ポータルサイトでの集客

ポータルサイト集客のメリットとデメリット|美容サロンの判断基準とは

ポータルサイトとは、美容室の集客に役立つサービスです。しかしデメリットも存在しているので、用途に合わせて活用するようにしましょう。ポータルサイトに依存してしまうと、コストがかかりすぎて損をしてしまう可能性があるからです。そうならないためにも、ポータルサイトの特徴をまとめてみたので、参考にしてみてください。

ポータルサイトとは

ポータルサイトとは

集客について調べてみると、ポータルサイトという言葉をよく目にします。

そもそもポータルサイトとは、インターネット上にあるサイトの中でも、たくさんのコンテンツ(情報)が集まっているサイトを指します。美容室でも自社でホームページを作るのではなく、ポータルサイトを自社のホームページの代わりにしているところも多くあるでしょう。

多くのコンテンツの中に美容室のサイトが掲載されていると、それだけで集客になるからです。それだけメリットがあるからこそ、ポータルサイトを使う美容室が存在します。ポータルサイトが気になる人も多いでしょうから、どのような特徴があるのか見てみましょう。

ポータルサイトの種類

ポータルサイトは、そもそもいくつか種類がわかれています。用途に合わせて種類を選ぶと、ポータルサイトからの集客が期待できるでしょう。種類の特徴を知って、うまく活かしてみてください。

総合(ディレクトリ)型

総合(ディレクトリ)型は、多くのコンテンツが集約されているポータルサイトです。例えばYahoo!Japanなどの検索エンジンをイメージすれば、かなりわかりやすいでしょう。

たくさんサービスが受けられると、ユーザーが集まりやすく、うまく活用すれば集客しやすい環境です。ただし、総合(ディレクトリ)型で集客しようとする人も多いため、ライバルが集まりやすいという欠点もあります。

地域型

地域型は名前のとおり、地域に特化させたポータルサイトです。利用するためには、その地域に店舗がないといけません。

上記の総合(ディレクトリ)型より、ライバルが少ない分集客しやすいでしょうが、見ているユーザーが少なめなのがデメリットとなるでしょう。地域に根差した美容室なら、相性のいいポータルサイトの種類です。

観光系のポータルサイトが多いですが、地域名で検索すれば、ちょうどいいポータルサイトが見つかるでしょう。

専門分野型

専門分野型とは、これも名前のとおり、専門分野に特化させたポータルサイトです。美容室なら、美容室専門のポータルサイトを利用しましょう。ユーザーは美容室の情報を知りたくて利用するため、ピンポイントで集客できる可能性があります。

上記の総合(ディレクトリ)型は、幅広く集客できるのが特徴ですが、専門分野型は狭くて濃いユーザーが獲得できるわけです。見ている人が少ないですが、それを補えるほど美容系の情報を知りたいユーザーが多いので、一長一短といえるでしょう。

口コミ型

口コミ型も名前を見ればわかるように、口コミばかりを集めたポータルサイトです。企業の表面の情報だけでなく、さらに濃い情報を求めて集まるユーザーが多いので、利用するメリットはあります。食べログなどが、口コミ型のポータルサイトの筆頭といえるでしょう。

より濃い情報を求めてユーザーが来るので、評価がいい口コミばかりが集まっていると、集客しやすくなります。口コミ型ポータルサイトで集客するためには、日ごろの営業の積み重ねが大事というわけです。

ポータルサイト集客のメリット

ポータルサイト集客のメリット

ポータルサイトを使うと、美容室では感じられるメリットがたくさんあります。

もちろん集客としてもメリットなので、経営すべてがうまくわけではありません。そのあたりは注意して使えば、経営が楽になるかもしれないので、気になる人は検討してみるといいでしょう。

集客がしやすい

ポータルサイトを活用するメリットは、集客がしやすくなる点です。外部のサイトに美容室の情報が掲載されるわけですから、それだけでもお客様の目に付きやすくなります。もしポータルサイトの利用者が多いのなら、その利用者分だけ集客力が高くなるわけです。

通常の企業サイトでは、直接美容室名を検索されなければサイト自体見られません。しかしポータルサイトに掲載されると、美容室名を知らないお客様まで、美容室について知ってもらえます。幅広い人に集客できるため、ポータルサイトを利用している美容室が多いことも頷けます。

集客力に自信がない美容室は、とりあえずポータルサイトを利用してみるといいかもしれません。

ポータルサイト独自の機能が使える

ポータルサイトの中には、独自で利用できてしまえる機能が搭載されており、集客がさらにしやすくなる可能性もあります。

中にはWeb予約機能や口コミ機能など、お客様が知りたい情報がまとめられています。うまくお客様の評価が高まれば、それらを見るだけで集客力が高まるため、ポータルサイトを使うメリットがあるはずです。

独自でこれらの機能を作ったとしても、ポータルサイトよりは見られる頻度が少ないため、集客としての効果は実感しにくいでしょう。利用者が多いポータルサイトだからこそ、独自機能がうまく活かされ、集客しやすくなるわけです。

サイトの立ち上げが簡単で気軽!

