美容師の平均年収は低い?年収を上げるには

美容師の年収は一般的に低いとされています。しかし、それはただ与えられた仕事をこなすだけでなにもしていない美容師だけです。仕事をしながら自分の目標設定を掲げて、それに向かって努力してみてください。年収1000万円以上も夢ではありません。年収の違いなど、細かいところまで詳しくまとめてみたので、参考にしてみてください。

美容師の年収は低い?高い?


先に結論をお伝えしておきます。
美容師という仕事は、年収が低いと言われており、仕事が好きでないと続かないのが現状です。

その理由は以下で具体的に数値として紹介しているので、参考にしてみてください。

ただし、年収が低いからといって、全く収入が上がらない訳でもありません。
やり方次第では、報酬アップも期待できます。

美容師の初任給

美容師になって始めの初任給は、びっくりしてしまう人も少なくありません。
初任給が高くないからです。

お店によって違いはありますが、基本的に10万円台が美容師の初任給になっています。

もともと美容師は、仕事と一緒に練習をする必要があります。
つまり拘束時間が長くなり、仕事を始めた頃は特に仕事に時間を割くことになります。
それなのに、初任給が低いとなると、今後続けていくべきか迷ってしまう人もいるでしょう。

生活ができなければ、美容師も続けられないだけに、不安になるのもわかります。
これも働き方次第です。
ただボーっと美容師の仕事をこなすだけでは、確かに給料は低いままでしょう。
しかし目標を明確に決めて、人生設計をたてて美容師をしている人は、年収も上がっていくものです。

美容師の平均年収

年収が低いと言われている理由は、すでに国が出している統計を見ればわかります。
以下が美容師の月額で支払われる報酬です。

2019年 企業規模統計(10人以上)
きまって支給する現金給与額(千円) 255.1
所定内給与額(千円) 245.3
年間賞与、その他特別給与額(千円) 52.8

引用:政府統計の総合窓口「賃金構造基本統計調査」

これを単純に計算すれば、年収がわかります。
約25万円とすれば、「25万円×12カ月=300万円」。これが美容師の年収です。

同じく年収が低いとされている「保育士」も、約24万円となっており、同じくらいとなっています。

条件別の美容師の年収の違い


年収が低いと言っても、美容師は条件によって年収が左右されます。

特に長く仕事を続けている人は、美容師としての経験も豊富で、年収も上がっていく傾向にあるようです。
ザックリいうと、辞めずに美容師の仕事を続けていると、待遇はまだよくなるでしょう。

男性・女性での平均年収の違い

年収の違いは、男性と女性でも違いが出てきます。
女性はどうしても子育てなどの影響で、長くお店にいられないようです。

それに対して、男性のほうが長くお店にいられる人が多いでしょう。
そのため、運営側に回る人が多くなるため、年収が自然と高くなります。

2019年の美容師の平均年収

  • 男性348万円
  • 女性285万円

参照:政府統計の総合窓口「賃金構造基本統計調査」

このように、男女の性別だけとっても、美容師は年収に違いが出てきます。

年齢別の平均年収の違い

年齢によっても、平均年収に違いが出てきます。
美容師を始めて間もない20代であれば約200万円なのに対し、働き盛りの40代となれば約300万円です。
月給に換算しなおすと、かなりの開きがあることがわかるでしょう。

美容師の多くが、専門学校を卒業すれば、すぐにお店へ就職します。
つまり「年齢=経験値」とも見られるため、40代となると経験が豊富でベテラン美容師です。
年収が高くなるのも納得できるでしょう。

経験別・ランク別の平均年収の違い

経験やランクによっても、年収に違いが出てきます。
お店に入ってすぐの時は年収が約200万円だったとしても、10年続けると約300万円となるケースも少なくありません。

またアシスタントだった美容師は、上記と同様に年収が約200万円です。
しかしトップスタイリストクラスの人気美容師になった途端に、倍以上の約500万円となった話もあります。
これも実力主義的な美容師の業界では、年収が跳ね上がってもおかしくありません。

