カラートリートメントとは?使い方や色の種類と5つの注意点

蛍光色のようなギラッとした髪色を出したいときに使用されるカラートリートメント。若い世代を中心にカラートリートメントを使用したヘアカラーが人気です。そこで今回は、カラートリートメントのおすすめ色と意外と知られていない注意点について解説!
これからカラートリートメントを使う予定の方は知っていて損はありません。

カラートリートメントってなに?

カラートリートメントってなに?

そもそもカラートリートメントとは何かご存知でしょうか? もしかしたら「シャンプーの後にするトリートメントでしょ?」と思う方もいるかもしれません。

カラートリートメントとは、名前こそ「トリートメント」とついていますが「ヘアカラー剤」になります。専門用語でいうと「塩基性染料」「HC染料」と言われており、アルカリ成分を持ってないのが特徴です。

カラートリートメントは、ヘアカラー剤の一種ということを念頭に置いて購入するようにしましょう。

カラートリートメントとカラーバターの違い

よくある質問として「カラートリートメントとカラーバターの違いは何ですか?」と聞かれることがあります。結論からお伝えすると「カラートリートメントもカラーバターもほぼ一緒」です。

この2つはともにアルカリ成分がなく、プラスイオンとマイナスイオンによる「イオン結合」という染まり方をします。もちろん、メーカーによってはカラートリートメントとカラーバターの成分が若干違うかもしれませんが、決定的な違いはありません。

極論、カラートリートメントとカラーバターを混ぜて使うこともできます。


カラートリートメントの代表的な色の種類と向いている髪色

カラートリートメントの代表的な色の種類と向いている髪色

カラートリートメントは、髪に塗ればキレイに染まるというわけではありません。カラートリートメントは「染める前の髪の明るさ」が染まり方を大きく左右します。実際問題、染める前の髪の明るさを調整することがカラートリートメントを使う上で最も難しい工程です。

ここで、カラートリートメントの代表的な色と使用するときのポイントを解説します。カラートリートメントの色の特徴を知っておかないと、希望の色に染めることはできません。それぞれの色の特徴を知って、カラートリートメントを使っていきましょう。

シルバー

カラートリートメントのシルバーを使う場合は、染める前の髪の状態がかなり明るくないと染まりません。理想は「16レベル~17レベル」です。ブリーチを1回~2回していないとキレイに染まらないので注意をしましょう。

なぜなら、カラートリートメントのシルバーという色は「色素が非常に薄い」からです。色素が薄いカラートリートメントは透明感が出る反面、発色しづらいのが欠点。染める前の髪色があまり明るくない髪にシルバーを使っても効果は「ほぼない」といえます。

シルバー独特の限りなくホワイトに近い色にするなら、ベースの髪色をしっかりとブリーチで抜いておきましょう。

参考のカラートリートメントはこちら。

エンシェールズ カラートリートメントバター 925シルバー
エンシェールズ カラートリートメントバター 925シルバー 200g

メーカー クリップジョイント
ブランド エンシェールズ
容 量 20g、200g
カラー 925シルバー
※他のカラーは商品詳細ページ、または美通販カタログ内でご確認ください。
放置時間 常温10~15分/加温10~15分
定 価 2,934円
商品番号 75603

美通販でこの商品の詳細を見る

グレー

カラートリートメントのグレーは、先ほど紹介したシルバーよりも色素がやや濃いです。そのため、シルバーを使うときほど髪色が抜けていなくても使うことができます。

ブリーチ回数を減らしたいならグレー、ブリーチ回数が多くても透明感のある色をするならシルバーといった具合に分けて使うと良いです。

参考のカラートリートメントはこちら。

エンシェールズ カラートリートメントバター ダークシルバー
エンシェールズ カラートリートメントバター ダークシルバー 200g

メーカー クリップジョイント
ブランド エンシェールズ
容 量 20g、200g
カラー ダークシルバー
※他のカラーは商品詳細ページ、または美通販カタログ内でご確認ください。
放置時間 常温10~15分/加温10~15分
定 価 2,934円
商品番号 75586

