髪の毛は日焼けするって本当?紫外線対策方法や焼けてしまった時の対処法も紹介

毎日ケアしているのに髪の毛がパサつく、ごわつく、絡まるという人は日焼けが原因かもしれません。髪の毛は日焼けによって色が変わってしまうこともあるくらい紫外線に弱いのです。
この記事では髪の毛の日焼けについて紹介します。対策方法や日焼けしてしまった場合の対処法も解説しているので参考にしてみてください。

髪の毛は日焼けする


子どもの黒い髪の毛が茶色くなっていたり、染めた髪の毛の表面だけ色落ちしてパサついていたりする経験をしたことがある人は少なくないでしょう。

実は、髪の毛は肌と同じく日焼けをします。日焼けした髪の毛はさまざまなトラブルが起きやすくなるため、適切なUVケアが欠かせません。髪の毛は体の中で最も高い位置にあり、紫外線の影響を強く受けやすい部分です。

綺麗な髪の毛を保ちたいなら、紫外線ケアは欠かせないと言えます。

髪の毛が日焼けするとどうなる?

肌は日焼けすると皮が剥けたり褐色になったりと目に見える変化があります。髪の毛も同様に、日焼けによりさまざまな変化が起こることをご存知でしょうか。

最初に、髪の毛が日焼けすることで起こるトラブルについて見ていきましょう。

パサパサになる

髪の毛の表面にはメチルエイコサン酸(18-MEA)という油膜成分があります。しかし、メチルエイコサン酸は紫外線に弱く、髪の毛の表面部分は特に日焼けによってメチルエイコサン酸が破壊されがちです。

メチルエイコサン酸は髪の毛に滑らかな手触りなどを与えてくれる成分。日焼けによって破壊されてしまうと、髪の毛は潤いを失いパサパサになって絡まりやすくなります。

髪色が色落ちする

髪色は髪の毛の中にあるメラニン色素の量によって決まります。しかし、メラニン色素は紫外線によって分解する性質を持っているため、髪の毛が日焼けすると髪色が変わってしまうこともあります。

何もしていない黒髪が自然と茶色になってしまうのは、紫外線の影響を受けている可能性が大きいでしょう。

また、ヘアカラーをしている髪の毛は、何もしていない髪の毛にくらべてメラニン色素が少ないため、紫外線による影響を受けやすい傾向にあります。せっかく染めたヘアカラーも日焼けによって色落ちしてしまうということです。

頭皮の老化が起こる

近年、肌が日焼けすると真皮にまで紫外線ダメージが届き、乾燥やシミ、しわなどの原因となることが広く知られてきました。頭皮も皮膚の一部なので、顔や体と同じように紫外線の影響を受けます。

頭皮が日焼けすると、頭皮の乾燥やたるみに繋がるリスクがあります。その結果、正常な毛髪サイクルが妨げられて髪の毛が細くなったりコシがなくなったり、頭皮がたるむことで顔の皮膚も下がってしまうこともあるでしょう。

頭皮の老化は、髪の毛だけでなく顔のたるみなどにも繋がるので、十分に注意する必要があります。

髪の毛の日焼け対策3つ


髪の毛の日焼けは、ヘアケアの一環として日常的に対策をするのが良いでしょう。以下の3つの方法で髪の毛の日焼け対策ができます。

1.帽子や日傘で紫外線を遮る

肌の紫外線対策同様、髪の毛の日焼けも帽子や日傘で対策できます。帽子や日傘はUVカット機能が高いものを選ぶのがおすすめです。

2.髪の日焼け止めスプレーやオイルでUVカットする

近年、髪の毛の日焼け対策が注目されていることもあり、多くのメーカーから髪の毛専用の日焼け止めスプレーやオイルなどが発売されています。

肌の日焼け止め同様、頭皮や髪の毛への優しさや好みのテクスチャーのものを選ぶと良いでしょう。紫外線をカットしてくれる時間を表すSPF値や、紫外線をカットする強さを表すPA値などもチェックして選んでみてください。

3.髪を濡らさないようにする

紫外線は、乾いた髪の毛より濡れた髪の毛への浸透率が高いと言われています。濡れた髪の毛のまま紫外線に晒されると、乾いた髪の毛よりも日焼けしやすいということです。

夏は特に汗で髪の毛が濡れてしまい、そのまま紫外線を受けるため、日焼けによる髪の毛や頭皮のダメージが起きやすい傾向にあります。外に出る時は髪の毛がしっかりと乾いた状態を保ち、汗などでどうしても濡れてしまう場合には帽子や日傘などできちんとカバーしましょう。

髪の毛や頭皮が日焼けしてしまった時の対処法


どれだけケアをしようと心掛けていても、ついつい日焼けをしてしまうことってありますよね。そんな時には、速やかに日焼けダメージを緩和させるケアをするのがおすすめです。以下の方法で、日焼けしてしまった髪の毛や頭皮のケアをしましょう。

低刺激のシャンプーを使う

日焼けしてしまった髪の毛や頭皮は、炎症を起こしている状態です。なるべく刺激を与えないよう、低刺激のシャンプーを使い優しく洗いあげてください。
頭皮も敏感になっているため、普段よりも優しく爪を立てないように気を付けて洗いましょう。

