夏メイク

【2022年】夏メイクのトレンド&メイク崩れ防止の基本を解説!

楽しいイベント満載の夏は、ファッションやメイクにも力が入りますね。なんと、今年はパーソナルカラーを取り入れつつ、自然体にまとめたメイクが流行しそうですよ。まさに、80年代にタイムスリップしたような懐かしさ漂うメイクを楽しみましょう。ここでは、2022年の夏メイクを部分別トレンドでご紹介します。

2022年夏メイク・部位別トレンド


夏メイクは各パーツのバランスが大切!開放的な夏だからと言って、全てのパーツを強調するようなメイクをしてしまうとファッションとの相性も残念な結果になってしまうかもしれません。ここでは2022年夏メイクを存分に楽しめるように部位別のメイク法をご紹介いたします。

肌メイクのトレンドは「ツヤ感」

今年の夏は艶感のある肌を作りこんでいきましょう。陶器をイメージさせる艶肌は、健康的でメリハリを醸し出してくれるでしょう。肌メイクだけで、このようなツヤ感が出せると、各パーツのメイクもしっかり映えます。

アイメイクはトレンドカラーをオン

夏メイクの要とも言えるアイメイクは今年のトレンドカラーできめましょう。夏定番のブルー、オレンジ、イエローをはじめ、大人カラーのゴールドやブラウンなどもあります。
「どのカラーをセレクトしたら良いかわからない…。」と言う方は、まず自分の肌にマッチしたカラーにチャレンジしてみましょう。日焼け肌なら、オレンジやゴールドが生えますね。色白さんなら、ブルーで涼しげにキメるのも良いでしょう。

リップメイクは深みのあるカラー

夏リップといえば、ポップで明るいオレンジ系やピンク系などのカラーを思い浮かべる人が多いでしょう。ですが、この夏は抜け感のある深みカラーを使用するのがおすすめです。イエローベースさんなら、ブラウンやオレンジカラーがベストですね。ブルーベースさんなら、薄めのローズやスモーキーなピンクがぴったりです。こうした深みあるカラーにリップグロスを足して抜け感を出しましょう。

2022年夏メイクのトレンドカラー


今年の夏はビビットや透明感のあるファッションが流行の兆しです。もちろん、それに伴うメイクも合わせていきましょう。

オレンジ、イエロー

元気の出るカラーと言ったら、オレンジやイエローですね。柑橘系カラーで別称「ビタミンカラー」などとも呼ばれています。夏らしい可愛らしさをしっかり満喫できるカラーですね。こんがり日焼けした肌にしっかり溶け込めます。

ブラウン

ここ数年ダントツ人気なカラーがブラウンやヌーディーベージュ。日本人の肌に馴染みやすく、知的さを演出できる万能カラーと言えるでしょう。特別な日だけでなく、普段使いにもしっかり対応してくれるのが嬉しいですね。

ゴールド

色っぽさと強さを秘めたゴールド。水着メイクに取り入れれば、周りの目を引く事間違いなしです。仕上げは主張しすぎないように指でしっかりぼかしましょう。

ブルー

夏の定番カラーであるブルーですが、パールやラメをほんの少し加える事で、インパクトのあるアイメイクが完成です。夏のイベントで目立つ事間違いなしですね。

パーソナルカラー別・おすすめ夏メイク

ここでは、パーソナルカラー別おすすめの夏メイクを2パターンに分けてご紹介します。
自分はどちらのタイプに属するのかをしっかり見極めてくださいね。

ブルべさんにおすすめの夏メイク

透明感が魅力的なブルーベースさんは、透け感のあるクールな夏メイクがおすすめです。

  1. ベースは明るめのピンク系ファンデーションをセレクト
    ※くすみがあれば、コンシーラーやコントロールカラーで補正。
  2. アイメイクは薄めのブラックやライトブラウンで統一
  3. 口元は上品且つ知的な青みのあるローズ系をセレクト

ブルーベースチェック

ブルーベースの方には以下の特徴があります。「色白だね」と言われるような人はブルーベースさんに当てはまる可能性が高いです。

  • 肌が白いと言われる
  • 黒目がち
  • シルバー系が似合う
メリッシュ denkyu リップティント
メリッシュ denkyu リップティント 3ベリーピンク
肌を綺麗に見せてくれるローズ系のピンク。ティント系なので上品な艶感もプラスされます。

