酸性と塩基性の違い

酸性と塩基性ヘアカラーの特徴と違いの見分け方

現在ではヘアカラーの需要が高いだけに、酸性カラーや塩基性カラーの違いを知っておかないと、お客様からの要望に応えられる可能性が低くなってしまいます。何気に細かい知識の違いですが、知っていると提案もしやすく、お客様への信頼に繋がるはずです。どのような違いがあるのか、簡単な見分け方をまとめてみたので参考にしてみてください。

酸性ヘアカラーと塩基性ヘアカラーの特徴

酸性ヘアカラーと塩基性ヘアカラーの特徴

現在ではヘアカラーの需要が、かなり高くなっています。そういう流れから薬剤に関しても、希望に応えられるように種類が豊富です。

含まれている成分に違いがあるのですが、その中でも酸性と塩基性ヘアカラー剤は分かりにくいでしょう。そこでそれぞれの特徴の違いを、かなり簡単にまとめてみました。

酸性カラー 塩基性カラーより色持ちがいい
塩基性カラー 短時間で簡単に染められる

酸性カラーと塩基性カラーを比較すると、上記のように明確に違いがあります。

このように比較できてしまう原因は、「HC染料」といわれる成分の量の違いです。酸性カラーには、HC染料が多く含まれています。対して塩基性カラーは、酸性カラーよりHC染料が少ない上に、塩基性染料が多く配合されているわけです。

HC染料 内部に染色できる上に、色素剤としての役割もある
塩基性染料 イオン結合で染色できる

上記のように、これらの成分にも違いがあります。これらの配合のバランスを変えて、うまくお客様の希望に添えるように作られているのが、酸性カラーと塩基性カラーです。

酸性カラー

酸性カラーの大きなポイントは、上記でも紹介した「HC染料」が多く含まれたカラー剤です。HC染料の特徴は、以下のようになります。

  • 色素が豊富でカラーバリエーションが増える
  • 染まるのに塩基性染料より時間がかかる
  • 頭皮が染まるほど染色する力は大きめ など

酸性カラーで有名なヘアカラー剤は、ヘアマニキュアです。ヘアマニキュアは、HC染料が多めに配合されています。そもそもヘアマニキュアのカラーラインナップを見ると、ヘアカラー剤と違って、色のバリエーションが豊富でしょう。これはHC染料が多めに配合されているからです。

口紅などの化粧品に使われている染料だけに、発色のよさも特徴のひとつになります。とはいえ、ヘアカラー剤にも使われている染料も使っているので、髪に染めたとしても違和感がありません。

しかしヘアマニキュアを見ればわかるように、塩基性カラーより染まり終わるのに時間がかかるのがデメリットです。またヘアカラー剤よりは色持ちが悪い代わりに、塩基性カラーよりは色持ちがいいといったように、色持ちのよさは中間に位置しています。

塩基性カラー

塩基性カラーは、上記でも紹介した塩基性染料が多めに含まれたヘアカラー剤です。塩基性染料は、ほぼイオン結合の力で髪を染めるため、酸性カラーより色持ちがよくありません。

しかし以下のようなメリットがあります。

  • ダメージ毛だと吸着しやすい
  • 誰でも簡単に染められる
  • 頭皮や髪のダメージが少ない など

塩基性カラーを紹介するには、イオン結合について知っておきましょう。

もともと傷んだ髪は、マイナスの電子が多くなっている状態です。そこに塩基性染料を使って塗布すると、イオン結合により、傷んだ髪の部分を中心に付着します。それは、プラスの電子を持ち合わせているからです。マイナスの部分には、染料も含めて付着しやすくなるため、色が染められるようになります。

しかも分子が大きいので、表面にしか付着しません。酸性カラーのように、頭皮まで染まる心配をしなくていいので、誰でも簡単に染められます。もちろんヘアカラー剤のように、ジアミンのような髪や頭皮に負担になる成分は使われていません。その代わりに色持ちがよくないので、シャンプーで洗えば洗うほど色がなくなっていきます。