地域別の平均年収の違い

年収は場所によっても、かなり大きく違いが出てしまいます。
それはお店が出す給料が、お客様の出入りが多いかどうかで左右されるからです。

美容室の年間利用金額ランキング

都道府県 金額
1位 愛知県 34,432円
2位 富山県 32,288円
3位 山梨県 31,650円
4位 愛媛県 31,291円
5位 東京都 31,259円

引用:ホットペッパービューティー「富山県が、美容サロンへの投資が高い理由は?」

上記はお客様の利用額ランキングですが、この地域で美容師をすると、その分報酬もアップしやすいでしょう。
別の統計によれば、関東の平均年収が350万円近くになっています。
しかし人口が少ない東北になると、約300万円になるようです。

店舗の規模別の違い

お店の規模が大きくなれば、お客様をこなす数が増えます。
そのぶん年収も上がりやすいので、お店選びにも注意しておきましょう。

企業規模が100人以上のお店になれば、年収が250万円以上になる上に、50万円以上のボーナスまで出すところもあります。
ところが10人以上の小さいお店は、そこまでお金を出す体力がありません。

逆に1,000人以上の大規模店になると経費が掛かりすぎるのか、100人以上の規模のお店と大差がないというデータもあります。
お店選びは規模よりも、やりたいことを重視して選ぶほうがいいかもしれませんね。

美容師が年収を上げるには


美容師が年収を上げるためには、以下のようにいくつかの方法があります。

  • 美容師のランクを上げる
  • 資格を取得する
  • 条件のよい地域や店に転職する
  • フリーランスで働く
  • 開業してオーナーになる

ただ仕事をこなすだけでなく、上記のように目指すべき目標を見つけて達成するように努力するとよいでしょう。
そのほうが、低いと言われる年収を気軽に上げられるようになりますよ。

美容師のランクを上げる

美容師の年収を上げるのに、最もわかりやすいのがランクアップです。

  1. アシスタント
  2. ジュニアスタイリスト
  3. スタイリスト
  4. トップスタイリスト
  5. 店長

役職が付くほどのレベルになれば、お客様としても指名がしやすく、お店側もプッシュしてくれるようになります。
信用を上げる意味でも、ランクアップを目指すようにしましょう。

資格を取得する

お客様からの信用を得るために、美容師免許以外の資格も取ってしまいましょう。
もちろん美容師として役立つ資格が良いので、以下のものだと仕事に役立ちます。

  • 管理美容師
  • ヘアケアマイスター
  • 日本化粧品検定
  • ヘアカラリスト検定

など

あなた自身にも得意、不得意があるはずです。
伸ばすべきものが何なのか見極めて成果が出やすい資格を取れば、お客様だけでなく、お店側からの評価も上がります。

条件のよい地域や店に転職する

あなた自身の努力だけでは、年収がアップできないケースもあります。
それがお店選びです。

給料自体はお店が出すので、お店にお金を出す体力がなければ年収もアップしていきません。
お客様の出入りが多いお店に行くだけで、年収アップも期待できるでしょう。

また美容室をよく利用している地域に行くのも、年収アップとしてはおすすめの方法ですね。

フリーランスで働く

ある程度の実力が伴ってくれば、フリーランスとして独立するのも、年収アップに欠かせない方法です。

お店側が集客をしていたところを、全て自分1人でやってみましょう。
お店側のコストがなくなった分、あなたの年収が上がっていきます。

施術をさせてもらえるフリーランス専用のお店に入れば、場所代として数%取られるだけで、後はあなたのお金です。
働いた分だけ年収が上がっていくので、自由に仕事をしたい人にはおすすめの働き方になります。