ポータルサイトを使わず、ホームページ作成を外注すると、どれだけ費用がかかると思いますか? じつは相場として調べてみると、10~30万円してしまいます。もちろん予約機能などを付けると、さらに高額になってしまうので注意しましょう。

しかしポータルサイトを利用すると、サイトの制作はポータルサイトがやってくれるので、手間がかからず楽ができます。もちろん以下で紹介しますが、広告掲載料を払えば、サイト制作費が必要ありません

つまりポータルサイトは、気軽さが大きなメリットです。サイトの代わりとして使っている美容室もいるくらいなので、集客できる仕組みと、サイト制作が気軽にできてしまいます。

ポータルサイト集客のデメリット

ポータルサイトを使うメリットはありますが、デメリットも存在しています。これらを把握していないと、損をしてしまう可能性が高いでしょう。集客のためにポータルサイトを利用するなら、これらのデメリットを抑えられるように、うまく工夫しないといけません。

何をするべきか参考にしてもらうために、3つのデメリットをまとめてみました。

毎月広告費が発生してしまう

ポータルサイトを使う大きなデメリットは、継続的に広告費を支払う必要がある点です。上記ではサイトの制作が楽と紹介しましたが、それは最初だけと思ったほうがいいでしょう。

毎月支払いが発生してしまうため、長期で使うほどコストがかかってしまいます。このコスト以上の売上が上がらないと、ポータルサイトを使うメリットはありません。集客力が上がる仕組みを作り、広告費のコストを上回る売上が見込めるのなら、ポータルサイトを使いましょう。

集客した人がリピートする確率が低め

ポータルサイトを使えば集客はできますが、一度来たお客様がリピートしてくれるとは限りません。むしろポータルサイトを見てきたお客様は、リピートしてくれる確率が低いとされています。

それは多くのポータルサイトでは、クーポンなどの割引をする前提で登録しないといけないからです。つまりクーポン目的で来店するため、お客様が定着しません。

美容室の強みが明確で、他の美容室では味わえないサービスがあるのなら、ポータルサイトを使ったほうがいいでしょう。しかしそれがないのなら、長期間ポータルサイトを使い続ける羽目になるかもしれません。

掲載をやめると集客ができない

定着率が少ないポータルサイトに掲載をやめると、途端に新規で来るお客様が減ってしまった、という声も少なくありません。つまりポータルサイトに依存してしまうと、美容室をしている限り長期間広告費を払い続けないといけなくなるでしょう。

そうならないためにも、集客したお客様を定着する努力をしてください。またポータルサイト以外からの集客がうまくできるように、別の集客ルートを作ったほうがいいでしょう。

無料と有料では集客力に違いがある?掲載の判断基準はどこ?

無料と有料では集客力に違いがある?掲載の判断基準はどこ?

ポータルサイトのデメリットは、広告費が続くと紹介しましたが、それなら「無料のポータルサイトを使えばいい」と思った人もいるでしょう。確かに無料のポータルサイトを使えば、デメリットがなくなるかもしれません。

しかし無料のポータルサイトにも、デメリットがあります。それは不要な広告が表示されて、利用者が邪魔だと感じて、美容室の情報をよく見てくれないといった点です。

掲載者から料金をもらわない代わりに、ネットの広告収益から運営を成り立たせているため、広告の表示について文句はいえないでしょう。有料のポータルサイトであっても、広告が出てくるところもあるので、ここは判断基準にはできません。

ではどこのポータルサイトに掲載するべきか、目安を知りたいですよね。それは、とにかく集客力を目安にするのをおすすめします。特にポータルサイトの知名度が高いと、多くの人が見ているだけに、集客力も高くなります。

有名なポータルサイトは広告費が高い代わりに集客が期待できるので、やり方次第では損をせずに経営に活かせられるはずです。

代表的な美容サロン系ポータルサイト

代表的な美容サロン系ポータルサイト

ポータルサイトについて詳しく紹介してきましたが、結局のところ、どのポータルサイトを使うべきでしょうか。以下で紹介する代表的なポータルサイトを使うと、安心して美容室の営業に専念できるはずです。

各サイトの特徴やメリット、デメリットまで紹介するので、自分の美容室に合ったサイトを見つけてみてください。

ホットペッパービューティー

特徴 ポータルサイトの中で知名度が特に高い
メリット
  • 集客力が高くて売上アップが期待できる
  • プランが選べる
デメリット
  • 毎月支払う広告費が高い
  • ネット予約をもらうと手数料が発生する

ホットペッパービューティーは、美容室をしている人なら誰でも知っているでしょう。それだけ知名度が高いポータルサイトなので、集客力が高いのが大きな特徴です。とりあえずポータルサイトに迷っているなら、まず試してみてはいかがでしょうか。

しかしホットペッパービューティーは集客力が高い代わりに、広告費が高く、毎月の支払いが苦しくなるかもしれません。さらにネット予約をお客様が使うと、手数料を引かれてしまいます。

