美容室のおすすめ&面白いキャンペーン・告知アイディア15選

「もう、すべてのキャンペーンをやり尽くしてネタがない…」
このように思っている美容師さんはいますか?
美容室のキャンペーンは、アイディアを出すのが大変です。
そこで今回は【美容室のおすすめ&面白いキャンペーン・告知アイディア15選】というテーマでシェアします。
もう、美容室のキャンペーン企画で悩むことはありません!

キャンペーンで美容室が期待できる効果


美容室がキャンペーンをするときは、何かしらの目的があった上でやります。
逆に言うと、目的を決めずに行うキャンペーンは、ターゲティングされていません。
そのため、失敗の可能性も高いです。

ここでは美容室が行うキャンペーンの中で、目的に合わせた4つの案を紹介していきます。

【目的①】 客単価アップ

美容室にとって客単価は重要。
なぜなら【売上=客単価×客数】だからです。
つまり売上を上げるなら、客単価を上げて客数を増やすのが最も効果的と言えます。

客単価をアップさせる場合、やってはいけないのがカット料金の割引です。
カット料金は、美容室のメニューの中でも高単価に含まれません。
さらにカットをされる人も多いです。
そのメニューを割引してしまうと、客数が伸びても客単価は落ちてしまいます。

客単価をアップさせるなら、これから売り出したいメニューがおすすめです。
トリートメントのようなプラスワンメニューみたいなものが理想的!
自身の美容室でどのメニューが当てはまるか考えてみてください。

【目的②】 リピート率アップ

リピート率を高めることで、売上アップも期待できます。

美容室へのリピート率は、どんなに高い人でも90%
10人来店したら、1人は失客をする計算になります。
この数字は高い人の場合なので、低い人ではさらに失客してしまうので注意!

リピート率を上げるために【VIP客・固定客・新規客】の3つのリピート率を計算してみてください。
現状分析は非常に大事です。


【目的③】 新規顧客の獲得

新規顧客を獲得する方法はさまざまです。
その中でも多いのが、『ホットペッパー』のような集客媒体だと思います。

現代の美容室では【ホットペッパーなくして集客は困難!】と言わしめるくらい効果的です。
その反面、登録している美容室が多いためレッドオーシャン(激しい競争状態)になりつつあります。
つまり、ホットペッパーに掲載しているだけで集客できる時代は終わったのです。
戦略を持って掲載するようにしましょう。

また、店の看板なども新規顧客獲得に使えます。
路面で構えている美容室は、必ず看板を表に出すようにしてください。

【目的④】 繁忙期以外の来客率アップ

12月のような繁忙期に多くの来客があり、お断りした経験ありませんか?
繁忙期以外に来店してもらえると、美容室からすると最高ですよね。

美容室にとって来店を断るデメリットは大きいです。
なぜなら、他店へ流出してしまうおそれがあるからです。

事前予約などを促して、繁忙期を避けて来店してもらうようにしましょう。
何かしらの特典をつけても良いかもしれません。

効果的なキャンペーンを考えるコツ

美容室のキャンペーンのアイディアは、考えてもなかなか出てこないもの。
キャンペーンを考えるコツを2つ紹介していきます。

【コツ①】 目的を明確にする

キャンペーンをする上での目的をはっきりさせましょう。
ただ、安売りやアメニティーをつけるだけのキャンペーンはNGです。

【どういった目的でどんな人に来店してもらいたか?】をスタッフ全体で共有することが必要になってきます。
キャンペーンは手段なのに、目的になっている美容室が多いです。
目的を達成させるためのキャンペーンということを、念頭に置いておきましょう。