ちなみにHC染料も含まれているので、色のバリエーションはこの染料でカバーしているわけです。

酸性カラーと塩基性カラーの違い

酸性カラーと塩基性カラーの違い

酸性カラーと塩基性カラーは、成分的に以下のような違いがあります。

酸性カラー HC染料が多くて、塩基性染料が少なめ
塩基性カラー 塩基性染料が多くて、HC染料が多め

それぞれの配合のバランスの違いから、使った時の効果の違いも出てしまうわけです。

酸性カラーは、ヘアマニキュアとして扱われるでしょう。HC染料が多いだけに、色のバリエーションが塩基性カラーよりも多いのがポイントです。

塩基性カラーに関しては、カラートリートメントとして扱われる場合が多くあります。塩基性染料が多いため、髪を染める時間が短いでしょう。

また色持ちに関しても、次のように違いがあります。

酸性カラー 塩基性カラーより色持ちがいい
塩基性カラー 酸性カラーより色持ちが悪い

しかしどちらにしても、一般的なアルカリカラー剤よりは色持ちはよくありません。アルカリカラー剤と違って、酸性カラーも塩基性カラーも、髪内部に浸透ができないからです。分子が大きいため、表面にしか染料が付着しないので、シャンプーをすれば色がなくなっていきます。

その反面、髪触りがよくなるといったメリットもあるので、用途によって使い分けが必要です。

酸性カラーと酸化染料剤の違い

酸性カラーと酸化染料剤の違い

上記でも少し触れましたが、一般的なアルカリカラー剤が酸化染料剤です。酸性カラーよりも分子が小さいという特徴があるため、髪の内部にまで染料が浸透できます。そのため酸性カラーと酸化染料剤には、色持ちの違いが明確に違うでしょう。

酸性カラー 長くて1ヶ月ほど
酸化染料剤 2~3ヶ月ほど色が持つ

酸性カラーは髪の表面に色素が付着するだけなので、色持ちがよくありません。表面にコーティングするイメージなので、シャンプーをすれば、洗い流した水を見てみると色がついています。それほど色が抜けてしまうので、色持ちを期待するなら酸化染料剤を使いましょう。

  • 髪の表面だけで染めるから傷みが少ない
  • 色が早く抜けるから色を変えやすい
  • 酸化染料剤より発色がいい

しかし酸化染料剤には、刺激物である「ジアミン」が含まれています。正式名称だとパラフェニレンジアミンですが、頭皮が荒れるなどの影響が出るため、傷みを気にするなら酸性カラーを使ってください。

  • 酸性カラーより色持ちがいい
  • 黒髪を明るくさせられる
  • ただし髪や頭皮の負担が大きい

また酸性カラーは酸化染料剤と比べて、発色がいい色味がたくさん出ています。髪の表面に染料が付着するため、色味がいいといった声も多いでしょう。お客様の希望に合った薬剤を選定できれば、信頼につながります。特徴をそれぞれ知っておくことが美容師に求められるわけです。

薬剤知識は失敗回避のために必須

美容師は華やかな仕事だけに、知識を疎かにしている人も多くいます。なんとなく薬剤を選んでいるようでは、お客様に失望される可能性が高いでしょう。それは現在がネット社会だからです。勉強ができていない美容師だと、お客様のほうが知識も豊富で信頼されず、失客につながるケースも多くなります。

正しい薬剤の知識を持っておけば、お客様がネットの情報に惑わされず、アドバイスをしてあげれば信頼してくれるようになるでしょう。特に需要が高いヘアカラーの知識は覚えていると、後で活きてきます。

例えば市販のカラートリートメントをしているお客様に対して、酸性カラーを提案できれば、色持ちがよくなって満足してもらえるかもしれません。お店の売上が単純にアップするだけでなく、お客様がリピートしてくれるでしょう。

希望の色に染まっていないといったクレームは、技術面でカバーできますが、色持ちなどの知識は勉強するだけで克服可能です。指名数を増やす意味でも、正しい基礎知識を持っておきましょう。
 

美容用品・美容材料の仕入れなら
美通販で

会員登録のご案内
美通販.comは美容機器から美容用品、サロンで扱う商品はもちろん、食品から便利品までなんでも揃う通販サイト。お客様の多くは美容関係者さまですが、クリニックやトリマー、マッサージやネイルなど講習を受け、ディプロマ等があれば会員になれます。ぜひお問い合わせください。サロン登録でも、個人登録でもOK!!
ヘアケア商品や化粧品などサロン専売品が卸値で買えるのでとってもお得。

【美通販】会員登録詳細へGO!

メガネセキ美容室オーナー、ライター、元美容師

投稿者の過去記事

美容師として8年以上勤務。薬剤で手荒れがひどくなり、美容師を辞めて現在はWebライター。
地元で美容室を経営しつつ、Webの知識で集客も行っています。

新着記事

  1. 冬メイク

最新版カタログ

美通販最新版カタログ

お役立ち情報

  1. 防災チェック
  2. 美容室 消耗品
  3. シェアサロン
  4. 夏 汗 美容室
  5. 美容学生 就職活動
〇個買うともう1個もらえるキャンペーン

人気のサロン向き雑誌202種

夏アイテムSale!

アーカイブ

PAGE TOP