カラー 1コーラルピンク、2ヘルシーレッド、3ベリーピンク、4ジューシーオレンジ、5ピュアピンク
定 価 980円
商品番号 117796

美通販でこの商品の詳細を見る

イエベさんにおすすめの夏メイク

イエローベースさんは以下の特徴があります。今まで「健康的」と言われる事があれば、イエローベースさんかもしれません。

  1. オークル系のファンデーションを丁寧に塗る
    ※目の下にハイライトを入れておくとメリハリがつく
  2. アイホールにゴールド系アイシャドウをなじませる
  3. オレンジ系のチークやリップで仕上げる

イエローベースチェック

  • 肌が黄色っぽい
  • 瞳が茶系
  • すぐに日焼けしてしまう
  • ゴールド系が似合う
シュウウエムラ フェイスカラー レフィル

ビタミンカラーのメイクに似合う明るいオレンジ。薄く付けるために大きめのフェイスブラシでサッとつけるのがおすすめです。健康的な肌や多幸感を演出できます。

メーカー >シュウウエムラ
ブランド フェイスカラー
カラー M アッシー ローズ 362、M ピンク ベージュ 746、他
※他のカラーは商品詳細ページ、またはカタログ内でご確認ください。
定 価 3,000円
商品番号 123799

美通販でこの商品の詳細を見る

公式でこの商品の詳細を見る

年代別・おすすめ夏メイク


夏メイクをする時は年代を意識するとより美しく仕上げることができるでしょう。周りと夏メイクで差をつけるなら、スキンケアや肌作りが鍵になります。ぜひ、この機会に年代に合った夏メイクにチャレンジしましょう。

20代におすすめの夏メイク

20代は肌にハリがあって、くすみ悩みが少ない肌の黄金世代と言っても過言ではないでしょう。一見、肌の絶頂期に見えても、ニキビや皮脂浮などの悩みを抱えている世代でもあります。夏の高気温を乗り切るためにも、崩れにくいファンデーションやメイクを使いましょう。カラフルな水着を着る機会があるならば、ビタミンカラーのオレンジやイエローのアイシャドウを入れてみてはいかがでしょうか。

30代におすすめの夏メイク

30代は季節や環境、生活習慣などにより肌変化しやすい年齢です。20代と比較すると肌の水分も失われやすくなるでしょう。夏の冷房により水分蒸発を生じやすくなるため、ベースメイク前は美容液などで肌を保護してください。ファンデーションは保湿力と崩れにくい両機能を兼ね備えたリキッドがおすすめです。アイメイク、リップメイク共に、深みのあるブラウンやローズを使用する事でキャリアウーマンっぽさも出せますね。イベントメイク以外にも映える万能メイクです。

40代におすすめの夏メイク

乾燥やシミ悩みが増える40代はベースメイクに時間をかけましょう。乾燥していると、今年流行りのツヤ肌感がなかなか出せなくなりますよ。スキンケアでしっかりと潤した肌を作り上げましょう。ツヤ感を出すなら、リキッドタイプやクリームファンデーションがおすすめです。それでも肌のツヤ感が出しにくいようであれば、頬骨付近にパール入りのルーセントパウダーをのせましょう。また、オレンジやピンクなどの血色を良く見せるチークものせると健康的に仕上がります。

崩れない!夏メイクの基本もチェック


美しく仕上げた夏メイク、せっかくだから、長持ちさせたいですよね。完璧に崩れないメイクはなかなか難しいもの。そこで、効率良く綺麗に仕上げる化粧直しの仕方をおすすめします。スムーズなメイク直しを実現させるためのお役立ちツールのご紹介もします。

崩れが気になる夏の下地メイク&アイテム

せっかくの夏メイクも、暑さのせいで一気に崩れてしまいます。特に、皮脂腺の集中しているTゾーンが崩れてしまえば夏メイクはあっというまに台無しです。この部分の崩れ対策は特に大事です。崩れ対策に直結するのがまさに下地です。

この時期の下地選びは以下のような条件を意識しましょう。

  1. 過剰な皮脂を抑制する成分が含まれている
    (皮脂吸着成分など)
  2. テカリを抑える成分や処方になっている
  3. 過剰皮脂だけでなく、保湿効果も期待できるタイプ