美通販でこの商品の詳細を見る

ブルー

カラートリートメントで最も失敗しやすいカラーはブルーです。髪質にもよりますが、キレイにブルーで染めるならブリーチ1回では難しいかもしれません。カラートリートメントのブルーに失敗すると、コケのようなグリーンに染まります。

シルバー同様に染める前の髪色の明るさがポイントといえるでしょう。ブルーで染めるなら、10%くらいパープルを入れると補色の効果によりキレイに染まりやすいです。ぜひ、試してみてください。

参考のカラートリートメントはこちら。

エンシェールズ カラートリートメントバター オーシャンブルー
エンシェールズ カラートリートメントバター オーシャンブルー 200g

メーカー クリップジョイント
ブランド エンシェールズ
容 量 20g、200g
カラー オーシャンブルー
※他のカラーは商品詳細ページ、または美通販カタログ内でご確認ください。
放置時間 常温10~15分/加温10~15分
定 価 2,934円
商品番号 00075597

美通販でこの商品の詳細を見る

ターコイズ

ブルーのバリエーションのひとつにターコイズという色があります。カラートリートメントのターコイズは、ブルーにうっすらグリーンを足したような色に染まります。

ブルー同様に発色させることが難しく、失敗するとグリーンが強く出る可能性が高いです。さらにターコイズという色のカラートリートメントの商品はなかなかありません。そのため、カラートリートメントを使ってターコイズで染めるなら、ブルーやグリーンを混ぜて理想の色を作っていく必要があります。

ターコイズはプロの美容師が使用しても、かなり難しい色になってくるのでセルフで染めるのは避けるほうが良いしょう。

ターコイズに近いカラートリートメントがこちら。この色をベースに理想のターコイズを作ると良いかもしれません。

エンシェールズ カラートリートメントバター アッシュグリーン
エンシェールズ カラートリートメントバター アッシュグリーン 200g

メーカー クリップジョイント
ブランド エンシェールズ
容 量 20g、200g
カラー アッシュグリーン
※他のカラーは商品詳細ページ、または美通販カタログ内でご確認ください。
放置時間 常温10~15分/加温10~15分
定 価 2,934円
商品番号 00119122

美通販でこの商品の詳細を見る

ピンク

カラートリートメントのピンクは発色がしやすく今まで紹介してきたブルーやシルバーと比較すると扱いやすいです。ブリーチ1回でもキレイに染まってくれます。インナーカラーやグラデーションカラーのような部分的なヘアカラーでも人気です。

資生堂 カラーミューズ カラートリートメント ピンク
資生堂 カラーミューズ カラートリートメント ピンク 140g

メーカー 資生堂
ブランド カラーミューズ
容 量 140g
カラー バイオレット、ブルー、ピンク
香 り フローラル
定 価 2,200円
商品番号 00114467

美通販でこの商品の詳細を見る

レッド

カラートリートメントのレッドは、黒を除いて最も発色の良い色と言われています。染めてみるとわかるのですが、レッドのカラートリートメントはかなり強めの印象を与えるのでイメチェンにぴったりです。

実際に私のお客様では「ブラック×レッド」の組み合わせでカラートリートメントのレッドを使った髪色が人気でした。

参考動画もありますので、よろしければご覧ください。

引用元 【衝撃】インナーカラー黒×赤のカラーのメリハリが最高!/カラーバター/レッド系/ボブ/福岡美容室/インナーカラー by 宇井一八

資生堂 カラーミューズ カラークリーム レッド
資生堂 カラーミューズ カラークリーム レッド 240g

メーカー 資生堂
ブランド カラーミューズ
容 量 240g
カラー レッド、イエロー、オレンジ、グリーン、ブルー、バイオレット、ピンク、グレイ、ブラウン、ベージュ、クリア、ホワイト
放置時間 常温10~20分/加温―
サロン価格 2,420円
商品番号 00114448

