美容室の儲かるメニュー例と考案のポイント

美容室には、儲かるメニューが必需品です。来店してくれているお客様のデータを調べれば、自ずと儲かるメニューがわかってきます。
分析する習慣がつくだけで、売上が安定できるので、とりあえず今あるお客様のデータを集めてみてください。それを見て何をするべきか、まとめてみたので参考にしてみてください。
美容室の経営がうまくなりますよ。

美容室における「儲かるメニュー」とは

美容師として働いていた時は、技術力や接客など、1人のお客様を満足させられるかが大事だったと思います。
しかし、美容室を経営するとなると、最も大事なのは利益をアップさせることです。

  • 利益率が高いメニュー
  • リピートされるメニュー

そこで、上記の2つのポイントを意識しておきましょう。
メニュー作りがうまくできれば、自然と利益率がアップできてしまいます。

利益率が高いメニュー

まず、現状の把握から始めるようにしましょう。
現状とは、今あるメニューの利益率を計算し、どんなメニューが美容室を支えているのか知ることです。

ちなみに利益率とは、売上に占める利益の割合。
支出を差し引いた利益の計算をしてみてください。

(売上高―売上原価)―販売管理費=営業利益

利益率とは、簡単にいうと営業利益になります。
もちろん営業利益とは、お店全体の数字となるので、これをメニューごとに細分化しましょう。
これで利益率が高いメニューが把握できます。

リピートされるメニュー

利益率が高いメニューがあったとしても、利用しているお客様が少ないのなら、あまり意味がありません。
何度もリピートされるメニューだと、利益率が少なくても売上に貢献されています。

■お店のコンセプトに合っている
■お客様のニーズに近い
■競合があまりない など

少なくともリピートされやすいメニューには、それなりに共通点があります。
その共通点に近いメニューが、オリジナルで自作できるようになれば、儲かるメニューが思いつくようになるでしょう。

美容室の儲かるメニュー例

儲かるメニューを作りましょうと言われても、どのように作ったらいいのか、よくわからない人が大半でしょう。
そこで参考になるように、ひとつの例をまとめてみました。

少なくとも、美容室と言えばコレ!というような代表的なメニューは、儲かるメニューといってもいいでしょう。
似たようなメニューにならないように、有名メニューから少し変えることから始めてみてください。

カット

美容室で、無難に儲かるメニューを考えるのなら、カットから始めてみるといいでしょう。

人間というのは、生きていれば髪が伸びてくる生き物です。
つまり上記で紹介した「リピートされるメニュー」に、必ず当てはまります。

あとは、利益率をどう高めるか考えてみてください。

■美容師が有名になって指名料をもらう
■悩みに合わせた独自のカットを作る
■見た目が豪華な美容室でカットをする など

付加価値を付けたカットメニュ―にするのが、最も簡単な方法です。

シャンプー・トリートメントなどの物販

美容師としても、せっかくお客様の髪を1度きれいにしたら、再来店してもらった時に、そのままきれいな状態をキープしてもらいたいところ。
そこで、シャンプーやトリートメントなどのケアアイテムをおすすめしましょう。

■商品をリピートしに再来店してもらえる
■ホームケアが気軽にできる
■1つのメニューの利益率がアップできる など

これらのアイテムは消耗品。なくなれば購入しに来店してもらえます。
上記で紹介した「儲かるメニュー」の条件であるリピートと、利益率のアップの両方ともクリアできるでしょう。

儲かるメニューを考案する上でのポイント

儲かるメニューを考えるためには、ある程度やるべきことが決まっています。
その内容が把握できていれば、儲かるメニューを思いつきやすくなるでしょう。

客の悩みに沿ったメニューを考える

儲かるメニューを作る時には、悩みに合わせたメニュー作りが必須です。

■くせ毛 ⇒ うねりが抑えられる○○
■薄毛 ⇒ 抜け毛が少なくなる○○
■ダメージ毛 ⇒ パサつきにくくなる○○ など

悩みが克服できるのなら、誰でも気になります。
リピートにも繋がりやすいので、悩みに合わせたメニュー名にするなど、工夫すれば儲かるメニューが思いつくでしょう。

ターゲットを明確にする

適当にメニューを作っても、当たり外れが多くなり、あまり効率的ではありません。
そこで失敗を抑えるためにも、ターゲットに合わせたメニュー作りをしましょう。

■20代 ⇒ ダメージ修復
■30代 ⇒ うねり抑制
■40代 ⇒ ボリュームアップ など

このように、年齢に合わせて悩みは違います。
美容師側としても、提案する人を絞り込めるので、ターゲットを明白にしてからメニュー作りをしたほうが効率的です。

メニューの名前を工夫する

わかりやすいメニュー名にするのも、かなり大事なポイントです。

■くせ毛カット
■ツヤだしトリートメント
■疲れなくなるヘッドスパ など

現在ではインターネットから、美容室の情報を仕入れる人が多いため、集客としての効果も期待できます。

セットメニューをつくる

多くのお客様は、1つのメニューをお願いしたら、その後に別メニューを頼む人はほぼいません。
そこで利益率をよくするためにも、セットメニューを作っておきましょう。
カットだけでなく、シャンプーをセットにしたものはよく目にしますが、このように相性のいいメニューと組み合わせるのがポイントです。

