七五三の着付けをするなら?美容院や出張・自分で着付ける際の注意など

お子様の成長を祝う七五三。晴れ着を着るお子様の姿を楽しみにしている人は多いのではないでしょうか。
さて、せっかくの晴れの日だからこそ、当日はとびきり可愛い姿に着飾ってあげたいものです。そこでここでは、七五三を迎えるお子様の着付けについて、美容院で行う際の注意事項や相場、自分で着付けする方法など、役立つ情報をご紹介します。

美容院で七五三の着付けを頼むときのポイント


普段から着物の着付けに慣れていない人は、美容院を選ぶことがおすすめです。
七五三の着付けに美容院を利用する人に向けて、チェックしておきたいポイントをご紹介します。

予約や準備はいつからすべき?

七五三のお参りは、最近では、一年のうちいつでも行けるものとなってきました。
しかしやはり、本来は11月中旬に行うものであるため、10月から11月にかけて予約が集中しやすく、特に週末は混雑します。
もし、秋に七五三のお参りを予定しているのであれば、遅くとも夏までには予約を済ませてしまう方が安心でしょう。
早い人では、年が明けてすぐに予約をする人もいるようです。人気の美容室や、お参りする神社に近いなど利便性のいい美容室は争奪戦になりやすいので、早めに予約を確認しましょう。

早朝はプラス料金がかかるので事前チェック必須!

七五三は子どものご機嫌に左右されるところも多く、お腹がすいてしまう前に一早く済ませてしまおうという人が多く、美容院でも午前中に予約が集中します。
早朝から営業する美容院も多くありますが、この場合、時間外になるため、早朝料金がかかることがあります。
支払いの時に慌てないためにも、事前にチェックしておきましょう。

着付け料金の相場とは?

美容院の着付けの相場は、どの程度なのでしょうか。男の子と女の子のケースについてみていきましょう。

女の子の着付けの相場

女の子の七五三は、3歳と7歳に行います。
女の子の着付けの相場は、3歳の場合、着付け、ヘアメイクなど全て込みで5,000円から7,000円程度です。
7歳の女の子の場合、7,000円から1万円程度と少し料金が上がります。
お店によっては、着付けのみ、ヘアメイクのみと料金を分けているところもあり、その場合は、年齢に関わらず着付けが約5,000円〜、ヘアメイクが約3,000円〜です。

男の子の着付けの相場

男の子の七五三は、基本的に5歳にのみ行いますが、最近は3歳と5歳の2回行う人が多くなっています。
着付けとヘアセットをあわせた料金相場は、5,000円程度です。
ヘアセットを嫌がる男の子もいるため、着付けのみの場合は、3,000円程度で済むこともあります。

準備しておくべきことは?

美容院での着付けの際、何も準備せずに行けば、時間がかかり過ぎたり、予約時間枠では足りなくなり十分にセットできなかったり、困ったことになりかねません。
スムーズに着付けをしてもらうためにも、事前に準備をしておくことが必要です。
ここでは、事前準備しておきたいことを4つご紹介します。

ヘアスタイルやメイクは事前にすり合わせる

ヘアスタイルやメイクは、美容院に行く前に親子で具体的なイメージを決めておきましょう。当日美容室に行ってからあれこれと考えていては、セットに時間がかかり、結局納得のいくものにもなりません。
イメージを固めておけば、当日のセット前にスムーズに話がまとまり、満足のいく仕上がりになります。
お子様の髪質や体質(アレルギーの有無)など、伝えなければいけないことを整理しておくことも大切です。
数日前にカウンセリングが必須となっているところもあります。そうでなくても
一度着付け予定の美容室に問い合わせて、時間をとってもらうことが可能ならばお願いするといいでしょう。

髪飾りの用意

女の子の髪飾りは、事前に準備しておくことがおすすめです。
当日髪飾りを持っていかなければ、その場で購入せざるを得ないことがあります。
美容院で販売されている髪飾りは、最低でも数千円し、一般的な小売店で買うよりも割高です。また、美容室に用意されている髪飾りは種類が少なく、好きなものが見つからないことも多いです。
最近は、おしゃれなヘアアクセサリーを集めた専門店がたくさんあり、100円均一でも素敵なものが多く揃っています。
美容室から事前に「髪飾りを用意してきてくださいね」といわれることも多いので、前もって準備をするといいでしょう。

着物を持ち込む場合は着物の準備も

着物を持ち込む場合は、あらかじめ自宅で一度合わせて、サイズ感やイメージを確認しておきましょう。
美容院からリストを渡されることもあるので、しっかりチェックして、当日足りないものの内容に準備をすることが大切です。もし小物が足りなくて着付けができなければ、当日購入になるか、美容室に用意がない場合は小物のないまま着物を着ることになってしまいます。
また、着て行った洋服や身の回りの諸々をまとめるための大きな袋やエコバッグもあると便利です。

子どもが慣れるように練習する

家に七五三の衣装がある場合、一度自分で着付けてみましょう。多少雑でも大丈夫です。
ちょっとの時間、子どもに着ていてもらい、少し慣れてもらっておくだけでも、当日がだいぶ楽になります。
七五三の衣装は、子どもにとって慣れないものである上に、洋服とは違って着心地が悪いものです。
当日初めて着せると、嫌がって脱いでしまうこともあるため、練習しておくと安心です。同じように、草履を嫌がる子も多いので、何度か履かせて慣らしておきましょう。

七五三の着付けを出張でお願いすることは可能?