崩れが気になる夏のファンデーシンの塗り方

夏のファンデーションは崩れとの戦いと言っても過言ではありません。いかに崩れ対策を行うかで、夏メイクを制する事ができます。以下は塗り方のポイントをあげています。さっそく実戦してみましょう。

保冷剤を活用

この数年の暑さは尋常でないレベルですね。「朝のメイク中から崩れてしまう」という人もいるくらいです。メイク中から汗をかいてしまっては、最後まで美しい仕上がりが期待できません。そんな時は、保冷剤などで首の動脈付近を冷やします。身体中の汗がスーッとひいて顔のベタつきもなくなるでしょう。

濡らしたスポンジを使用する

ファンデーションをつける時は水を含ませたスポンジを使うと肌にフィットして崩れにくくなります。水のヒンヤリとした感触が顔の汗をひいてくれるでしょう。また、夏でなくても、ホルモンバランスの崩れやすい更年期世代は、顔に汗をかきやすくファンデーションも綺麗にのりません。こうした世代にもおすすめの使用法です。

夏のマスクでのメイク崩れ対策&アイテム

食事でマスクを外したら、ファンデーションがよれて、ドロドロになっていた。という残念な現象が起きることもあるでしょう。マスクの中は蒸れているため、雑菌も繁殖しやすいものです。ここ数年はマスク生活のために肌トラブルを起こす人が増加しています。気温がぐんと上昇する夏場ならマスク悩みに加えて、化粧崩れも発生し、手に負えなくなりそうですね。そんな時、次のようなアイテムでマスクによる崩れ対策をしましょう。

スティックファンデーション

最もカバー力、フィット力のあるタイプがスティックファンデーションです。また、スティックタイプなのでTゾーンや、鼻周りの崩れやすい箇所にしっかりマッチします。マスク内の崩れ修正にはもってこいの商品です。

化粧崩れしにくいマスクを使用

化粧崩れ防止とうたわれているマスクを使用するのも良いでしょう。マスク内のメイクが崩れにないように通気性や構造が工夫されたマスクが販売されています。

マスク部分だけミネラルパウダーを使用

あえて、マスク内は油分配合のファンデーションを使用せず、ノンオイル処方のミネラルパウダーなどを使用しましょう。

夏のメイク直しのコツ、お助けアイテム

崩れやすい夏のメイクは何度もお直しが必要で厄介なものです。こんな時期こそ以下のようなお助けアイテムをしっかり使いこなしましょう。

2種類のあぶらとり紙を使い分ける

お直しの定番と言えば、あぶらとり紙ですね。あぶらとり紙を使い分ける事で直しがスムーズになりますよ。

  • フィルムタイプのあぶらとり紙
    過剰な皮脂で悩まれている方はフィルムタイプがおすすめです。吸収力も高いため、高気温で皮脂が過剰な時に最も効果的です。
  • 和紙タイプのあぶらとり紙
    和紙タイプは昔ながらのあぶらとり紙ですね。「いつもよりベタつく」と言う程度の方におすすめです。

このように、2タイプのあぶらとり紙を皮脂の具合で上手く使い分ける事で化粧直しがとてもスムーズになります。

さくら
さくら

サイズ 約108×84×3mm
価 格 美通販価格(詳細は商品ページでご確認ください。)
商品番号 124619

美通販でこの商品の詳細を見る

スプレーで皮脂浮抑制と保湿を

真夏の炎天下では皮脂の量が数倍になります。そんな時は化粧水と同成分のスプレーを持参していると良いですね。化粧直しの時にスプレーをして軽くティッシュオフしましょう。保湿効果も高いので、冷房での乾燥にも対処できます。

ガマルド オー ド ガマルド
ガマルド オー ド ガマルド 250ml
ミネラル豊富な温泉水で、みずみずしく透明感溢れる肌に導きます。スプレータイプの化粧水なので、肌に満遍なく水分が行き渡ります。化粧直しのお供にベストアイテムですよ。