開業してオーナーになる

開業して独立するのが、一般的な美容師としての目標でしょう。
しかし全ての美容師が開業すれば、年収アップができるのかといえば、それは大きな間違いです。

お店を作ったのに、雇われて美容師をしていたときとそこまで変わりがなかったという話も少なくありません。
それどころか「お店にお客様が来ない」と、年収が下がって嘆く美容師もいるくらいです。

独立して開業するのは、美容師を雇って店舗をたくさん構えられるようになれば、メリットがたくさん感じられます。
逆に経営が軌道に乗ったとしたら、年収数千万も夢ではありませんよ。

開業後のオーナー美容師を目指すには


開業を目指す美容師は少なくないでしょう。
しかしどのようにすれば、夢の店舗を構えて営業ができるのか、よくわからず勢いで開業した美容師もいるでしょう。

そうなれば、手続きなどで手間取って、大変な思いをしてしまいます。
ある程度の準備が必要になるので、開業を夢見る美容師は、予め何が必要か覚えておきましょう。

開業までの準備・流れ

美容師がお店を開業するためには、先に資金を貯めておく必要があります。
それは工事費などに、1000万円以上が必要になるからです。
もちろんローンを組んで長期で返済もできますが、できるだけ頭金を貯めておくと、毎日の支払いが楽になります。

また開業前には、以下のような場所で書類などを書いて、手続きを済ませないといけません。

  • 保健所
  • 税務署
  • 労働保険監督署
  • ハローワーク
  • 年金事務所

など

提出時期も決められているので、開業前に各地域管轄のサイトを見て、確認しておくとスムーズに開業ができます。

オーナー美容師の年収

美容師は開業すれば、夢のようなお金が手に入ると思っていないでしょうか?
じつはこれは夢物語です。

開業をしたところで、年収が300万円だった美容師も少なくありません。
これは開業しても、お客様がうまく来店しなかった場合、あまり年収アップが実感できなくなっているわけです。

もともと独立をすると、年収が確約されるわけではなく、働いた分だけの成功報酬が当たり前の世界になります。
売上が高くなり、店舗を広げていくと年収1000万円以上にもなるでしょう。
開業したお店で美容師が一生懸命働いてくれるなら、あなた自身は働かず、自動的にお金が入るようになるかもしれません。

これができるようになるためには、美容室での仕組みづくりに専念してくださいね。

美容師としての働き方を変えて年収をアップしよう

美容師の年収は低いとされていますが、これも働き方ひとつで変わります。
初任給はアルバイト並みに低く、10万円代とされており、やりがいを感じられない美容師も少なくありません。

こうした現状を打破するためにはしっかり目標設定をして、それに向かって練習や勉強を積みかさねていきましょう。
そうすれば、フリーランスや独立開業などで、働けば働いた分だけ年収が上がっていきます。
中には年収1000万円以上の美容師もいるため、働き方次第で年収は変わりますよ。

 

美通販.comで
あなたも仕入れ価格でお買い物

会員登録のご案内
美通販.comは美容機器から美容用品、サロンで扱う商品はもちろん、食品から便利品までなんでも揃う通販サイト。お客様の多くは美容関係者さまですが、クリニックやトリマー、マッサージやネイルなど講習を受け、ディプロマ等があれば会員になれます。ぜひお問い合わせください。サロン登録でも、個人登録でもOK!!
ヘアケア商品や化粧品などサロン専売品が卸値で買えるのでとってもお得。

【美通販】会員登録詳細へGO!

メガネセキ美容室オーナー、ライター、元美容師

投稿者の過去記事

美容師として8年以上勤務。薬剤で手荒れがひどくなり、美容師を辞めて現在はWebライター。
地元で美容室を経営しつつ、Webの知識で集客も行っています。

新着記事

最新版カタログ

美通販最新版カタログ

お役立ち情報

  1. 美容師 名刺
  2. 美容師 離職率
  3. 防災チェック
  4. 美容室 消耗品
  5. シェアサロン
〇個買うともう1個もらえるキャンペーン

人気のサロン向き雑誌202種

夏アイテムSale!

アーカイブ

PAGE TOP