美通販でこの商品の詳細を見る

パープル

カラートリートメントのパープルは非常におすすめの色です。パープルと聞くとおばあちゃんが染めてるイメージってありませんか? その印象のせいか、若いお客様には少しだけ抵抗がある人もいらっしゃることでしょう。しかし、カラートリートメントのパープルはピンクやレッドと同じで発色が良いです。

さらにパープルには色落ちに特徴があります! カラートリートメントのパープルは無駄な黄色みを削りながら色落ちする効果があるのです。そのため、色落ち後も透明感のある金髪になるので変な違和感はありません。

ヘアカラーの色落ちが金髪になって嫌な人はカラートリートメントのパープルを使ってみてはどうでしょうか。

エンシェールズ カラートリートメントバター アッシュパープル
エンシェールズ カラートリートメントバター アッシュパープル

メーカー クリップジョイント
ブランド エンシェールズ
容 量 20g、200g
カラー アッシュパープル
※他のカラーは商品詳細ページ、または美通販カタログ内でご確認ください。
放置時間 常温10~15分/加温10~15分
定 価 2,934円
商品番号 00119121

美通販でこの商品の詳細を見る

グリーン

カラートリートメントのグリーンは最近人気が出てきた色です。ただし、グリーンを使うときにはひとつポイントがあります。それは「グリーン過ぎない」ようにすることです。

「グリーン過ぎない」と聞いて「どういうこと?」と思う方もいると思います。人気のグリーン系の色は、あくまで淡いグリーンであったりエメラルドグリーンのような色です。ただ単にブリーチをしてカラートリートメントのグリーンを塗った色ではない、という意味で「グリーン過ぎない」ことが重要なのです。

実際にカラートリートメントのグリーンを使う場合は、グリーンをベースに他の色を混ぜて作る必要があります。もしくは、グリーン過ぎないカラートリートメントを探して使う必要があるでしょう。

グリーンがそのまま発色してしまうと、かなり個性派な印象に仕上がってしまうので気をつけましょう。

グリーンのカラートリートメントのベースとなるカラートリートメントはこちら。

エンシェールズ カラートリートメントバター ヘンプグリーン
エンシェールズ カラートリートメントバター ヘンプグリーン 200g

メーカー クリップジョイント
ブランド エンシェールズ
容 量 20g、200g
カラー ヘンプグリーン
※他のカラーは商品詳細ページ、または美通販カタログ内でご確認ください。
放置時間 常温10~15分/加温10~15分
定 価 2,934円
商品番号 00075599

美通販でこの商品の詳細を見る

ブラウン

カラートリートメントのブラウンの使い方は2つあります。ひとつ目は白髪染めとして使う方法、ふたつ目は他のカラートリートメントの色を馴染ませる方法です。

ブラウンはわざわざブリーチをしてまで、染める人はあまりいません。白髪のような元から色素が抜けている髪に対して使うと、自然な感じに染まるのでおすすめです。

さらに、レッドのような発色良い色と混ぜて色味をナチュラルに抑えて使うこともできます。1本持っておくとバリエーション豊富に使えるカラートリートメントです。

参考のカラートリートメントがこちら。

ホーユー レセ カラートリートメント ナチュラルブラウン
ホーユー レセ カラートリートメント ナチュラルブラウン 245g

メーカー ホーユー
ブランド レセ
容 量 245g
カラー ダークブラウン、ナチュラルブラウン
定 価 2,860円
商品番号 00083299

美通販でこの商品の詳細を見る

イエロー

イエローのカラートリートメントを使って染める人は少ないです。ブリーチした髪自体がそもそもイエローに見えるからです。

しかし、オシャレに敏感な人はイエローのカラートリートメントを使ってよりビビットなイエローに染めることもあります。ブリーチで抜けたイエローと、カラートリートメントで染めたイエローは発色が違うので、人とは違うオシャレを楽しみたい人におすすめです。

参考のカラートリートメントはこちら。

エンシェールズ カラートリートメントバター ネオンイエロー
エンシェールズ カラートリートメントバター ネオンイエロー 200g

メーカー クリップジョイント
ブランド エンシェールズ
容 量 20g、200g
カラー ネオンイエロー
※他のカラーは商品詳細ページ、または美通販カタログ内でご確認ください。
放置時間 常温10~15分/加温10~15分
定 価 2,934円
商品番号 00075600