【コツ②】 他のサロンのアイディアを参考にする

美容室のキャンペーンのアイディアを考える際に、斬新かつ新しいものを出すのは困難。

それなら、他店のアイディアを真似すればいいだけです。
ただし、丸パクリするだけでは効果は望めません。
なぜなら、美容室によって特色が違うからです。

ミセス層が多い、トレンドを発信しているなど、店の色はさまざま。
他店が行っているキャンペーンをうまく自店に落とし込むようにしましょう。

美容室におすすめのキャンペーンアイディア6選


ここではさまざまなジャンルのキャンペーンを紹介します。
自店でやりやすいキャンペーンを真似してみてください。

【おすすめアイディア①】 周年キャンペーン

周年キャンペーンは、最も気軽にできる企画です。
しかし周年キャンペーンとはいえ、毎年するのはやめましょう。

飲食店と違い、美容室の来店周期は長いです。
2ヵ月に1回の来店の場合、年間6回になります。

毎年のように行うとレア感がありません。
【1・3・5・7・10】のように周年キャンペーンをするのがおすすめです。

【おすすめアイディア②】 店販を促進するキャンペーン

店販は技術ではないため、施術時間がかからないのがメリット!
キャンペーンの内容としては、割引がメインになってきます。
割引の方法は主に2種類です。

  • いくつかの商品をセット購入しての割引
  • ○○円以上の購入した場合の割引

セット購入割引だったら【シャンプー+トリートメントセット】みたいに、関係性があるもの同士がおすすめです。
○○円以上の購入割引の場合は、5,000円以上を目安すると良いでしょう。

【おすすめアイディア③】 天気に合わせたキャンペーン

天気に合わせたキャンペーンで多いのが【雨の日割引】です。
ただし、梅雨のような季節は雨が続きます。
雨の日割引をするなら、年間通してやらない方がいいです。

季節を見極めてキャンペーンを打つようにしましょう。
また割引だけではなく、以下のような季節に合わせた新メニューキャンペーンもおすすめです。

【おすすめアイディア④】 季節に合わせたキャンペーン

先ほど説明した気候に合わせたキャンペーンと並行して、季節も取り入れると良いです。

【春】
春は人が移動する季節!
そのため、美容室を探しているお客様も多いです。
そんな方へ向けて、キャンペーンを打ちましょう。
ここで新規のお客様を捕まえないと、春以降の集客が難しくなります。
新規客獲得という点において、最も重要な季節です。

【夏】
夏の場合は【冷たいクールシャンプー】がおすすめ。
主にメンズに向けたキャンペーンになります。
美容室だとメンズ向けのキャンペーンが非常に少ないです。
ある意味、競合者がいないブルーオーシャン状態!
メンズが多い美容室は、効果が期待できます。

【秋】
秋は、夏の海や紫外線で髪が傷んでいるはずなので【トリートメントキャンペーン】が打ちやすいです。
また、夏はヘアカラーも明るくされる人が多いため、髪が傷みます。
そんな方へ、トリートメントキャンペーンを打つと効果的です。
夏の時点で秋にトリートメントキャンペーンをすることを伝えておきましょう。
そして、キャンペーンで使える期限付きのクーポンを渡しておけば完璧です。

【冬】
冬にやってほしいキャンペーンが【じんわり温かいホットトリートメント】です。
乾燥しやすい季節のため、トリートメントとの相性も良いです。
蒸しタオルなどを使って、疲れを癒す極上の時間をプレゼントしましょう。

春夏秋冬に合わせて打てるキャンペーンは多いです。
自店にぴったりの企画を考えてみてください。

【おすすめアイディア⑤】 SNSキャンペーン

SNSキャンペーンのメリットは、経費がかからないことです。

一昔前までは、お知らせのハガキを送っていた美容室がほとんどでした。
美容室のキャンペーンのアイディアとして、SNSを使うのは必須!

