集客 アイデア

今どき美容室の集客方法7選|美容師もコスパを考えるならネットを賢く利用しよう!

今は美容室の数が増えており、うまく集客しないと効果が出にくい時代です。どのような方法で集客するべきかわからないのなら、とりあえずネットを使うのがおすすめです。ほぼ無料で使えるだけでなく、使い方次第では効果が出やすいでしょう。それぞれの特徴や使い方について紹介するので、美容室に合った方法を見つけてみてください。

美容室が集客できない原因はどこにある?

美容室が集客できない原因はどこにある?

美容室で集客がうまくできていないという自覚があるのなら、原因がどこかにあるはずです。その原因が把握できていなくても、ある程度原因は絞られているので安心してください。

集客できない原因は、大きく分けて3つの原因が考えられます。その原因を抑えられるように対策をすれば、集客が少しずつできるようになります。結論から言ってしまうと、根本的に集客ができない原因は、お客様目線になっていないからです。

①新規客が集まらないケース

美容室に集客ができていない大きな原因は、新規顧客が集まっていないからです。年々美容室の数が増えているといわれていますが、あなたの美容室の周りも、新規顧客の奪い合いが始まっているかもしれません。

それなのに今まで通りの集客の方法をしていても、新規顧客は振り向いてくれないでしょう。

次の3パターンで新規顧客の集客をしていても、あまり意味がありません。

1.よく考えずにありきたりな方法で集客している

まずよくある集客ができていない原因のひとつは、適当に集客をしているケースです。例えば「美容室の集客=ホットペッパーに投資」といった有名な方法。この方法で、今も集客できると思っていませんか?

確かにホットペッパーというフリーペーパーは、集客する方法として今も使われている手法のひとつです。しかしその方法をずっと使っていても、なかなか成果が出ない場合もあります。

有名な手法というのもあり、ライバルが増えている今なら、ライバルにマネされてしまったら効果が薄れてしまうでしょう。つまり今まで通りのやり方で集客を続けていても、効果が出にくくなっているわけです。

2.集客のターゲットが合っていない

また集客の方法と狙っているターゲットがずれていると、いくら集客に力を入れても効果が出ません。

例えば美容室に集客したいターゲットを、20代のような若い女性だったとします。今の若い女性はスマホをメインに使っているため、ハガキでダイレクトメールを送ったとしても、見る確率はかなり低いと思っていいでしょう。

集客の費用の8割をハガキに力を入れているとしたら、当たり前ですが効果が出ないのも納得できるはずです。

3.集客のための投資が足りない

集客がうまくいかないもうひとつの原因は、投資のための費用が足りていないというケースです。

上記で紹介したように、例えばホットペッパーに掲載したとします。しかしこのホットペッパーなどのフリーペーパーでの集客方法は、何気に掲載料が高くて有名です。

集客で成果が出たと感じるのは、新規客から定期的に来る固定客に変わってくれたとき。それを感じるためには、長期間掲載料を払い続ける必要があります。

つまりその成果が出るまでに、投資する金額がなくなってしまい、途中で辞めてしまうといったケースがよくあるわけです。しばらくひとつの集客方法を始めたら、ある程度の予算を作っておかないといけません。

②新規客の多さに気を取られて固定客を見逃すケース

集客のゴールは、固定客を増やすこと。これを忘れないように集客する必要があります。しかし集客で失敗する多くの場合は、新規客ばかりに目をとられて、固定客の対応を忘れてしまう点です。

集客に力を入れすぎて、新規客が増えすぎてしまうと、固定客の対応ができなくなってしまいます。その結果、固定客が離れて新規客ばかりが来店する、といった事態も起きかねません。

集客をする際には、固定客をいつもより大事にする意識が大事になってきます。

③技術力が高い人が少ない

集客をしても効果が出ないときは、サロン内のことも見直したほうがいいでしょう。特に技術力がないタイミングで集客をしても、新規客が定着する確率はかなり低いと思ってください。その理由は、ホットペッパーの調査でわかります。