美通販でこの商品の詳細を見る

ブラック

カラートリートメントのブラックを使うシチュエーションは、ほとんどと言っていいほどありません。髪を黒くするなら、カラートリートメントのブラックより強力な通常の黒染めがあるからです。

髪のダメージが限界を超えている状態だけれど、とにかく黒くしたいという人にとっては良いと思います。カラートリートメントはアルカリ成分を含んでいないため、通常の黒染めよりもダメージが圧倒的に低いです。髪が傷んでいて黒くしたい方はカラートリートメントのブラックを使ってみてはどうでしょうか。

参考のカラートリートメントがこちら。

メロス フラガール カラートリートメント ナチュラルブラック 250g
メロス フラガール カラートリートメント ナチュラルブラック 250g

メーカー メロス
容 量 250g
カラー ナチュラルブラック、ナチュラルブラウン、アッシュブラウン、ダークブラウン、ローズブラウン
定 価 2,200円
商品番号 00114158

美通販でこの商品の詳細を見る

クリア

カラートリートメントのクリアは他の色と混ぜることによって効果を発揮します。クリアは他のカラートリートメントを薄める効果があるからです。

例えば、カラートリートメントのピンクを使うとします。お客様のからカウンセリングでピンクの中でも「淡くて薄いピンクに染めてほしい!」といったオーダーが入るケースは意外と多いです。そのようなときに、カラートリートメントのクリアの出番になります。

ピンクにクリアを混ぜることで色素が薄まり、淡いピンクが完成します。

その他にもカラートリートメントのブルーにクリアを混ぜて水色を作ることも可能です。汎用性が高いので必ず1本は欲しいカラートリートメントです。

エンシェールズ カラートリートメントバター クリアクリーム
エンシェールズ カラートリートメントバター クリアクリーム 200g

メーカー クリップジョイント
ブランド エンシェールズ
容 量 20g、200g
カラー クリアクリーム
※他のカラーは商品詳細ページ、または美通販カタログ内でご確認ください。
放置時間 常温10~15分/加温10~15分
定 価 2,096円
商品番号 00084289

美通販でこの商品の詳細を見る

カラートリートメントの使い方

カラートリートメントの使い方

カラートリートメントは通常のヘアカラー剤とは違うので、使い方を間違えば全く染まりません。正しいカラートリートメントの使い方を知っておくだけで失敗のリスクがぐんと下がります。ポイントを押さえておきましょう。

カラートリートメントはブリーチ必須

「おすすめのカラートリートメントの色を紹介する」内容のときに少し説明しましたが、カラートリートメントは染める前の髪の明るさに発色が左右されます。髪が明るければ明るいほどキレイに発色します。

そして、髪を明るくするためにはブリーチが必要になってきます。つまり、カラートリートメントとブリーチは切っても切り離せない関係なのです。

これからカラートリートメントを使う予定で髪色が暗い人は、まずブリーチで髪を明るくするところから始めましょう。

カラートリートメントの塗り方と放置時間

カラートリートメントを塗るときのポイントは2つです。

  • 整髪料は落として使う
  • 放置時間

カラートリートメントを使うときは整髪料は必ず落としておくようにしましょう。ワックス以外の洗い流さないトリートメントを使った場合も同じです。

放置時間は、基本的には20分が目安になってきます。ただ、色の定着が悪い人に関してはプラス10分くらい置いてあげても構いません。放置時間による髪のダメージについても、カラートリートメントはアルカリ性ではないので安心です。

カラートリートメントの頻度

カラートリートメントの頻度は商品にもよりますが、2~3週間に1度で十分だと思います。

もちろん、カラートリートメントの頻度が短いほど髪色はキープできますが、毎日使っていたらカラートリートメントがいくらあっても足りません。最終的には色落ちしていく髪色を見て自己判断になりますが、2~3週間くらいと覚えておきましょう。

