7月の理美容室売上対策「お客様の声に敏感になる」

美容室の7月というのは、売上をアップしやすい月でもあります。その理由は夏場というわかりやすい時期だから。お客様の悩みが絞られるため、メニューを提案しやすいわけです。また売上アップには、お客様の声をよく聞くことが基本になります。その声をヒントに営業方法を変えていくと、成果が出てくるようになるでしょう。統計をとっておくのも大事ですよ。

増客のヒントはお客様の言葉の中に隠されている

増客のヒントはお客様の言葉の中に隠されている

売上対策をするためには、お客様の話をよく聞くことが基本。それは売上がアップするチャンスや、お客様も要望が隠されている可能性が高いからです。

  • 「荷物が多いからトリートメント買うのやめるわ…」
  • 「予約するのいつも忘れてごめんね…」
  • 「友達と一緒に来たいけど、迷惑がかかりそう…」

上記はひとつの例ですが、忙しいと、つい「そうですか」と流してしまう人も多いでしょう。しかし裏を返せば、お客様の原因が解決すれば、売上につながります。

考えられる原因 売上に直結する解答例
荷物が多くて
商品が買えない
  • 持って帰るのが面倒
  • その後に用事がある
  • 宅配便サービスを始める
  • 取り置きできる仕組みを作る
予約を忘れてしまう
  • 予約するのが面倒
  • 思い付きで行動する
  • LINE予約を提案してみる
  • 予約割引などのメリットを作る
友達を誘えない
  • ゆっくり施術を受けたい
  • 友達との会話を楽しみたい
  • 予約制に変える
  • VIPルームなどを作る

お客様の一言の中には、売上をアップさせるヒントが隠されているのがわかるでしょう。そのため話を聞き流してしまうと、美容室を変えるチャンスを逃してしまいます。

  • 予約率をアップさせる
  • 商品を買いやすくする
  • 顧客満足度をアップさせる

このようにお客様の声をよく聞いて、反応をうかがいながら営業スタイルを少しずつ変えていくと、売上も変わってくるはずです。

お客様の数を確認

そもそも7月というのは、1年でいうところの半分になります。つまりキリがいい月のため、営業成果を確認するのにちょうどいいタイミングです。様々なシチュエーションに合わせたお客様の数を、統計で残しておきましょう。

総客数 美容室の人気度がわかる
施術別の利用者数 世間の流行や人気メニューが把握できる
失客数 営業の見直しに役立つ

上記はひとつの例ですが、お客様の数を数えるにしても、たくさんの種類に分けておきましょう。売上をアップさせるヒントが見つかりやすくなります。

もちろん前年度の統計を残しておくのもポイント。それと見比べて、売上をアップさせるヒントを見つけてみてください。例えば去年の7月と今年の7月の上半期を比較した場合、失客数が増えていたとすれば、営業のやり方が悪かったのがわかるはずです。改善点を探して、お客様の満足度を上げる努力ができるでしょう。

お客様のリストアップ

お客様のリストアップ

ただ統計をとっているだけで、売上がアップするわけではありません。統計で売上をアップさせるには、来店してほしいお客様を、リストアップしておきましょう。

  • トリートメントメニューを経験していない人
  • お客様ごとにおすすめトークを変える
  • 接客中におもてなしができていたか確認

このように細かくリストを作っておき、美容室のスタッフ全員がチェックし、共有できる環境を作っておくのがポイントです。

売上をアップさせるには、地道な積み重ねが大事なのを覚えておきましょう。そして7月という節目を利用して、次のような準備を行えば、7月の売上も期待できます。

夏期休暇対策と秋に向けた準備

夏期休暇対策と秋に向けた準備

7月というのは、一年の中でも特に暑さを感じる月です。しかも夏期の長期休暇も控えているため、予め準備しておくとスタッフも接客がしやすくなり、売上がアップしやすくなります。

  • 夏のヘアケア対策の確認
  • カラーの褐色対策メニューの提案
  • スカルプケアやトリートメントメニューの準備

上記は一部の例ですが、お客様の相談をスムーズに売上につなげるために、ロールプレイングするのもおすすめです。夏は髪や頭皮が傷みやすい時期なので、新しくメニューを作って共有しておきましょう。

またお客様が来店しやすくするために、残中見舞のDMなどを使ってお知らせしてみてください。DMが難しい場合は、美容室専用のLINEなどを使うのもいいでしょう。そして来店いただけたお客様の情報は、カルテや顧客カードに残しておくのもポイントです。秋へのアプローチがしやすくなるので、今後の売上アップの材料になります。

  • 来店動機
  • 髪の悩み
  • どこから来店したのか?
  • 施術内容
  • 希望の髪型 など

7月というのは以下でも紹介しますが、行事などのイベントが控えている月です。事前に準備して営業をすると、結果につながりやすくなるので、試してみてください。

7月の行事に合わせたアプローチ

7月の行事に合わせたアプローチ

7月に売上をアップさせるためには、行事の把握は必須です。

  • 七夕(7月7日)
  • 海の日(第3日曜日)
  • 夏休み開始

これらに合った施術を提案できるように、準備しておきましょう。

また夏休みは自宅でいる時間が増えるタイミングのため、自分でできるお手入れの方法も紹介できればベストです。

  • 正しいシャンプーのやり方
  • きれいになるトリートメントの使い方
  • 髪が傷まないドライヤーの使い方 など

これらを見ればわかるように、店販売上のアップが期待できます。


7月はお客様の声を聞いて売上をアップさせよう

売上が上がらない美容室の多くは、お客様の声を聞いていません。自分のセンスを信じるのも大事ですが、それだけでは売上はよくならないわけです。そこで7月という節目を利用して、統計をとってみてください。1年でいうところのちょうど半分になるので、今までの営業の方法の見直しにピッタリです。

またお客様をリストアップしておき、その人に合わせたメニューが提案できるようにするのも忘れてはいけません。7月という夏場だからこそ、提案できる内容はわかりやすいでしょう。事前に準備しておき、うまくアプローチしてみてください。

美通販の会員登録の説明

会員様専用『情報チャンネル』にお役立ち情報も掲載中!
会員登録詳細へGO!

メガネ

メガネセキ美容室オーナー、ライター、元美容師

投稿者の過去記事

美容師として8年以上勤務。薬剤で手荒れがひどくなり、美容師を辞めて現在はWebライター。
地元で美容室を経営しつつ、Webの知識で集客も行っています。

新着記事

  1. 髪の乾かし方の基本
  2. 業務用ドライヤー
  3. 美容学生 就職活動

CATALOG

美通販最新版カタログ

お役立ち情報

  1. 美容学生 就職活動
  2. フリーランス美容師
  3. 美容室 クレーム
  4. 卒業式 美容院
  5. ホワイトデー

ARCHIVES

PAGE TOP