使用するSNSキャンペーンは、InstagramとTikTokの2つがおすすめです。
【SNSにタグ付けしてくれたら〇〇をサービスします】みたいな感じで良さそうです。

ただし、SNSキャンペーンをするには以下の2つのデメリットもあります。

  • お客様が共通のSNSアカウントを持っておく必要がある
  • SNSのフォロワーが少ないと効果を発揮しない

共通のSNSアカウントがなければ、キャンペーンは難しいです。
特にInstagramとTikTokは、20~30代のユーザーが多いです。
そのためミセス層が多い美容室だと難しいかもしれません。

SNSのフォロワーが少ない場合は広告を打ってみるのも良さそうです。
SNS広告は、安い金額から始められます。
実験的に広告を打ってみるのも、キャンペーン戦略としてはありです!


【おすすめアイディア⑥】 ターゲットに合わせたキャンペーン

ターゲットに合わせたキャンペーンが最も効果的です。

季節や周年のキャンペーンはやりやすいのですが、他店もよくしています。
そのため、美容室のキャンペーンのアイディアとしは差別化がはかりづらいです。

ターゲットを絞ったキャンペーンは、美容室独自になるため差別化できます。
その代わりにターゲティングが重要です。

自店に来店してくれているお客様の属性や年齢を細かく把握しておく必要があります。
なんとなく、ターゲティングをしても効果は出ません。
店全体でマーケティングの勉強会などを取り入れて、ターゲティングを学びましょう。

割引は美容室のキャンペーンの最終手段

ここではキャンペーンをする際の注意点をお伝えします。
美容室のキャンペーンは、ついつい割引に走りがちです。
割引は一歩間違うと、薄利多売になってしまいます。
キャンペーンをするときは、割引ばかりしないようしましょう。

面白い! 個性的な美容室のキャンペーン・イベントアイディア3選


ここではこれまで紹介してきたキャンペーンとは違う、独自性があるものを紹介します。
美容室のキャンペーンの応用編と思ってもらえるといいかもしれません。

【個性的なアイディア①】 ワークショップの開催

ワークショップとは、参加型イベントのことです。
たまにカフェが【コーヒーの淹れ方講座】みたいな企画をしていますよね?
あれに近いです。

美容室ならヘアアレンジ講座などがおすすめ!
サロンワーク中だと、時間の関係でヘアアレンジについて深く説明ができません。
ワークショップを開催してお客様とコミュニケーションを図ると、信頼関係も増します。

さらにヘアアレンジ講座は、店販と繋げやすいです。
ヘアアレンジに使いやすいスタイリング剤を参加した方にすすめてみましょう。
コミュケーションがしっかり取れるので、購入してもらえる確率もぐんっと上がります。

【個性的なアイディア②】 地域密着イベント

自店がある街のイベントとコラボすると良いです。
子供のカットやヘアアレンジなどがコラボしやすいと思います。

人気の美容室は、地域から愛されている特徴があります。
地域密着イベントのメリットは、未来顧客との繋がりを得られることです。

未来顧客とは、これから来店してくれそうな方を指します。
「あの美容室、気になっているんだよな…」みたいな人って実は多く存在します。
地域密着イベントに参加すると、このような方とコミュニケーションが取れるんです。

私自身も大学のミスコンの審査委員を5年ほどしていました。
おかげで審査委員をした大学から、多くのお客様が来店してくれています。

【個性的なアイディア③】 ハロウィン・クリスマスなどの行事イベント

ハロウィンやクリスマスの日にコスプレをしている美容師さんをSNSでよく見かけます。
美容師さんによっては「絶対にしたくない!」と思いの方もいるかもしれません(笑)
しかし、実際にやってみるとお客様から喜ばれます。

お客様がSNSなどにもアップしてくれるため、美容室の宣伝という意味での効果は高いです。

キャンペーン告知方法アイディア6選


美容室でキャンペーンをするなら、同時に告知もしなければいけません。
6つの告知方法をお伝えします。

【告知アイディア①】 SNSでの告知

SNSでの告知は必須です。
事前に美容室のアカウントを作っておきましょう。
また、スタッフが協力してくれるならSNSでの告知を手伝ってもらうのもありです。

この記事中でも紹介していますが、SNSの告知はフォロワー数次第で効果が変わってきます。
自店のアカウントを少しずつ、育てておくのがおすすめです。

【告知アイディア②】 ホームページでの告知

ホームページのメリットは、情報を多く載せられることです。

しかし、ホームページはお客様自身が自発的にアクセスしないといけません。
SNSのように情報が自動的に流れてこないため、ホームページを見るきっかけが必要になります。

