【ホームヘアケア】セルフでするときに一番気を付けて欲しいこと

髪をキレイに保つために最も重要なことがあります。
それは美容室でのトリートメントではなく、自宅での「ホームヘアケア」です。
美容室でトリートメントしても、ホームヘアケアができてないと効果は半減します。
ただし、ホームヘアケアと言っても「自宅でトリートメントをすればOK!」というわけではありません。
そこで今回は、ホームヘアケアについて紹介します。

どんな髪が「美髪」なの?

雑誌などで「美髪」という言葉をよく目にしますよね。
しかし、実は「美髪」とは決して髪が傷んでいないという意味ではありません。
もし「美髪=傷んでない髪」だったとすると、ヘアカラーやパーマをしたことない人は全て美髪になってしまいます。
読者のお友達やご家族で、ヘアカラーやパーマをしていない人を思い出してみてください。頭に浮かんだみなさんは「いわゆる美髪」でしょうか?
おそらく、断言できるほど美髪ではないと思います。
ここで一度「美髪とはどういう状態を指すか?」プロとしての定義を説明します。

美髪は見た目が100%

美髪の定義は「どれだけ髪にツヤがありキレイに見えるか?」という見た目になります。
みなさんが美髪だと思う芸能人を思い浮かべてみてください。
ヘアカラーやパーマをしている人が結構多かったりしませんか?
先ほども伝えた通り「美髪=傷んでいない髪」ではありません。
髪が傷んでいても髪質改善するトリートメントや洗い流さないトリートメントでケアをしていれば美髪に見えます。
つまり、どれだけ髪が傷んでいても見た目に艶があれば美髪に見えやすいということです。
逆に髪が傷んでなくてもスタイリングやブローをしていない髪は、パサついて美髪には見えません。

【結論】
美髪に見せる優先順位は見た目が重要

美髪は見た目が大事だが限界もある

先ほど「美髪=見た目」という説明をしました。
ここで1つ補足を付け加えたいと思います。
それは「見た目を良く見せるには、髪のダメージの限界を把握することも大事!」ということです。
例えば、ブリーチや縮毛矯正をすると髪が傷みます。
ここで「髪が傷んでもツヤを出すスタイリング剤をつければOKでしょ?」と考えるのはあまり良くありません。

髪にはダメージの限界があります。
度重なるヘアカラー、パーマ、縮毛矯正などで傷んだ髪は、ツヤのあるスタイリング剤をつけてもハリコシがなくなりキレイに見えなくなってしまうのです。
髪が傷みすぎると最悪、断毛の原因にもなるので注意が必要です。
このため、ダメージの限界を把握しながら見た目をよくすることが重要になります。

【結論】
見た目を良くするには日頃のホームヘアケアなど髪にストレスをかけないようにするのが大事

自宅でのヘアケアで一番重要視すべきこと


ホームヘアケアをする上で重要視すべきは、以下の3つの効果を理解することです。

  • シャンプー
  • トリートメント
  • 洗い流さないトリートメント

3つともホームヘアケアには欠かせないアイテムです。
ただし、効果は全て違います。
この3つの役割を知ることで、普段のヘアケアの効果が変わってきます。

ホームヘアケアでのシャンプーの役割

ホームヘアケアのシャンプーの役割は「洗浄」になります。
髪のヘアケアは、トリートメントが大事であると思われる方も多いかもしれませんが基本はシャンプーなのです。

ヘアケアは洗浄と保湿の2つが揃って初めて効果があります。
髪や頭皮のについた汚れを落として、保湿しないとみなさんが願うようなツヤのあるキレイな髪は育ちません。
洗浄と保湿の関係を例えるなら、洗顔をイメージするとわかりやすいです。
市販でも良いシャンプーはありますが、担当の美容師さんに髪質に合ったシャンプーを聞いてみましょう。

【結論】
ホームヘアケアは洗浄と保湿が大事!トリートメント効果を最大限に上げるためにもシャンプーにこだわる

ホームヘアケアでのトリートメントの役割

ホームヘアケアでトリートメントの役割は「手触り良くする」ことです。
シャンプーだけですと手ぐしが通らず髪がギシギシになっています。ブリーチの経験があるとピンと来るのではないかと思います。
トリートメントをすると、絡まった髪はサラサラになりツヤも増します。
トリートメントは手触りを圧倒的に良くするための必須アイテムと言えるでしょう。

お客さまから「トリートメント、リンス、コンディショナーは何が違うの?」という質問を受けることがありますので、この違いについても解説します。

この3つを聞いたら「リンスやコンディショナーよりもトリートメントの方が効果ありそう!」と思いますよね?
これに関しては、半分正解です。
リンス、コンディショナー、トリートメントは名前が違うだけで基本的な「効果は同じ」と言えます。

よく「トリートメントはリンスやコンディショナーと違って内部まで浸透する」とネットに書いてあることがあります。
みなさんも見た記憶があるのではないでしょうか?
「リンス、コンディショナーは浸透しなくてトリートメントは浸透する!」といった明確な違いはないので安心してください。
感覚的に「トリートメントは、リンスやコンディショナーよりも保湿がやや高い!」くらいの認識で問題ありません。

【結論】

  • トリートメントは髪の手触りを良く効果がある
  • トリートメント、リンス、コンディショナーの効果は基本的に同じ

ホームヘアケアでの洗い流さないトリートメントの役割

ホームケアケアでの洗い流さないトリートメントの役割は「ツヤ」です。
ハイダメージの髪は、トリートメントを使ってもイマイチまとまってくれません。
そこで、活躍するのが洗い流さないトリートメントです。