家に赤ちゃんや小さい子どもがいて手が離せなかったり、美容室が遠方で当日足を運ぶのが難しかったりする人は、七五三の着付けを出張でお願いすると便利です。
ただし、七五三の出張着付けは、美容室によってやっているところとそうでないところがあるので、一度確認してみましょう。
ほかに、業者検索・仲介サイト「くらしのマーケット」や、写真スタジオ、シルバー人材センターやボランティアの方達がしている場合もあります。

着付け料金のほかにもコストがかかる

出張着付けをお願いした場合、着付け料金の他に、交通費が必要なことが多いです。
公共交通機関が動いていない早朝にお願いする場合は、タクシーを利用してもらうことになるため、割高になるでしょう。
早朝のプラス料金がかかる場合もあるので、事前に確認が必要です。

着付け依頼時に注意したいこと

着付けを依頼するときに、スムーズに自宅に来てもらうことができるよう、注意すべきポイントをご紹介します。

着付けをお願いする場所をしっかり共有

着付けをお願いする場所をいかにうまく伝えられるかは、とても大切なことです。
近くにある目印となる建物や、家の色、形、どんな車が家に停まっているかなど、できるだけ詳細に伝えましょう。
メールでやり取りできるのであれば、グーグルマップなどで自宅の場所情報を送信するとわかりやすく、おすすめです。

時間の伝え方

出張着付けを頼んだ場合、何時までに支度を終えてほしいかを始めにしっかりと伝えましょう。
着付けの方におまかせしていると、思った以上に時間がかかってしまい、予定に間に合わなくなることがあります。
終わりの時間を伝える時は、本当に終えてほしい時間の30分〜1時間前など、余裕を持って設定すると安心です。

美容院以外で依頼する場合

美容院以外で着付けをお願いする場合、ヘアセットとメイクはしてくれないこともあります。
そのため、まずは着付けをしてから、自分でヘアセットとメイクをすることになります。その場合、着付けが早く仕上がるように、余裕を持って予約をしましょう。

七五三の着付けを自分でする際に注意したいこと


七五三の着付けは、あるポイントに注意すればとてもスムーズに完了します。
事前に知っておいてほしいポイントについてご紹介します。

動画で着付けを予習しよう

七五三の着付けは、慣れていなければ時間がかかります。ですから、動画で予習しておくといいでしょう。
着物レンタル店が発信するプロによる着付け動画が多くアップロードされており、加えて、SNSや動画共有サイトなどでも多くの情報を手に入れることができます。

着物の用意はレンタルが楽

七五三の着物は、レンタルすると楽です。レンタル着物は、有名ブランドやトレンドデザインなど種類が豊富で、子どもと一緒に選ぶことでも楽しめます。
レンタル着物は、基本的にクリーニング不要であるためお手入れがいらず、保管に悩むこともありません。
レンタル着物店や写真館(写真スタジオ)などで借りることができます。

着付けを楽にするアイテム

自分で着付けをする際は、あるアイテムを使えば手早く楽にすることができます。
おすすめアイテムをご紹介します。

サスペンダー

スーツや袴を着る男の子に便利なのが、サスペンダーです。
特に、ずり落ちやすい袴はサスペンダーで固定しておくことで着崩れしにくく、子どもも動きやすいため、一石二鳥です。

マジックベルト

女の子の着物で苦労するのが、帯です。はじめは紐でしっかり固定したつもりでも、動き回ると崩れやすくなります。
マジックベルトは紐よりもフィット感があり、子どもが動いても早々簡単に取れてしまうことはありません。子ども用のマジックベルトは、インターネット通販サイトなどで1,000円前後で販売されているので、ぜひ揃えておきましょう。

結び帯

結び帯とは、作り帯ともいわれ、あらかじめ帯の形がつくられているものです。
これであれば、自分で結んで仕上げる帯よりも断然に崩れにくく、着付けも格段に楽になります。

自分で着付けするときのよくある失敗

七五三の着付けは、自分でするにはなかなか難しく、当日、うまくできずに慌てふためく失敗は非常に多いです。事前にある程度練習し、小物の用意も万全にしておきましょう。
たとえば女の子の着付けは、苦しそうに見えるて合わせをしっかり締めなかったために着崩れてしまった、なんてこともあります。こうした失をあらかじめ調べておくとより心配なく挑むことができるでしょう。

七五三の着付けは、下調べと事前準備が大切!

七五三の着付けに慣れている人は少なく、ほとんどの人は初心者です。だからこそ、美容室や出張着付けの予約などは早めに行い、自分で着付けをする場合にも、あらかじめ練習しましょう。
当日は、思っている以上にスムーズにはいかないものです。だからこそ、準備を万全にして心と時間に余裕を持ちましょう。お子様の笑顔が輝く、素敵な記念日を過ごしてください。

 

美通販.comで
あなたも仕入れ価格でお買い物

会員登録のご案内
美通販.comは美容機器から美容用品、サロンで扱う商品はもちろん、食品から便利品までなんでも揃う通販サイト。お客様の多くは美容関係者さまですが、クリニックやトリマー、マッサージやネイルなど講習を受け、ディプロマ等があれば会員になれます。ぜひお問い合わせください。サロン登録でも、個人登録でもOK!!
ヘアケア商品や化粧品などサロン専売品が卸値で買えるのでとってもお得。

【美通販】会員登録詳細へGO!

編集部

投稿者の過去記事

サロンチャート編集部、取材記事専任です。

新着記事

最新版カタログ

美通販最新版カタログ

お役立ち情報

  1. 美容師 離職率
  2. 防災チェック
  3. 美容室 消耗品
  4. シェアサロン
  5. 夏 汗 美容室
〇個買うともう1個もらえるキャンペーン

人気のサロン向き雑誌202種

夏アイテムSale!

アーカイブ

PAGE TOP