報発信をしていると、InstagramやTwitterなど他のSNSでの発信力が身につきます。

 

YouTuberのデメリット
  • 広告収入は当てにならない
  • 顔出しをしないといけない
  • 編集などの時間がかかる

YouTuberとして美容師が副業しても広告収入を稼ぐのは正直難しいと思います。実はYouTuberで広告収入を得ているのは、全体の約20%とかなり狭き門です。もし上位20%に入っても、月単位で数千円いくかどうかのレベルなので、広告収入を当てにしてやるのはおすすめしません。

さらに美容系YouTubeをするなら、できるだけ顔出しが必須になってきます。集客としてYouTubeを使う場合、お客様からしたら顔も知らない美容師さんに担当して欲しいとは思わないからです。

最後にYouTubeは動画編集をしなければなりません。現在ではスマホを使った編集もできるので隙間時間をうまく活用しましょう。

ウェビナー講師募集

美容師の副業で絶対にやってはいけないジャンル

美容師の副業でおすすめしないジャンルを紹介します。

  • 時給が低いアルバイト
  • 広告収入型の副業

低賃金でするバイトはやめましょう。体力的にもきつくなりますし、ヘアセット専門店のようなスキルも身につきません。

ブログのような広告収入型の副業もやめたほうがいいです。広告収入で稼ぐには、専門的な知識やスキルが必要になってきます。これは私の自身、ブログを運営しているので専門的なスキルの習得の難しさを体験済みです。広告収入は結果が出るまでに時間もかかるので美容師の副業としてはおすすめしません。

あと、「美容師 副業 ランキング」で検索すると「スマホ1つで出来る副業」などがよくヒットします。スマホのアンケートに答えるポイントサイトなどで稼ぐのは限りなく難しいのでやめたほうがいいです。

美容師が副業を始めたら確定申告はどうなる?

美容師が副業を始めたら確定申告はどうなる?

副業を始めたら確定申告をしなければなりません。ただ、多く美容師が確定申告をしたことなく戸惑う場合がほとんどです。

確定申告に関する対処法を紹介します。

美容師の副業に関する確定申告は税務署で聞く

副業を初めてされる方は、税務署で聞くのが一番だと思います。私自身、フリーランスとして活動するときに税務署でわからないことは何でも聞いていました。馴染みのない税務署ですが、質問をすると丁寧に教えてくれます。

ネットでの確定申告のやり方を真似するのもいいですが、直接、税務署に行くと質問も出来るので手っ取り早いです。美容師で副業を考えている人は税務署に行ってみましょう。

フリーランス美容師なら副業も自由

フリーランス美容師なら副業も自由

働いている美容室が副業禁止でどうしても副業をやらせてもらえない場合ってあります。そんなときは、フリーランス美容師に転身もありです。

まだまだ、フリーランス美容師の数は多くありませんがこれから確実に増えてきます。フリーランス美容師歴5年目の私がメリットとデメリットを簡単に紹介します。

美容師で副業する上でのフリーランス美容師のメリット

フリーランス美容師のメリットはこの3つ。

  • 時間の拘束がない
  • 完全歩合
  • 副業が自由

フリーランス美容師になれば、担当しているお客様が終われば帰っても問題ありません。売上も完全歩合なので自分の頑張りが給料に直結します。フリーランスは社員ではないので、もちろん副業も自由にできるのであれば美容師をしながらアルバイトをしてもOKです。

美容師で副業する上でのフリーランス美容師のデメリット

フリーランス美容師のデメリットはこちら。

  • 自分で集客をしないといけない
  • 固定給がない
  • 美容師以外ですることが多くある

雇われていたときと違い、フリーランス美容師の集客は基本的に自分でしないといけません。美容室側が集客してくれる場合もありますが、フリーランス美容師側の取り分がかなり少なくなります。あと、固定給もないのでお客様が来店されないと給料がゼロです。

売上管理もしないといけなく美容師だけしていれば良いというわけではありません。フリーランス美容師は自己管理ができていないと成立しないので、その辺が肝になってくると思います。

美容師で副業するならまずは美容室に相談が大事!

今回のテーマ「美容師も副業が当たり前?おすすめの職種とメリット・デメリット」についての内容をまとめていきます。

  • 美容師の年収は300万円前後と一般的な会社員よりも水準が低い
  • 給料の低さから副業を始める美容師が増えてきている
  • 副業をするなら美容室選びが大事
  • 美容師が副業をするメリットは、お金以外にスキルが身につくこと
  • 無理やり副業すると本業に影響が出るので気をつける
  • 副業をするなら確定申告が必須
  • 住民税を特別徴収から普通徴収に変えることで美容室に副業がバレづらくなる
  • 「スマホひとつで副業」はやめたほうがいい
  • 副業に力を入れたいならフリーランス美容師という選択肢もあり

私自身の経験から言わせてもらうと、美容室にバレないように副業するのはおすすめしません。どんなにバレないようにしても、どこかで必ず足がつきます。副業をしたい場合は、まず美容室に相談するのがおすすめです。相談をしたのち「副業禁止」と言われたら美容室を変えることを検討した方がいいかもしれません。

安心して欲しいのは、世の中に美容室はたくさんありますので自分に合った美容室も存在します。美容業界にいると他の世界を見ることができず、視野狭窄に陥ってしまいがちです。大きな視野を持って、副業を含めた美容室選びをしてみてはどうでしょうか?

この記事が少しでも参考になれば嬉しいです。
 

美容用品・美容材料の仕入れなら美通販で

会員登録のご案内
美通販.comは美容機器から美容用品、サロンで扱う商品はもちろん、食品から便利品までなんでも揃う通販サイト。お客様の多くは美容関係者さまですが、クリニックやトリマー、マッサージやネイルなど講習を受け、ディプロマ等があれば会員になれます。ぜひお問い合わせください。サロン登録でも、個人登録でもOK!!
ヘアケア商品や化粧品などサロン専売品が卸値で買えるのでとってもお得。

【美通販】会員登録詳細へGO!

宇井一八フリーランスヘアスタイリスト兼ウェブライター

投稿者の過去記事

福岡理容美容高等専門学校を卒業。2店舗のサロンを経て2017年にフリーランスのヘアスタイリストとして活動をスタート。カラー比率は、80%以上でブリーチを使ったカラーや明るい白髪染めなど、あらゆるヘアカラーが得意分野。
現在は、ヘアスタイリストとして活動の傍らウェブライター業や百貨店とUUU計画(ユーケイカク)という名前でアートイベントの主催を運営中。
YouTube

新着記事

  1. 冬メイク

最新版カタログ

美通販最新版カタログ

お役立ち情報

  1. 防災チェック
  2. 美容室 消耗品
  3. シェアサロン
  4. 夏 汗 美容室
  5. 美容学生 就職活動
〇個買うともう1個もらえるキャンペーン

人気のサロン向き雑誌202種

夏アイテムSale!

アーカイブ

PAGE TOP