トリートメントで潤いを補給する

日焼けをすると髪の毛や頭皮は水分を失い乾燥状態になってしまいます。髪の毛のトリートメントはもちろん、頭皮専用トリートメントなどを使って保湿するのがおすすめです。

ドライヤーの冷風でクールダウンする

強い日差しを長時間受けた場合、頭皮が完全に炎症を起こしてヒリヒリしてしまうこともあります。この場合、シャンプーなどは控えて炎症を抑えてあげることが必要です。ドライヤーの冷風機能を使って頭皮を冷やしてあげましょう。

炎症が落ち着いてきたら、ぬるめのシャワーで汚れを流し頭皮用トリートメントなどで保湿するのがおすすめです。ヒリヒリ感がおさまるまでシャンプーは控えてください。

美容師おすすめ!髪の毛の日焼け対策アイテム

髪の毛や頭皮の日焼け対策には、紫外線カット成分を配合したヘアケア製品がおすすめです。各メーカーからさまざまな製品が販売されていますが、その中でも特におすすめのアイテムを紹介します。

タマリス フィルージュ UVカットスプレー AS(アロマシャボン)

手軽に使えておすすめな、スプレータイプの髪の毛の日焼け止めスプレー。SPF50、PA++++なので、朝スプレーすれば1日紫外線対策ができます。

頭皮環境を整えてくれる成分が配合されているため、日焼け止めだけじゃなく頭皮のにおいも抑えてくれる優れものです。全身に使えるので、顔周りの髪の毛にスプレーする際、顔についてもOKな優しい成分でできています。

タマリス フィルージュ UVカットスプレー AS(アロマシャボン) 100g

メーカー タマリス
ブランド フィルージュ
容 量 100g
SPF/PA 50/++++
価 格 美通販価格(詳細は商品ページまたは美通販カタログ内でご確認ください。)
商品番号 00123392

美通販でこの商品の詳細を見る

ミルボン ディーセス エルジューダ サントリートメント セラム

パサつく髪の毛を艶やかにケアしてくれるオイルタイプの日焼け止めトリートメント。SPF25、PA +++なので、朝付けたら昼にもう一度塗り直すのがおすすめです。バオバブオイルの爽やかな香りと潤い成分で、ヘアトリートメントをしながら日焼け対策ができます。

ミルボン ディーセス エルジューダ サントリートメント セラム 120ml

メーカー ミルボン
ブランド エルジューダ
容 量 120ml
形 状 オイル
香 り グレープフルーツオアシス
価 格 美通販価格(詳細は商品ページまたは美通販カタログ内でご確認ください。)
商品番号 00104205

美通販でこの商品の詳細を見る

公式HPでこの商品の詳細を見る

サンコール R-21 スキャルプパック

日焼けしてしまった頭皮や髪の毛のケアにおすすめなスキャルプトリートメント。高い保湿力と低刺激性の優しい使用感で、敏感な肌もケアしてくれます。日焼けでパサついた髪の毛のケアにもおすすめです。

サンコール R-21スキャルプパック 250g

メーカー サンコール
ブランド R-21
容 量 250g
香 り 無香料
価 格 美通販価格(詳細は商品ページまたは美通販カタログ内でご確認ください。)
商品番号 00102981

美通販でこの商品の詳細を見る

公式HPでこの商品の詳細を見る

髪の毛の日焼け対策を徹底しよう

紫外線は目に見えないものだからこそ、しっかりケアをしないと知らない内に髪の毛や頭皮がダメージを受けてしまいます。髪の毛のパサつきやヘアカラーの色落ち、頭皮の老化など、トラブルを防ぐためにも日頃から丁寧な日焼け対策を行いましょう。

ぜひ今回紹介した日焼け対策やおすすめのアイテムを使って、紫外線から髪の毛や頭皮を守ってください。

 

美通販.comで
あなたも仕入れ価格でお買い物

会員登録のご案内
美通販.comは美容機器から美容用品、サロンで扱う商品はもちろん、食品から便利品までなんでも揃う通販サイト。お客様の多くは美容関係者さまですが、クリニックやトリマー、マッサージやネイルなど講習を受け、ディプロマ等があれば会員になれます。ぜひお問い合わせください。サロン登録でも、個人登録でもOK!!
ヘアケア商品や化粧品などサロン専売品が卸値で買えるのでとってもお得。

【美通販】会員登録詳細へGO!

KITAI美容ライター

投稿者の過去記事

10年間美容室でスタイリストとして勤務。ヘアケアマイスター検定マイスタークラス。2児の母。現在は美容ライターとして活動中。
美容業界を去ったからこそ、美容師目線とお客様目線の両方からサロン経営や営業戦略について考えます。

新着記事

最新版カタログ

美通販最新版カタログ

お役立ち情報

  1. 美容師 名刺
  2. 美容師 離職率
  3. 防災チェック
  4. 美容室 消耗品
  5. シェアサロン
〇個買うともう1個もらえるキャンペーン

人気のサロン向き雑誌202種

夏アイテムSale!

アーカイブ

PAGE TOP