限定メニューを作る

物珍しいメニューがあると、どんなお客様も目に付きます。
特別感が感じられると、価格が少し高いものであっても、施術をさせてもらえる可能性が高くなるもの。理由を付けて、限定メニューだとわかりやすいものを作ってみてください。

メニューだけじゃない!儲かる美容室にするポイント

利益を上げるためには、メニュー作りだけ意識する必要はありません。
ちょっとした工夫だけで、儲かる美容室は作れます。
そのポイントについて、見てみましょう。

平均よりも客単価を少し高くする

儲かるメニューを作るのは、美容室の売上を上げるのが目的です。
つまり、客単価を上げていくことも大事になってくるでしょう。

客単価とは、お客様1人が支払う料金です。これが上げられるような仕組みができれば、儲かる美容室になります。
もちろん、その仕組みの中に「儲かるメニューがある」イメージです。
魅力的なメニューがあれば、それだけで魅力的な美容室になっていくでしょう。

クーポンや割引券のバラまきをしない

ひと昔前まで、クーポンや割引券を使って、集客をしていた美容室がたくさんありました。

確かに希望のメニューが割引きされれば、お客様は魅力に感じるでしょう。
しかしそれを見て来たお客様は、料金が魅力に感じているだけ。割引きをやめれば、リピートしてくれなくなります。

儲かる美容室を作るためには、安易に割引きをしないようにするのが鉄則です。

リピートを促す店つくり

美容室が儲かるためには、必ず美容室に来店してもらう必要があります。
だからこそ、リピートを促す仕組みがないといけません。

例えば、その美容室にしかない商品があれば、その商品を使い切ったお客様が必ず再来店してくれます。
もちろん商品である必要はありません。
リピートしやすい仕組みを作るようにすれば、自然と売上がアップできます。

接客に力を入れる

儲かっている美容室の多くは、メニューや技術だけでなく、美容師の人としての魅力が強い人が多く在籍しています。
人としての魅力と言われても、よくわからない人も少なくないでしょう。
そこで接客に力を入れてみてください。
気持ちいい接客をしてもらうと、それだけでももう1度行ってみようと思うもの。
メニュー作りと一緒に、接客力を磨くようにすれば、「美容師という人」にお客様が付いてくれます。

儲かるメニューで美容室の差別化に挑戦

儲かるメニューというのは、どんな美容室でも1度は挑戦しているでしょう。
しかし、実際に儲かっている美容室はごく一部。失敗している美容室がほとんどです。

儲かるメニューというのは、少なくともお客様が魅力に感じた何かがあるということ。ほかにはない魅力があるから、通い続けてくれています。
つまり儲かるメニューがあるだけで、差別化できているというわけです。

今の美容室の現状を知り、どんなメニューが必要かを分析できていれば、自然と儲かるメニューがわかってきます。
しっかり分析して、儲かるメニューを探してみてください。
 

美通販.comで
あなたも仕入れ価格でお買い物

会員登録のご案内
美通販.comは美容機器から美容用品、サロンで扱う商品はもちろん、食品から便利品までなんでも揃う通販サイト。お客様の多くは美容関係者さまですが、クリニックやトリマー、マッサージやネイルなど講習を受け、ディプロマ等があれば会員になれます。ぜひお問い合わせください。サロン登録でも、個人登録でもOK!!
ヘアケア商品や化粧品などサロン専売品が卸値で買えるのでとってもお得。

【美通販】会員登録詳細へGO!

メガネセキ美容室オーナー、ライター、元美容師

投稿者の過去記事

美容師として8年以上勤務。薬剤で手荒れがひどくなり、美容師を辞めて現在はWebライター。
地元で美容室を経営しつつ、Webの知識で集客も行っています。

新着記事

最新版カタログ

美通販最新版カタログ

お役立ち情報

  1. 美容師になるには
  2. 美容師 名刺
  3. 美容師 離職率
  4. 防災チェック
  5. 美容室 消耗品
〇個買うともう1個もらえるキャンペーン

人気のサロン向き雑誌202種

夏アイテムSale!

アーカイブ

PAGE TOP