カラートリートメントは髪へのダメージもほとんどないので、色落ちが少しでも気になる方は1~2週間の頻度でもOKです。

カラートリートメントをセルフでする難しさ

カラートリートメントのセルフは、基本的にあまりおすすめしません。なぜなら、カラートリートメントにはブリーチを使って色を抜いた後に染める必要があるからです。つまり、狙った色を発色させるには「ブリーチとカラートリートメントの両方」をキレイに仕上げなければなりません。

カラートリートメントをセルフでムラなく塗れても、ブリーチにムラがあると失敗します。逆に、ブリーチがキレイにできてもカラートリートメントにムラがあってもダメです。それほど、カラートリートメントのセルフは難しいといえます。

カラートリートメントをセルフでするときのポイント

先ほどカラートリートメントをセルフで行う難しさをお伝えしました。それでもカラートリートメントをセルフでやりたい方は一定数いらっしゃると思います。なるべく失敗のしないやり方を説明するので参考にしてみてください。

まずは、カラートリートメントの前のブリーチが非常に大事です。ここで色ムラがないようにキレイに脱色していないと発色にムラが出てしまいます。ブリーチの塗布量を増やして色ムラになるのを防ぎましょう

そして、カラートリートメントなんですが少し髪が濡れている状態で塗ることをおすすめします。その理由は、カラートリートメントの塗布スピードが速くなるからです。

セルフですると塗布時間が大幅にかかってしまい時間差による色ムラの原因になります。髪を少し濡らすことによってカラートリートメントを塗る際の滑りが良くなりスピードが上がります。さらに、髪が濡れているとカラートリートメントと髪の馴染みも良くなり色ムラもなりづらいです。

カラートリートメントのセルフは「キレイなブリーチの脱色」「髪を少し濡らす」の2つを意識して使っていきましょう。

カラートリートメントを使うときの注意点

カラートリートメントを使うときの注意点
カラートリートメントを使用するときに良くある質問と注意点を5つにまとめました。これからカラートリートメントを使う人は覚えておきましょう。

カラートリートメントを白髪染めとして使う場合

カラートリートメントを白髪染めとして利用される方も多いです。「髪を傷めず白髪を少しずつ染める!」といった商品もあります。

カラートリートメントで白髪を染めるときは、色が明るければ明るいほど染まりにくいです。「カラートリートメントを使って自然な明るい髪色にしたい!」と思われている方は、1回では染まらない可能性があります

逆に暗いカラートリートメントだと白髪に入りやすいです。1回でしっかり色を入れたい場合は暗いカラートリートメントで白髪染めをしてみましょう。ただし、暗いカラートリートメントを使っても黒染めとは違い色落ちは早いです。


カラートリートメントで黒髪も染まるの?

この記事で何度もお伝えしていますが、アルカリ成分がなく髪を明るくする力を持っていないカラートリートメントは白髪部分しか発色しないです。そのためカラートリートメントは黒髪に塗っても染まりません。

正確に説明をするのであれば、黒髪も染まっていはいるけれど、色がわからないという状態になるのです。

髪を明るくする成分がないカラートリートメントは、もともと明るい髪にしか発色しません。カラートリートメントを黒髪に使おうとしてる人は、効果を実感するのは難しいと思います。

どうしても黒髪に色を入れたい場合は、カラーチョークなどを使えば可能です。しかし、あくまでチョークなので鮮やかな発色は期待できません。

カラートリートメントが顔についたときの対処法

カラートリートメントが肌につくとなかなか落ちません。日常の洗顔や入浴によって数日経てば自然には落ちますが、どうしてもすぐに落としたいときもあるかと思います。そんな人のためにカラートリートメントが顔についたときの対処法を解説します!

まず、カラートリートメントが顔についたらすぐに拭くことが大事です。放置すればするほど色が定着してしまい、洗っても落ちなくなります。カラートリートメントを塗布中に肌についたら一旦手を止めて先に拭くことを優先させましょう。

カラートリートメントがついたら強くは擦らず、タオルに石鹸や除光液をつけて円を描くようにくるくると洗ってみると良いです。カラートリートメントを擦って落とすというよりは、少しずつ薄めて分解していくイメージです。

カラートリートメントで髪は傷む?傷まない?

