美容室の開店祝いは何がいい?おすすめプレゼントや贈り方・マナー

美容室の開店は、独立した美容師にとって大事な日となります。そんな日に開店祝いとして何か贈り物をしてあげると、必ず喜んでもらえるものです。しかし何を贈っていいかわからない人も少なくないでしょう。そこでおすすめのプレゼントや贈り方をまとめてみました。もちろんマナーも存在しているので、失敗したくない人も参考にしてください。

美容室の開店祝いのおすすめプレゼント<花・植物>


知り合いの美容師が、独立してお店を開業するとなった場合、何か開店祝いを贈りたいと思う人が大半でしょう。
そこでおすすめなのが、花や植物です。

お店を華やかにさせる上に、実用的なので喜ばれやすいでしょう。
ただし、贈る花によって注意点もあるので、具体的にどんなものがいいのかまとめてみました。

定番の胡蝶蘭・スタンド花

美容室の開業祝として定番になっているのが、胡蝶蘭やスタンド花です。

胡蝶蘭は格式が高い花として知られており、高級感があるので、開店祝いとしてちょうどいいでしょう。
また現在の美容室の店内は、おしゃれなデザインが多くあります。
しかし胡蝶蘭は、どのテイストのインテリアにも馴染みやすい花です。
失敗しにくいというので、多くの人が開店祝いに利用しています。

スタンド花に関しては、お店の外に飾って美容室が開店したと、周りの人たちにお知らせできるのもメリットです。
もちろんお店を華やかに見せられるので、開店祝いとして間違いありません。
枯れてしまっても、生花店が回収しに来るケースが多いので、相手に手間をかけさせないところも大きなポイントです。

ただし、場所によっては、スタンド花を置けないところもあります。
贈る前に相手に聞いておくなど、配慮してから胡蝶蘭やスタンド花を用意してください。

サボテンなどの観葉植物

美容室は、リラックスする場所として、今のお客様は認知しています。
その効果も狙って、サボテンなどの観葉植物を、開店祝いとして贈るのもおすすめです。

もちろんリラックス効果だけでなく、インテリアとしても優秀なので、美容室が営業を本格化した後でも利用し続けられます。
多くの観葉植物が長生きなので、実用性を兼ね揃えた開店祝いの贈り物といえるでしょう。

ただし、観葉植物は美容室ですでに用意しているケースも少なくありません。
特にインテリアに凝った美容室だと、逆に邪魔になる時もあるので、こちらも贈る前に確認しておきたいところです。

長期間楽しめるプリザーブドフラワー

定番化している上記の開店祝いの贈り物だと、少し飽きられているかもと、少し不安になる人はブリザーブドフラワーもちょうどいいでしょう。

生花でありながら特殊な加工で枯れない花として、密かに人気がある贈り物です。
水やりなどの手間がかからないので、忙しい開店時期でも、安心して飾っておけます。
2年ほどはきれいなまま維持してくれるため、思い出として置いておけるのは、贈ってもらった人にとっては嬉しくなるでしょう。

ちなみにプリザーブドフラワーは、様々な色があります。
お店の雰囲気に合わせて選ぶ必要があるので、どんなお店なのか確認してから贈るなど、拝領しておきましょう。

インテリアにもなるドライフラワー

ドライフラワーは、長持ちさせるためにわざと枯れさせた状態の花です。
開店祝いとして贈られるのか躊躇してしまう人も、まだまだ少なくないでしょう。

結論から言ってしまうと、全く問題ありません。
美容室の店内が華やかになる上に、お手入れの手間がかからないため、喜んでもらいやすいでしょう。
現在では額縁に飾ったデザインのものや、束ねた状態で壁に吊るすなど、様々なドライフラワーがあります。
美容室に合ったものを見つけて、贈ってみてください。

美容室の開店祝いのおすすめプレゼント<花以外>


美容室の開店祝いとして贈られるのは、花や観葉植物だけではありません。
それ以外の贈り物をしようと考えている人は、以下のものを参考に決めてみてください。
実用的なものを選ぶと、喜んでもらいやすいので、相手が何を望んでいるのか確認してみるといいでしょう。

コーヒーメーカーなどの実用品

美容室では、来店していただいたお客様に、飲み物のサービスを出します。
その際にコーヒーメーカーがあると、本格的なコーヒーを出せて、喜んでもらいやすいでしょう。
このように実用的な贈り物は、相手から喜んでもらいやすいので無難です。
価格として気が引けるものだとしたら、文房具やタオルなど、必要になる消耗品でも問題ありません。