引用元 顧客満足調査(PDF資料)|ホットペッパービューティーアカデミー
お店を変えたいと思った人の割合
メインメニューの技術が低い・下手である 41.3%
仕上がりが自分のイメージと違っていた 38.3%
スタッフの接客態度が悪い 28.0%

それはお客様の多くが「技術力」を見ているからです。仕上がりが満足いかないと、失客する原因となってしまうので、新規客が来ても再来店はありません。つまり一定のレベルまで技術力を上げておき、ベテラン美容師がいるタイミングで集客すると、効果が出やすくなります。

今どき美容室の集客方法

今どき美容室の集客方法

今の美容室の集客はコロナの影響も大きく、難しい局面になってくるのは目に見えています。それでも集客を辞めてしまうと、お客様は減り続けてジリ貧です。そこで集客の方法について、よくある手法を紹介するので、それを参考に美容室に合った方法を試してみてください。

❶チラシ集客

チラシを使った集客は、昔からある手法のひとつです。しかし単発で効果が出るほど甘くありません。

実は、チラシ集客というのは、1,000分の1ほどの効果が基本。つまり1,000人がチラシを目にしても、1人来店してもらえればOKといわれています。美容室で利用するなら、チラシの載せ方を意識したほうがいいでしょう。

  • 目立つ写真とキャッチコピー(タイトル)
  • お客様の生の声を掲載
  • 限定で受けられる特典 など

このようにチラシを見てもらう努力をして、少しでも来店率を上げるようにしないと、集客に失敗してしまいます。

❷ネット予約が必須の時代

今の時代は、美容室で予約する人がネットを使っています。電話で予約する人が少数になっているので、集客する際に注意したほうがいいでしょう。

引用元 「都道府県別」20・30代女性の美容意識・実態調査(PDF資料)|ホットペッパービューティーアカデミー
ネットを重視する割合
ネット予約率 58.9%
ネットの口コミが良い 26.8%
初回来訪時の重視点「ネット予約できる」 23.9%

お客様の希望に合わせて営業するのが、美容室の経営では基本です。来店しても「利用しにくい」と思わせない企業努力をして集客するようにすれば、成果も出やすくなります。ネット予約サービスはたくさんあるので、美容室に合ったものを探してみてください。

❸美容室ブログは日々継続を

どんな方法でも集客を続けていると、「気になる美容室をもっと知りたい」と、希望の美容室を見つけるとお客様は自分で情報を探します。そのタイミングで美容室ブログを常に更新していると、お客様は来店前に希望の美容室かどうか判断できるでしょう。

安心感にもつながるので、美容室のブログは毎日更新してみてください。新しい情報を発信し続けるだけでも、信頼性が高まり、集客の成果も出やすくなります。

❹美容室のSNS活用法

ブログだけでなく、SNSを使って集客するのが今の主流になりつつあります。ほぼ無料で集客ができる点が最大のメリットといえます。コスパがいいので、接客的に活用してしまいましょう。

Twitter

Twitterは有名なSNSのひとつ。140文字以内なら文章で投稿でき、自由に発信内容を決められます。

たくさんの人に見てもらうためには、ハッシュタグを付けるのが基本です。しかし美容室で集客する場合は、あまりハッシュタグを多用しないほうがいいでしょう。美容室のアカウントとわかると、ユーザーからは宣伝のように見られてしまいます。今の時代、宣伝とあからさまに判断できる投稿を消費者が敬遠する傾向にあります。

ハッシュタグを付けなくても、検索でひっかかるようにできているので、あまり気にせず発信を続けてみてください。

Instagram

美容室ならほとんどのところが使っているのがInstagramです。Twitterと違って拡散機能がないため、逆にハッシュタグが必須のSNSになります。適当にハッシュタグ付けても効果がないので、試行錯誤しながら研究するのがおすすめです。

