美容師 悩み

美容師の悩みで多い内容と対策・オーナーとしてすべきこと

美容師というのは技術職でありながら、接客もしなくてはいけない仕事。悩みが人より多いのはすぐにわかるでしょう。それを解決するためには、ほとんどの場合、オーナーがポイントとなります。何をすればいいのかわからないオーナーは、美容師の悩みを聞いてみましょう。それで解決できる自信がないのなら、この記事を参考にしてみてください。

美容師はどんなことで悩んでる?

美容師はどんなことで悩んでる?

技術職でありながら、接客業も兼ねている美容師という仕事。華やかなイメージがありますが、実際に働いている美容師の中は、深い悩みを抱えている事は少なくありません。

  • 給料の割に忙しくて体がもたない
  • ストレスに耐えられない
  • センスがないからと諦めた

上記はよくある話ですが、美容師自身でどうにかなる問題ならいいのですが、美容室のオーナー側で対処したほうがいいケースがよくあります。特に給料面に関しては、美容師のモチベーションに影響される問題。美容師側で見直しを検討すれば、悩みが解決できる可能性もあるでしょう。

仕事がきつい・つらい

美容師の悩みの中で、一番ネックになる問題が、体調面でのケアです。

  • 手荒れ
  • 腰痛
  • 睡眠不足 など

このように明らかに体調が悪化している美容師は、悩みが深刻です。医師から仕事を辞めたほうがいいと言われて、美容師を辞める話もよくあります。また精神的にきつく感じる美容師も多いでしょう。

  • 拘束時間が長すぎる
  • 後輩が先にスタイリストデビューした
  • 集客の方法がわからなくて挫折

このような悩みは美容師同士で共有して、解決できればいいでしょう。しかし現場の雰囲気が悪くなるようなら、オーナー自らが今までの経営スタイルを変えていく必要があります。

人間関係で辞めたくなる

美容師というのは、人とのつながりが大事になります。お客様もそうですが、美容師同士の連携も重要のため、どうしても人間関係が悩みの種になるわけです。

  • 上司の指導がきつい
  • オーナーのパワハラ
  • スタッフが怠ける など

上記は美容師間での、ほんの一部の悩みです。職場での人間関係がギクシャクすると、どうしても仕事がやりにくくなるでしょうから、オーナーの力量がポイントになります。

またお客様とのトラブルも、美容師の悩みとして大きいでしょう。

  • クレーマーが起こすトラブル
  • 美容師側のミスで起こるトラブル

美容師がミスをしてトラブルになった場合は、自身のミスですが、精神的にストレスが溜まるはずです。そこで美容室同士でケアができる環境づくりなど、オーナーがうまく仕組みを作っておきましょう。

一番美容師の負担になってしまうのが、クレーマーへの対処です。この場合は、オーナー自らが対処し、美容師の負担を減らしてあげましょう。

技術に自信がない

美容師は技術力がないと、仕事になりません。そのため上記の人間関係にも関わってきますが、技術に自信がない美容師は、悩みが深刻になってしまいます。

お客様に施術をする場合でも、技術に自信がないと、施術をするたびにストレスを感じてしまうでしょう。その積み重ねが精神的な負担となり、辞めてしまう原因となってしまうわけです。また自分にはセンスがないと思い込んでしまう美容師もいるため、かなりこの悩みは深刻と思っていいでしょう。

そんな美容師がいた場合は、自分が成長しているのがわかる仕組みづくりをしてみてください。自信をつける仕組みづくりをすれば、美容師のストレスは最小限で済みます。

ジュニアスタイリスト カットができる
トップアシスタント モデルを使ってカラーやパーマが1人でできる
アシスタント 理論を把握できて助手もできる
ジュニアアシスタント シャンプーやブローができる

上記はひとつの例ですが、このように役職がわかるようにすれば、モチベーションが下がりにくくなります。もちろんステップアップしていけば自信にもつながるので、技術力に自信がない美容師にはおすすめの方法です。

収入が低い

美容師のもうひとつの悩みは、収入の問題ではないでしょうか。もともと美容師は低収入で有名な職種です。

引用元 賃金構造基本統計調査|e-Stat
  平均給与(千円) 平均年齢(歳)
美容師 255.1 31.2
介護士 244.5 42.6
保育士 244.5 36.7
整備士 302.0 37.6

上記は給料が安いといわれる仕事。全年齢の給料を平均しても30万円にも満たないため、美容師は特に平均年齢も低めになっています。夢を持って就職したのはいいのに、労働時間の割に、収入が少なくて困ったという声も少なくないからでしょう。

特に結婚をする世代になってくると、美容師だけでは家族を養っていけないと、辞めてしまうケースはよくあります。とにかく収入が低いという悩みがある美容師がいる場合は、客単価をアップさせていく仕組みづくりなど、美容室全体の経営方法を変えましょう。

とはいえ、いきなり美容師の給料をアップできません。給料が上がっているという実感を、美容師が少しでも感じられると、悩みが和らぐはずです。「○○のような取り組みをしている」といったように、収入が上がる期待感をもたせてあげてください。

結婚・出産後に復帰しにくい

美容師の悩みは、結婚や出産といったプライベートから、深刻になる話もよくあります。男性の場合は上記で紹介したように、結婚後に給料だけでは足りなくなるから、辞めてしまうべきか悩む人も多いでしょう。

また女性の場合だと、出産をする美容師も多くいます。一度出産すると練習などができなくなり、技術に自信がなくなるなど、復帰するのが面倒になって辞めるといった声も少なくありません。そのため、復帰しやすい環境づくりが大事です。