メッセージも入れられるバルーン

観葉植物や胡蝶蘭だと他の人も贈っているかもしれないと気になる人は、バルーンを贈るのもおすすめです。
カラフルな見た目から、開店祝いとしても申し分ないほど華やかになります。
その中にメッセージを入れておくと、相手へ気持ちが伝わって喜んでもらえるでしょう。

そこまで長くない文章でも問題ないので、ひと言あなたの気持ちを簡単に書き入れておくと、プレゼントが被る心配もありません。

開店祝いパーティにも使えるお酒・お菓子

開店祝いとして無難なもののひとつとして有力なのが、お菓子やお酒です。
もともと美容室は、よく女性が集まってくる業種。甘いものが好きな人が多いので、お菓子を選んでおけば失敗がほぼありません。

もちろん現在では男性美容師も増えているので、その場合はお酒を選んでもよいでしょう。
お祝い事として選ぶプレゼントの定番でもあるので、開業祝いとして贈っても問題ありません。
とはいえ、好みが分かれる贈り物です。
贈る相手の情報をよく調べてから、好みのものをチョイスしておきましょう。

迷ったらカタログギフト

何を贈っていいかわからない時には、カタログギフトを選ぶのもひとつの方法です。
カタログギフトは、いくつかの選択肢の中から、相手が贈り物を自分で選んでくれます。
あまり開店祝いを贈った経験がない人でも、失敗がない贈り物としても有力なのでおすすめです。
価格帯がそれぞれ用意されているので、状況に応じて選ぶようにしてください。

現金、図書カード、商品券もあり

カタログギフトよりも、贈る相手が贈り物を選ぶ幅を広げたい人は、現金、図書カード、商品券を利用しましょう。

現金を贈るのは、少し気が引ける気持ちもわからなくもありません。
しかし開業祝いの場合は、現金などを贈るのは定番でもあるので、心配せずに贈ってください。

美容室の開店祝いの相場価格

美容室の開業祝いとして、お金を包む時があるでしょう。
相場としては、10,000円以上、30,000円以下を包むことがよくあります。

相手との関係性で金額を変えると、気を遣われなくて済むはずです。
ちょっとした知人なら、5,000円ほどですが、身内になってくると価格が上がります。

兄弟など身内の場合

美容室を開業した人との関係が、身内だった場合、最も多く開業祝いとしてお金を包む必要があります。
親子関係だった場合、50,000円ほどです。

親子関係 50,000円ほど
兄弟関係 30,000円ほど
親戚関係 10,000円ほど

あくまで相場なので、地域によっても違いがあります。
開業祝いを一緒に贈る人がいるのなら、金額を相談して揃えておくと安心です。

友人・知人の場合

開業する相手が身内ではなく、友人や知人の関係では、そこまで身内ほどお金を包む必要はありません。
多くても10,000円ほどですが、少なくとも5,000円は入れておきましょう。
それよりも高額だと、相手が気を遣うだけでなく、身内への贈り物が見劣りしてしまいます。
マナーの範囲内で気持ちを伝えるようにしてください。

取引先の場合

取引先になる予定の相手なら、開業祝いは少し高めに入れておきましょう。
とにかく相手と取引をしたいのなら、30,000円程度にしておくと、相手に気持ちが届くはずです。
少なくとも10,000円を入れておいてください。

客と店の関係の場合

美容室を開業した人が、あなたの担当美容師なら、お客様の立場としてお金を包む時もあるでしょう。
その時は5,000円程度で問題ありません。
お客様からお祝いをもらうだけでも、担当美容師としては嬉しいものです。
ちょっと少なすぎると思う人もいるかもしれませんが、全く問題ありません。

美容室の開店祝いの贈り方・マナー


美容室を開業した時には、贈り方やマナーを知っていないと、相手へ迷惑がかかる場合があります。
気持ちを伝えたいのなら、気持ちよく贈り物をしたいものです。
最低限のマナーを把握して、贈り物を決めてくださいね。

いつまで?開店祝いを贈る時期

開店祝いを贈る時に、大きいものを贈る予定なら特に注意しましょう。
お店をオープンさせたタイミングに、大きい贈り物が来ると、段取りが遅れて迷惑が掛かってしまいます。

スタンド花はもちろん、観葉植物でも配置決めなど、手間取ってしまうでしょう。
そうならないように、オープンする前に送ってください。
もちろん、いくらお店が開店する前に送っていいといっても、お店に誰もいない時間帯に配送してもらうのもNGです。
お店に送っても問題ない時間帯を聞いてから、邪魔にならないタイミングを把握しましょう。