もちろんホットペッパービューティーを使えば、売上が必ずアップするわけではないので、コストが気になる人は要注意です。

楽天ビューティ

特徴 コスパ重視のポータルサイト
メリット
  • ホットペッパービューティーより安い
  • それなのに使える機能はほぼ同じ
デメリット
  • ホットペッパービューティーより集客力が低め
  • 電話予約でも1件から料金が発生する

楽天ビューティは、ホットペッパービューティーに似たポータルサイトです。そのため、ホットペッパービューティーの料金に不満がある人にちょうどいいでしょう。それは月額料金制ではなく、成果課金型になっているので、来店が少ない月は料金が抑えられるからです。

しかしホットペッパービューティーより知名度が低いため、集客力が劣る点がデメリットといえるでしょう。また楽天ビューティから電話予約があれば、これも料金として差し引かれてしまいます。

デメリットもあるので、ホットペッパービューティーを試してみてから、相性がいいか判断してみてください。

ビューティーパーク

特徴 低価格プランから始められる安心感!
メリット
  • 月額料金制でそれ以上のコストがかからない
  • 参加店舗数が最大級!
デメリット
  • ホットペッパービューティーより集客力弱め
  • 最低利用期間があって気軽に解約できない

ビューティーパークは低価格な上に月額料金制でわかりやすいため、試しにポータルサイトを使いたい人にもおすすめです。月額料金さえ払っていれば、それ以上の料金が発生しないのもいいところでしょう。また参加店舗数もポータルサイトより比較的多いため、利用者も選ぶ楽しみがあります。

しかしホットペッパービューティーに比べると、集客力があるわけではありません。また最低料金のプランは、月額3,000円からになっているので、お試しとして使ってみたい人がいるでしょう。これも1年間は使い続ける必要があるので、気軽さがそこまでないともいえます。

minimo(ミニモ)

特徴 専用アプリからスタッフに直接予約ができる
メリット
  • 20代前後の若い世代に人気がある
  • 成果報酬型でコストを抑えられる
デメリット
  • 検索機能が満足に使えない
  • 登録サロン数が少なくて集客力が低い

minimo(ミニモ)は、スマホアプリで予約をするポータルサイトです。スマホを使いこなす若い世代に人気のため、美容室によっては集客に役立つでしょう。月額料金制ではなく、楽天ビューティのような成果報酬型のため、無駄なコストを抑えられるのも魅力のひとつです。

しかしまだまだ始まったばかりのサービスのため、登録している店舗数が少ないのがデメリットと言えます。簡単に集客ができるとは思わないほうがいいので、ネット予約機能を取り入れてみたいのなら試す価値があります。

OZmall

特徴 高価格帯で首都圏エリアに強いポータルサイト
メリット
  • 価格を無理に下げる必要がない
  • クーポンを目的とするお客様が来店しにくい
デメリット
  • どの美容室も掲載できるわけでない
  • 掲載サロン数が少ないため集客力があるか不明

OZmallはポータルサイトの中で、独自路線を貫いています。それは高価格帯で、さらに首都圏のみの美容室が掲載できる仕組みになっているからです。スタッフが厳選して掲載できるか判断するため、利用するお客様はクーポン目的ではないでしょう。しかしどの美容室でも掲載できないので、気軽さがないのがデメリットです。

また集客力があるか疑問が残るでしょう。サロン掲載数が少ないのもあり、利用者が少ない可能性もあるので、高級路線の美容室以外は手を出さないほうがいいかもしれません。

BEAUTY PORT

特徴 無料で利用できるポータルサイト
メリット
  • 無料で美容室の情報を掲載できる
  • 機能も豊富で使いやすい
デメリット
  • ポータルサイトだけで集客が期待できない

BEAUTY PORTは、唯一無料で利用できるポータルサイトです。無料で利用できるのは、広告費でサイトを運営するのが目的に作られているため。美容室側の掲載料が発生しないように作られているので、安心して使えるでしょう。

しかしBEAUTY PORT自体の知名度もないため、ポータルサイトからの集客は期待できません。ポータルサイトを試したいなど、明確な用途がある人が使うといいでしょう。

ポータルサイトで集客ができれば売上アップも夢ではない

ポータルサイトは、美容室が気軽に集客力を上げるのに適したサービスです。しかし広告費などのコストがかかりやすいため、闇雲に活用しても、損をしてしまう可能性があります。

ポータルサイトで売上をアップさせるには、仕組みを作って経営を安定させる努力が必要です。この用途が足りないと感じるのなら、ポータルサイトで補いましょう。ポータルサイトに依存してしまうと、長期で見れば苦しむことになるので気を付けてくださいね。

メガネ

メガネセキ美容室オーナー、ライター、元美容師

投稿者の過去記事

美容師として8年以上勤務。薬剤で手荒れがひどくなり、美容師を辞めて現在はWebライター。
地元で美容室を経営しつつ、Webの知識で集客も行っています。

新着記事

  1. 髪の乾かし方の基本
  2. 業務用ドライヤー
  3. 美容学生 就職活動

CATALOG

美通販最新版カタログ

お役立ち情報

  1. 美容学生 就職活動
  2. フリーランス美容師
  3. 美容室 クレーム
  4. 卒業式 美容院
  5. ホワイトデー

ARCHIVES

PAGE TOP