  • 育児給付金を使う
  • 産休育休制度を作る
  • 短時間正社員制度を作る など

つまり結婚や出産があっても、給料の補償があるのがわかるようにすれば、悩みが抑えられるでしょう。

ちなみに育児給付金とは、雇用保険加入者が使える制度。育休を使っている美容師に、一部お金を支給してくれます。

支給単位期間ごとの支給額は、原則として、休業開始時賃金日額×支給日数×67%(ただし、育児休業の開始から6ヶ月経過後は50%)です。
引用元 育児休業給付の内容及び支給申請手続きについて(PDF資料)|ハローワーク インターネットサービス

これを使えば美容室側の負担が少ない上に、結婚や出産を控える美容師の悩みも抑えられます。このようにうまく、どちらもが納得できる仕組みを作れば、働きやすい美容室になっていくでしょう。

悩みを相談する相手が見つからずに深みにはまる

上記のように美容師の悩みは、例をあげたらキリがないほどたくさんあります。美容室入りたてのアシスタント美容師によくある話ですが、悩みを相談できる相手がいないと、ちょっとしたミスですぐに辞めてしまいます。ストレスが溜まる一方で、解決策が見当たらないのなら絶望してしまうでしょう。

そうならないためにも、ある程度美容師同士が、仲良くなりやすい仕組みを作っておくのがおすすめです。

  • ベテラン美容師の専属アシスタントを作る
  • チーム制で一定期間一緒に仕事をする
  • 美容師主催のバーベキュー大会などのイベントを定期的に開催する

このように交流する機会を作り、悩みを共有できる仲間作りができるように、オーナーが働きかけましょう。

美容室のオーナーとしてすべきこと

美容室のオーナーとしてすべきこと

美容師の悩みの多くは、オーナーが正しく動けば解決できます。

  • 仕事を続けても将来性がない
  • 人間関係が築けるきっかけがない
  • 美容師として続ける自信がない

ただ給料を払っているだけでは、美容師の悩みは解決できません。このような悩みは、次のように対処してみてください。

美容師の声をよく聞いて経営スタイルを変えていく

美容師の悩みは、経営スタイルを変えるいいきっかけになってくれます。つまりお客様から見ても、悪い目で見られている可能性が高いので、早めに聞きだして改善したほうがいいわけです。

美容師の悩み お客様の感じ方
人間関係が悪い 雰囲気が悪い美容室
やる気が出ない 丁寧に仕事をしてほしい
技術に自信がない 上手な人に施術してほしい

このように美容室としてもデメリットばかり。今までと同じ経営をしていても、何もいい事がないので、悩みを抱えた美容師がいた場合は改善してしまいましょう。

美容師の悩み オーナーがするべきこと
人間関係が悪い
  • バーベキューなどのイベントを開催
  • チーム制にして頻繁にメンバーを変える
やる気が出ない
  • 給料がアップできる仕組みづくり
  • コンテストに参加して入賞すればボーナスを出す
  • それと同時に客単価がアップできる取組を開始する
技術に自信がない
  • 助成金などを使って営業時間内にスキルアップさせる
  • 講習の代金は美容室が払うようにする

これらはひとつの例ですが、今までどおりの経営を変える意識を、これを参考にして変えてみてください。美容室の雰囲気が変われば、お店に勢いが出てくるはずです。

コンテストに参加して仲間意識を高める

コンテストに今まで参加していなかった美容室は、美容師が悩んでいるのをきっかけに、参加してみましょう。今までは美容師の技術力を証明するために、コンテストを活用したかもしれませんが、それは二の次にして大丈夫です。

  • 仲間意識を高める
  • 技術力を向上させる
  • 収入アップをさせるきっかけ作り

このように、コンテストに参加する目的を変えてみましょう。美容師の悩みを解決するのが、今できるオーナーのできる対処法です。

新規のお客様は全てスタッフに任せてサポートする

美容師から独立して、オーナーになった人は、今でもお客様を担当して営業を続けているでしょう。ところがこのような立ち位置のオーナーの場合、美容師の悩みがわかっていない人も多くいます。そこで今まで新規で来たお客様は、全て今働く美容師にお任せしてみてください。

  • 美容師が自発的に動くようになる
  • 仲間意識が生まれる可能性がアップする
  • オーナーが経営や集客に時間が使える

美容師の悩みが解決するきっかけになる上に、オーナーの手が空いて効率よく経営ができるようになります。もちろんただ任せるのではなく、サポートしてあげるのも忘れてはいけません。遠くで見守っておき、手が足りなくなれば、素早く対応してあげてください。

美容師の悩みはオーナーのやり方ひとつで解決できる場合が多い

美容師が悩んでしまうのは、今経営しているパターンが、その美容師と合っていないからです。つまり営業のやり方を、オーナーが変えてあげると、解決できるケースもよくあります。売上がアップしないのであれば、なおさら美容師の悩みに耳を傾けましょう。

美通販の会員登録の説明

カタログ内にもお得な情報満載!
会員登録詳細へGO!

メガネ

メガネセキ美容室オーナー、ライター、元美容師

投稿者の過去記事

美容師として8年以上勤務。薬剤で手荒れがひどくなり、美容師を辞めて現在はWebライター。
地元で美容室を経営しつつ、Webの知識で集客も行っています。

新着記事

  1. 練習用ウィッグ
  2. メイクサロン
  3. シザーケース

お役立ち情報

  1. 9月 売上
  2. 美容師になるには
  3. 8月 売上
  4. フリーランス美容師 集客
  5. 美容師 手荒れ
PAGE TOP