メーカー
ブランド
サイズ 100ml、250ml
定 価 3,000円
商品番号 112281

美通販でこの商品の詳細を見る

ルーセントパウダーで皮脂抑制

ルーセントパウダーは、余分な皮脂を抑える働きもあるため、皮脂浮を抑える効果も期待できます。化粧直しとしては最適なツールと言う事ができるでしょう。

トニータナカ フェイスパウダーUV パフ付
トニータナカ フェイスパウダーUV パフ付 カラレス 20g
汗や皮脂浮の気になる真夏の肌も、あっというまにサラサラ肌に仕上げます。紫外線の強い時期に嬉しいUV効果もバッチリです。

メーカー トニータナカ
ブランド フェイスパウダーUV
サイズ 20g
カラー カラレス、ベージュ
香 り 無香料タイプ
定 価 4,500円
商品番号 53632

美通販でこの商品の詳細を見る

夏の乾燥対策

夏の肌悩みといえば、化粧崩れを思い浮かべる人が多いでしょう。ですが、この時期忘れてはいけない肌トラブルが乾燥悩みです。

冷房や紫外線の影響による乾燥悩みを抱える女性が圧倒的に多いのです。夏の乾燥を放っておくと、せっかくきめたトレンドメイクが映えなくなるというデメリットも発生してしまいます。この夏は、乾燥対策・化粧崩れ対策を上手く併用してみましょう。

乾燥対策①
潤いを逃がさない洗顔

ベタつきの気になる夏場は、念入りに洗顔したくなるもの。ですが、洗顔後につっぱり感を感じてしまう場合は、保湿力のある洗顔料に変える必要があります。セラミド、ヒアルロン酸などが配合されている洗顔料をセレクトしてみましょう。

乾燥対策②
水分保持力をアップ!

基本的に乾燥対策は保水力のある化粧水をたっぷりつけることです。もちろん、水分を逃がさないようにする役割の乳液もペアでしっかり使用します。

乳液のべたつく質感が苦手でなかなか適切な量の乳液をつけられていないという方も少なくはないでしょう。夏場にはサッパリタイプの乳液に切り替えるなどして、乳液の継続使用をし、肌の水分保持をしっかりしましょう。

乾燥対策③
完璧なUV対策

肌の乾燥は空調だけでなく、紫外線の影響も大きいです。例え、曇り日や室内でも、紫外線は容赦なく肌へと降り注ぎ、乾燥を引き起こします。UVケアを通勤・通学などの私生活に盛り込む対策は必須です。

今年の夏は華やかなビビットカラーと冷涼感ある透明カラーを使い分けて

梅雨も明けて、いよいよ夏がやってきます。今年はコロナ前に開催されていたイベントが少しずつ開催されるようになりました。各地では海開きや花火大会などのイベントがスタートし始めていますね。何年かぶりの開催に心弾ませている女性も多いはず。2022年の夏メイクはそんな女性達の待ちに待った気持ちを反映させる大切な意志表現になる事でしょう。せっかくの夏メイクを長持ちさせる技をしっかりと磨いて夏を楽しみましょう。
 

美通販.comで
あなたも仕入れ価格でお買い物

会員登録のご案内
美通販.comは美容機器から美容用品、サロンで扱う商品はもちろん、食品から便利品までなんでも揃う通販サイト。お客様の多くは美容関係者さまですが、クリニックやトリマー、マッサージやネイルなど講習を受け、ディプロマ等があれば会員になれます。ぜひお問い合わせください。サロン登録でも、個人登録でもOK!!
ヘアケア商品や化粧品などサロン専売品が卸値で買えるのでとってもお得。

【美通販】会員登録詳細へGO!

ユミ元ビューティーアドバイザー

投稿者の過去記事

国産化粧品の美容部員を10年勤めました。
百貨店から化粧品専門店まで、様々な店舗勤務を経験しています。現在は、専業主婦をしながら在宅WEBライターとして美容系記事を中心に執筆活動をさせていただいています。美容に関する新鮮な情報を発信できたらと思います。

新着記事

最新版カタログ

美通販最新版カタログ

お役立ち情報

  1. 美容師になるには
  2. 美容師 名刺
  3. 美容師 離職率
  4. 防災チェック
  5. 美容室 消耗品
〇個買うともう1個もらえるキャンペーン

人気のサロン向き雑誌202種

夏アイテムSale!

アーカイブ

PAGE TOP