4月 売上

理美容室の4月売上対策「春夏に向けたカラーやファッションの確認を」

4月は入学式や入社式を始めとしたイベントが盛りだくさんで、理容室・美容室を利用するお客様も増えますよね。イメチェンやイベントでのヘアセットの他、春夏の前半として売上に期待できる月でもあります。春夏に向けて準備したい4月に確認しておくべきポイントは、先を見据えた売上です。理美容室の経営者がやっておくべきことについてご説明します。

1月にたてた目標やお客様の情報を共有

1月にたてた目標やお客様の情報を共有

まずは1月に立てた目標やお客様の情報をスタッフ同士で共有し、どんなお客様がリピーターになってくれそうかを検討してみましょう。また、1月に立てた目標と現在の状況にどのくらいのズレがあるかを再確認することも非常に大切です。

その中で改善点や反省点を見つけることも必要ですが、ネガテイブな部分だけではなく良いところは伸ばしていくなどし、ポジティブなところにも目を向けて全員で目標を達成していくことが大切です。

目標の再確認

目標の再確認のためには、1月に立てた目標を再度振り返ってみることが必要になります。その際、1月に立てた目標の内容をスタッフ全員で振り返ってみましょう。ポイントとしては、サロン全体の目標だけでなく、個人の目標も共有することです。それによって、新たな課題や目標が見えたり、売上に足りないものを把握することができます。

四半期が終わった4月は目標を再設定するのにも良い時期で、目標は1人あたり10個書き出してみましょう。他のスタッフとかぶってもよいので、自分の頭で売上を作るために今足りないことを考えることが重要です。

情報の有効活用

流行に左右される理美容室では、情報を活用しながら経営を行っていかなければいけません。

理美容室が活用するべき情報はお客様の声や雑誌、テレビ、インターネットなどで得ることができます。しかし、中には信用できるかわからない情報もあるため、自分でも判断したり正しい情報を見極める目を養う必要があります。

また、理美容室では一度来店していただいたお客様についての情報をもっていますよね。その情報も有効活用し、4月に呼び込みやすいお客様の情報をピックアップして整理をすることで、リピーターのお客様の集客につなげることができます。

普段から時期別に呼び込みやすいお客様の情報をエクセルなどで作成しておくとよいでしょう。


春~夏のファッション、カラーの傾向をチェック

春~夏のファッション、カラーの傾向をチェック

4月の売上に向けて欠かせないのが、春~夏に向けて流行るファッションやそれに合うカラーの傾向をチェックすることです。カラーの流行も変わりやすいので、”今年っぽい“流行カラーを取り入れるとおしゃれ度がアップしますよね。

ファッション業界では、シャーベットカラーが2020年春夏のトレンドだと言われています。理美容師はプロとしてお客様に提案できるように、流行色を仕入れておいたり情報をこまめに更新させておくことが大切です。

参照:【2020春夏トレンド】エディターが予測する15のファッションキーワード(テイスト、カラー、アイテム)|elle.com

梅雨前のアプローチ

梅雨になるとヘアセットもすぐに崩れてしまったり、髪がうねりやすいためお客様が減ってしまうことは避けられません。6月は“ジューンブライド”という結婚式をするのに人気のある季節でもありますが、その需要だけでは売上を維持することはできません。

雨になると出掛けることが面倒になるという意味でも、お客様の足が美容室に向かいにくくなり、結果として売上の減少につながってしまうリスクもあります。そのような売上が下がる時期があるからこそ、お客様にアプローチするのは梅雨前がベストです。

この時期の集客は梅雨前に売上を上げるだけでなく、梅雨でも美容室に行きたいと思わせる効果があります。

商品の確認

春夏シーズンが本格的に始まる前にやっておきたいことのひとつとして、商品の確認が挙げられます。人気のカラーを作る商品や質の高いヘアに仕上げる商品はすぐに完売してしまうので注意が必要です。

忙しい美容師がそのような商品を購入するのに手軽に利用できるのが“美通販”で、欲しい商品の中での人気商品を検索することもできるため、商品を仕入れながら人気商品もチェックできるメリットがあります。春夏に向けて商品を取り揃えるときには、ぜひこのようなオンラインショップも有効活用してみてください。

最新版「無料カタログ」の請求は
コチラから

“母の日”にあわせたイベント・キャンペーン

“母の日”は子どもが自分の母親に感謝の気持ちを伝える日で、それは何歳になっても続くイベントです。その母の日ではカーネーションを贈るのが一般的とされていますが、毎年カーネーションを贈ることに対してマンネリ化してあまり喜ばれなくなってしまうこともあります。

そのような母の日には、美容室の施術をプレゼントしてみるのもおしゃれで喜ばれるでしょう。

美容室側はそういった需要に応え、母の日限定キャンペーンを行うことで売上につながります。このキャンペーン限定でカーネーションや花のハンドクリームなどのプレゼントを同時に用意するのもよいでしょう。

ゴールデンウィーク限定のメニュー

ゴールデンウィークはオフィスで働く人を中心に長期休暇をとる人が多いため、美容室にとっては大きな売上に期待できます。売上が伸びることが予想される時期であるからこそ、ゴールデンウィーク限定キャンペーンを行えば、さらなる売上拡大も望むことができます。

繁忙期にはなりますが、一年間の売上をアップさせるチャンスとなるこの時期を、キャンペーン期間としてぜひ活用してみてください。

経営計画の順調さの見直しとこれからのイベントを意識して

4月はこれまでの売上が足りていないなら見直すことができ、集客にいくらかけるかやイベントの計画を立てるための四半期の経営計画の見直しを行うためにひじょうに良い時期だと言えます。この機会に経営計画や、お客様の今年の需要を再度検討してみてください。

美通販の会員登録の説明

美通販会員様限定の情報も発信中!
会員登録詳細へGO!

サロンチャート編集部

サロンチャート編集部

投稿者の過去記事

美容業界に関わる全ての方へ、最新事情やお役立ち情報を中心にご紹介してまいります。
美に敏感な一般の方々に向けた理美容に関する情報も発信していきます。

新着記事

  1. 練習用ウィッグ
  2. メイクサロン
  3. シザーケース

お役立ち情報

  1. 9月 売上
  2. 美容師になるには
  3. 8月 売上
  4. フリーランス美容師 集客
  5. 美容師 手荒れ
PAGE TOP