若い女性がよく使っているため、ターゲットが決められている分、運用もしやすいでしょう。むしろ若い女性をターゲットにしているのなら、積極的に利用してみてください。

Facebook

上記のSNSのように、20代の若い世代をターゲットにしていない美容室も多いでしょう。つまり30代以上をターゲットにした美容室は、TwitterやInstagram以外のSNSを探したほうがいいわけです。

その中でも特に人気が高いのがFacebookです。実名登録をしているだけに、拡散されれば効果が出やすく、30代以上の人がたくさん使っています。法人アカウントも作成できるので、美容室なら作成していて損はありません。

LINE公式アカウント

LINE公式アカウントとは、他のSNSと違い、メッセージでのやり取りが自由にできるSNSです。1対1でのやり取りができるだけでなく、ダイレクトメールのように一斉送信も可能。臨時休業などのお知らせや、予約のために使うなど、幅広い使い方ができるでしょう。

メッセージのやり取り次第では有料になってしまいますが、基本的に無料で使えます。コスパがいいので、集客用として導入してみましょう。

❺Googleマイビジネスへの登録

Googleマイビジネスとは、Googleマップで美容室の情報が表示されるサービスです。地域密着型の美容室をしている人は、とりあえず登録しておきましょう。

基本的に無料で使えるだけでなく、お客様がレビューを付けてくれると、Googleで上位表示できるチャンスがあります。自宅周辺に美容室がないか探している人が、新規で来店してくれる可能性があるので、試してみてください。

❻ポータルサイトへの掲載やアプリの活用

広告費がある程度用意できるなら、ポータルサイトへ掲載してみるのも、集客として有効な手段です。ポータルサイトというのは、集客を目的としたサイトのことです。予約検索の大手、ホットペッパービューティーが有名ですね。必要な情報が掲載されていれば、ホットペッパービューティーの利用者が来店してくれるようになります。

またブログを使ってGoogle検索からの流入があるなら、ポータルサイトと連携させるとさらに効果が出やすくなるでしょう。

❼既存客の口コミから新規客を呼び込む

昔からある集客の手法として有効なのが、口コミからの集客です。今来ているお客様から、生の声で紹介してもらうと、美容室からしたら嬉しい反応でしょう。コツコツ丁寧な接客や施術を続けていると、徐々に紹介してもらえるようになるので、日々の営業を大事に続けてみてください。

また話題性があるキャンペーンなどをして、紹介されるようにもって行く方法だと、即効性が高くておすすめです。紹介してくれた人に割引券を渡すなど、口コミが広がりやすい工夫をするのも忘れないようにしましょう。

美容室で集客を考えるならコスパ重視!ネットを使うのがおすすめ!

集客の方法について紹介してきましたが、今の時代はたくさんの方法が用意されており、どれを使えばいいか悩んでしまうでしょう。それならネットを使った集客を利用するのがおすすめです。ほぼ無料で使えるサービスが多く、その割に効果が出やすいことがメリットです。

お金をかけずに実践できれば、失敗してもダメージが少なく、他の方法にも移行しやすいです。もちろん使い方次第なので、美容室に合った方法を見つけて、毎日試行錯誤を繰り返してみましょう。
 

予約の一元管理やアプリ通知で集客率UP!

美容室に特化したiPhone・Androidの公式スマートフォンアプリ作成サービス『ビューティーメリット』。シフト管理や貴店の予約システムとの連動はもちろん、大手ポータルサイト10社とも完全連動!
無料公式アプリも作成でき、予約忘れ防止やクーポン送付機能あり。

『ビューティーメリット』でリピート率UP!

予約の一元化に!ビューティーメリット

メガネ

メガネセキ美容室オーナー、ライター、元美容師

投稿者の過去記事

美容師として8年以上勤務。薬剤で手荒れがひどくなり、美容師を辞めて現在はWebライター。
地元で美容室を経営しつつ、Webの知識で集客も行っています。

新着記事

  1. 酉の市
  2. 美容室 コロナ対策
  3. 集客 アイデア

お役立ち情報

  1. 酉の市
  2. 美容室 コロナ対策
  3. 集客 アイデア
  4. 9月 売上
PAGE TOP