もちろん手持ちで持ち運べるものなど、小さい贈り物は当日に渡しても問題ありません。

オープン時期から遅れたときは

開店祝いで贈る予定のものは、美容室がオープンする前後に送るのが常識です。

しかし贈り物によっては、納期が遅れてオープン時期より遅くなってしまうケースもあります。
その時には、別のちょうどいい贈り物に変えるなど、うまく配慮してください。

例えば、インテリアの配置が決まっているのに、大きな観葉植物が送られてくると配置を変える手間がかかります。
面倒にならない、適したプレゼントを見つけてから、開店祝いを贈りましょう。
また、のしを「祝御発展」など、意味合いが通じるものに変えるのも大事です。

品物にはのしをつける

何か品物を贈ってあげるのなら、「のし」を付けるのが一般的です。

  • 御祝
  • 祝御開店
  • 祝開店
  • 祝OPEN
  • 開店おめでとうございます

など

上記のように、ラフなものから一般的な表書きなど、状況に応じて内容を変えてください。

花には立て札・メッセージをつける

贈り物が花の場合は、メッセージを付けておきましょう。
そのままでも問題ありませんが、せっかくの開店という機会を利用して、相手へ気持ちを伝えておくと喜んでもらいやすいものです。

ただし、メッセージを添えるなら、言葉選びには注意しておいてください。
開店したタイミングなだけに、火事などの悪いイメージを連想する赤いものは、言葉として入れないように心がけましょう。
もちろん潰れるなど、倒産を連想する言葉も入れてはいけません。

胡蝶蘭を贈る予定なら、一緒に立札を付けるのも忘れないようにしてください。
開店したお店の名前を入れるのが一般的です。
美容室側としても、アピールするチャンスなので、うまく利用してもらえるように配慮してあげましょう。

開店祝いに贈ってはいけないものとは

開店祝いでいくら便利だからといって、なんでも贈っていいわけではありません。
美容室が初めて開店した日に贈っていけないものもあるので、以下のものは選ばないようにしてください。

  • 赤いもの⇒家事や赤字になる
  • 敷物、靴、スリッパなど⇒踏みつける
  • 刃物⇒取引を断つ

どれも便利なものだったとしても、相手に失礼だと思われて、良い思いをしません。
せっかく贈ったものが台無しになるので、避けるのが無難です。

開店祝いを贈ってお返しがきた場合

開店祝いのお返しが来た場合は、電話やメールなどで、お返しが届いたことを伝えてください。
感謝の気持ちを伝えると、お互いが気持ちよく関係性が続けられます。

中には開店祝いのお返しだと気付かず、またお返しを贈る人がいるかもしれません。
その場合は、お返しのお返しと贈り物が続いてしまいます。
相手も困惑してしまうため、メールや電話で感謝の気持ちを伝えるだけで大丈夫です。

開店祝いは相手の気持ちをよく考えて贈り物を決めよう!

美容室の開店というのは、相手にとって大事な日となります。
その日に開店祝いを贈ってもらえると、長い間いい思い出として残るものです。

気持ちのいい関係を続けたいのなら、相手の気持ちになって必要なものや、喜んでもらえるものを見つけておきましょう。
マナーを守って贈り物を選ぶと、必ず喜んでもらえます。
気持ちを伝えたメッセージなどを添えておくと、さらに印象が残るので、うまく内容を考えて開店を盛り上げてくださいね。

 

美通販.comで
あなたも仕入れ価格でお買い物

会員登録のご案内
美通販.comは美容機器から美容用品、サロンで扱う商品はもちろん、食品から便利品までなんでも揃う通販サイト。お客様の多くは美容関係者さまですが、クリニックやトリマー、マッサージやネイルなど講習を受け、ディプロマ等があれば会員になれます。ぜひお問い合わせください。サロン登録でも、個人登録でもOK!!
ヘアケア商品や化粧品などサロン専売品が卸値で買えるのでとってもお得。

【美通販】会員登録詳細へGO!

メガネセキ美容室オーナー、ライター、元美容師

投稿者の過去記事

美容師として8年以上勤務。薬剤で手荒れがひどくなり、美容師を辞めて現在はWebライター。
地元で美容室を経営しつつ、Webの知識で集客も行っています。

新着記事

最新版カタログ

美通販最新版カタログ

お役立ち情報

  1. 美容師になるには
  2. 美容師 名刺
  3. 美容師 離職率
  4. 防災チェック
  5. 美容室 消耗品
〇個買うともう1個もらえるキャンペーン

人気のサロン向き雑誌202種

夏アイテムSale!

アーカイブ

PAGE TOP