【告知アイディア③】 DMでの告知

DM(ダイレクトメール)は、直接お客様に送ることができます。
そのため、非常に高い効果があります。

注意点はあまりにDMが多いと、お客様が面倒に感じることです。
そのため、送るなら月に1度くらいがおすすめ。
頻繁に送り過ぎるとブロックされる可能性があります。

【告知アイディア④】 美容サイトでの告知

ホットペッパーのような美容サイトでの告知も手段のひとつです。

しかし、人気の美容サイトは掲載料を払う必要があります。
掲載料と告知することでの売上を比較検討しなければいけません。

また、美容サイトに載せるだけで集客できる時代は終わっているで注意しましょう。

【告知アイディア⑤】 Googleマイビジネスでの告知

Googleマイビジネスは、無料で情報を載せることができます。
口コミなども記入できるので、美容サイトに近い感じで運用が可能です。

しかし、Googleマイビジネスは美容サイトに特化したものではありません。
そのため、ホットペッパーのような美容サイトと比較すると効果は低いです。

【告知アイディア⑥】 チラシでの告知

チラシでの告知をするなら、配るエリアを絞りましょう。
なぜなら、コストがかかってくるからです。
配るエリアを広げすぎても、費用対効果は低くなります。

配る以外にも、知り合いの店に置いてもらうのも良いです。

美容室のキャンペーンのアイディアは個性を出すのがおすすめ


今回のテーマ【美容室のおすすめ&面白いキャンペーン・告知アイディア15選】についてまとめていきます。

・周年キャンペーンは毎年やらない
・キャンペーンで割引ばかりすると薄利多売になる
・ターゲティングをしてからキャンペーンを打つ
・ワークショップのような参加型の企画はお客様との親密度が上がる
・キャンペーンは独自性のあるものの方が効果が出やすい
・SNSを使ったキャンペーンはフォロワー次第で大きく結果が変わる

美容室のキャンペーンをするなら、事前に年間スケジュールを立てましょう。
行き当たりばったりで企画をしても効果が出づらいです。

この内容が少しでも参考になれば嬉しいです。

 

美通販.comで
あなたも仕入れ価格でお買い物

会員登録のご案内
美通販.comは美容機器から美容用品、サロンで扱う商品はもちろん、食品から便利品までなんでも揃う通販サイト。お客様の多くは美容関係者さまですが、クリニックやトリマー、マッサージやネイルなど講習を受け、ディプロマ等があれば会員になれます。ぜひお問い合わせください。サロン登録でも、個人登録でもOK!!
ヘアケア商品や化粧品などサロン専売品が卸値で買えるのでとってもお得。

【美通販】会員登録詳細へGO!

宇井一八フリーランスヘアスタイリスト兼ウェブライター

投稿者の過去記事

福岡理容美容高等専門学校を卒業。2店舗のサロンを経て2017年にフリーランスのヘアスタイリストとして活動をスタート。カラー比率は、80%以上でブリーチを使ったカラーや明るい白髪染めなど、あらゆるヘアカラーが得意分野。
現在は、ヘアスタイリストとして活動の傍らウェブライター業や百貨店とUUU計画(ユーケイカク)という名前でアートイベントの主催を運営中。
YouTube

新着記事

最新版カタログ

美通販最新版カタログ

お役立ち情報

  1. 美容師になるには
  2. 美容師 名刺
  3. 美容師 離職率
  4. 防災チェック
〇個買うともう1個もらえるキャンペーン

人気のサロン向き雑誌202種

夏アイテムSale!

アーカイブ

PAGE TOP