カラートリートメントで髪が傷むことはほとんどありません。なぜなら、何度もお伝えしている通り、ダメージの原因でもあるアルカリ成分が含まれていないからです。そのためカラートリートメントは、髪のダメージが気になるけどヘアカラーをしたいという人にはぴったりといえます。

また、カラートリートメントは髪が傷んでる部分により定着するようにできています。つまり、傷んでいない髪にカラートリートメントをつけてもあまり効果がありません。そういった意味ではカラートリートメントはダメージ毛専用のヘアカラー剤と言えます。

カラートリートメントをすると服につく?

カラートリートメントは通常のヘアカラーとは染まり方が全く違います。通常のヘアカラー剤は髪の内部から発色するような仕組みです。しかし、カラートリートメントは内部からではなく髪の表面で発色するように作られています。

分かりやすく言うと「ペンキ」のようなものです。

そのため洋服に擦れたり、汗をかいたりすると色移りをしてしまいます。例えば、白襟の服や白のワンピースを着ていると、カラートリートメントが色移りしてしまい洋服がダメになります。

カラートリートメントを使ったヘアカラーをした際に着る洋服は、色移りが分かりづらい黒っぽいものなどがおすすめです。

カラートリートメントは使い方が大事!全ては染める前のベースの色次第

今回のテーマ「カラートリートメントとは?使い方と5つの注意点」の内容についてまとめていきます。

  • カラートリートメントはヘアカラー剤である
  • カラートリートメントはアルカリ成分がなく髪へのダメージ極めて低い
  • 髪を脱色する力をカラートリートメントは持っていない
  • 色の種類によって染まりやすい色と染まりにくい色がある
  • セルフでするカラートリートメントは失敗する可能性が高い
  • カラートリートメントはブリーチなど明るい髪に使うのが必須
  • 白髪染めとしてカラートリートメントを使う方法もある
  • カラートリートメントは黒髪には染まらない(発色がわからない)
  • 肌につくとカラートリートメントは落ちづらい

カラートリートメントは発色が鮮やかでビビットな色が染まります。その代わりにベース色が明るくないと染まらないなど、いろいろな髪の条件が必要になってくるので注意が必要です。カラートリートメントを使うときはリスクも考えた上で使っていきましょう。
 

美通販.comで
あなたも仕入れ価格でお買い物

会員登録のご案内
美通販.comは美容機器から美容用品、サロンで扱う商品はもちろん、食品から便利品までなんでも揃う通販サイト。お客様の多くは美容関係者さまですが、クリニックやトリマー、マッサージやネイルなど講習を受け、ディプロマ等があれば会員になれます。ぜひお問い合わせください。サロン登録でも、個人登録でもOK!!
ヘアケア商品や化粧品などサロン専売品が卸値で買えるのでとってもお得。

【美通販】会員登録詳細へGO!

宇井一八フリーランスヘアスタイリスト兼ウェブライター

投稿者の過去記事

福岡理容美容高等専門学校を卒業。2店舗のサロンを経て2017年にフリーランスのヘアスタイリストとして活動をスタート。カラー比率は、80%以上でブリーチを使ったカラーや明るい白髪染めなど、あらゆるヘアカラーが得意分野。
現在は、ヘアスタイリストとして活動の傍らウェブライター業や百貨店とUUU計画(ユーケイカク)という名前でアートイベントの主催を運営中。
YouTube

新着記事

  1. ヘアセット 無免許
  2. アイライナー 選び方
  3. コンシーラー

最新版カタログ

美通販最新版カタログ

お役立ち情報

  1. 防災チェック
  2. 美容室 消耗品
  3. シェアサロン
  4. 夏 汗 美容室
  5. 美容学生 就職活動
〇個買うともう1個もらえるキャンペーン

人気のサロン向き雑誌202種

夏アイテムSale!

アーカイブ

PAGE TOP