通常のトリートメントと違い、洗い流さないので、一気に髪にツヤとまとまりを出してくれます。
髪が傷んでまとまらない人は、トリートメントのグレードを上げるよりも洗い流さないトリートメントを使った方が効果が高いです。

さらに、洗い流さないトリートメントは「摩擦」のような外的ダメージから髪を守ってくれる効果もあります。
髪のダメージは、ヘアカラーやパーマだけではありません。
日常生活で生じる、髪の摩擦も大きな要因です。
髪同士が擦れあって摩擦が起きると「静電気」が派生します。
静電気は髪のまとまりをなくすので、枝毛が増えて傷んだ髪に見えやすくなります。
冬に枝毛が増えるのも乾燥する季節で摩擦がより酷くなるのが原因です。
洗い流さないトリトートメントでのホームヘアケアを忘れないようにしましょう。

【結論】

  • ホームヘアケアで洗い流さないトリートメントを使えばツヤが出る
  • 洗い流さないトリートメントは外的ダメージからも守ってくれる

ホームヘアケアを怠ったらどうなる?


ホームヘアケアは美容室のトリートメントよりも非常に大事です。
「なぜ? 美容室のトリートメントより大事か?」と「ホームヘアケアの必要性」の2点について説明します。
「美容室でトリートメントしてるから大丈夫!」と思ってる人は要注意です。

美容室のトリートメントよりもホームヘアケアが大事なワケ

ホームヘアケアが美容室のトリートメントより大事な理由は「毎日のケアができるから」です。

よくお客様で「美容室に行くたびにトリートメントしてるから髪のケアは完璧!」と思われている方がいます。
実はこれには大きな落とし穴があるのです。
例えば、美容室への来店頻度が2ヶ月に1回のお客様がいたとします。
年間の合計にすると来店回数は6回です。
1年365日としたら美容室に行くたびに、トリートメントしても「365分の6回」にしかならないのです。
年間6回のトリートメントで髪をキレイに保つのは無理でしょう。

その点、ホームヘアケアは毎日するので効果的です。
ダイエットと同じでホームヘアケアは毎日することに意味があります。

【結論】
髪をキレイに保つには毎日のヘアケアが必要

ホームヘアケアの必要性

美容室でのトリートメントと違い、ホームヘアケアは「毎日のケア」が重要になってきます。
先ほど説明した通りダイエットと同じで体も髪も、毎日コツコツとケアをすることでキレイになるからです。
美容室で1回トリートメントをしたくらいで髪のダメージをチャラにするのは難しいで注意しましょう。

トリートメントの考え方として「ホームヘアケアは必須であくまでプラスアルファで美容室でのトリートメント」になってきます。
髪をキレイに保つなら、ホームヘアケアを揃えてから美容室でのトリートメントという順番で進めましょう。

【結論】
ホームヘアケアのアイテムを揃えてから美容室でトリートメントする

美容室のトリートメントよりもホームヘアケアが重要


今回のテーマ「【ホームヘアケア】セルフでするときに一番気を付けて欲しいこと」についてまとめていきます。

  • 美髪に見せるには見た目が大事
  • 髪の見た目を良くするには洗い流さないトリートメントが効果的
  • 髪のダメージが深刻すぎると洗い流さないトリートメントを使ってもツヤが出ない
  • シャンプーは美髪に見せるための基本
  • トリートメントは見た目よりも手触りを良くする
  • 美容室のトリートメントよりもホームヘアケアの方が優先度が高い

以上がまとめになります。

この記事でも紹介したましたが「美容室でトリートメントをしておけばOK!」ではありません。
毎日のホームヘアケアの土台作りが大事です。
その土台作りがあるからこそ、美容室でのトリートメントが活きてきます。
美容室でトリートメントはするけれど、ホームヘアケア商品を揃えていない人は危険です。
担当の美容師さんに「ホームヘアケアには何が必要か?」とたずねましょう。

髪が傷んでいると高いお金を払ってしてもらった、オシャレなヘアカラーやパーマがすてきに見えないかもしれません。
この記事が参考になれば嬉しいです。

 

美通販.comで
あなたも仕入れ価格でお買い物

会員登録のご案内
美通販.comは美容機器から美容用品、サロンで扱う商品はもちろん、食品から便利品までなんでも揃う通販サイト。お客様の多くは美容関係者さまですが、クリニックやトリマー、マッサージやネイルなど講習を受け、ディプロマ等があれば会員になれます。ぜひお問い合わせください。サロン登録でも、個人登録でもOK!!
ヘアケア商品や化粧品などサロン専売品が卸値で買えるのでとってもお得。

【美通販】会員登録詳細へGO!

宇井一八フリーランスヘアスタイリスト兼ウェブライター

投稿者の過去記事

福岡理容美容高等専門学校を卒業。2店舗のサロンを経て2017年にフリーランスのヘアスタイリストとして活動をスタート。カラー比率は、80%以上でブリーチを使ったカラーや明るい白髪染めなど、あらゆるヘアカラーが得意分野。
現在は、ヘアスタイリストとして活動の傍らウェブライター業や百貨店とUUU計画(ユーケイカク)という名前でアートイベントの主催を運営中。
YouTube

新着記事

最新版カタログ

美通販最新版カタログ

お役立ち情報

  1. 美容師 離職率
  2. 防災チェック
  3. 美容室 消耗品
  4. シェアサロン
  5. 夏 汗 美容室
〇個買うともう1個もらえるキャンペーン

人気のサロン向き雑誌202種

夏アイテムSale!

アーカイブ

PAGE TOP